サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

窓際のレブチア実生苗たち

オレンジ系の花が咲く(予定)、昨年のレブチア実生苗の現在報告です。
 
10月に植え替え方々、室内に取り込んだ時は、やっとサボ苗といえる状態でした。
 
201720171028
 
 
それから、2か月半。
 
生育はいまいちなのですが、少し大きくなっています。
 
201801
 
これからの2か月、掴めるほどに早く大きくなってもらいたいな~
 
*写っているのは Rebutia archibuininigiana BLMT775.03, R. atrovirens v. haefneriana MN259, R. fulviseta WR319, R. pygmaea MN142, R. pygmaea 'haagei' MN171C, R. pygmaea'haagei' v. pallida WR645, R. pygmaea MN196, R.pygmaea v. minor 'nigrescens' WR633, R. pygmaea v. rutiliflora WR676, R. minuscula 'xanthocarpa v. salmonea' です。

雪晃、レッドオリーブ、紅大内とかの”赤いもん”

今日は無風、快晴。暖かい日になりそうです。
 
昨日は緑のメセンでしたので、赤い苗の話題にしました。
 
 
外に放置中の雪晃実生苗が咲きだしてきました。
 
赤い花と蕾、刺激的です。
 
1801
 
 
これからは、昨年蒔いたリトープスの”レッド”から。
 
最初は、紅オリーブ玉(Lithops plivacea 'red olive')
 
もっと赤くなるのを期待していたのですが、栗色。これからどうなるかです。
 
1801redolivecocolog
 
こちらは、元気よく生育している自家採種の花紋玉系トップレッド(Lithops karasmontana var. karasmontana 'top red'。
 
個性ある模様が出てくると思いますが。赤い紋も期待してます。
 
1801topredcocolog
 
 
最後は、自家採種の紅大内玉(Lithops optica 'rubra') 
 
殆どが日を浴びて赤黒い玉になっています。
 
そろそろ、脱皮も始まるのではないかな。
 
1801rubracocolog
 
ということで、
 
現在の赤をかき集めました。
 
 

室内に移動した”緑の多肉”

庭の紅梅は、2,3輪咲きだしてきましたが、厳しい寒さが続いております。

この際、一日中戸外にあった多肉4種を室内窓際に取り込み、環境を変えてみました。

201801

写真の4種は、

 アロイノプシス・天女舞(Aloinopsis villetii)ケイリドプシス・神風玉(Cheiridopsis pillansii)、ギバエウム・無比玉 (Gibbaeum dispar B&H2293)アルギロデルマ・金鈴(Argyroderma delaetii 'aureum')です。

それぞれ、実生3回目の冬を迎え、分頭や脇芽が伸びたりしている苗もありますが・・・

緑の多肉は目の保養になり、この移動が多肉にとっても吉と出るよう願っています!

«イボイボのチタノプシスに蕾

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ