サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

葉が大きく展開、ケイリドプシス2種

昨日に続いて肌寒い曇天。花も期待できないので、葉物メセン ケイリドプシス二種(2015年実生)の様子です。

19101

ペキュリアリス(Cheiridopsis  peculiaris、翔鳳)の寝覚めは急激、一週間前は旧皮を破りだしてきました(写真上)。

1910_20191015115801

そして今日、葉が膨らんで、大きく展開してきました。脇芽も大きくなりました。

まだ、葉色は薄いのですが、これからたっぷり日を浴びて、浅黒く生長する予定。

1910_20191015115901

一方、神風玉(Cheiridopsis pillansii)は、皺が無くなってきた程度。

順調のように見えますが、二株が先月に溶けてしまいました。

小さい葉ばかりで、今年も辛抱です。

* 翔鳳の前回記事(開花中、今年4月)は、こちら

*神風玉の前回記事(今年1月)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

シワがあっても花、”浅間の虹”

当地は台風19号直撃でしたが、幸いサボタニへの被害は無く、今日はゆっくり。しかし快晴、しかも暑くて、かえって危険!

堪らず、午後にメセン類を日陰の涼しい所へ移動しました。

1910_20191013221703

丁度その頃は、コノフィツム・浅間の虹が満開。シワがあって、まだ本調子でないのに・・・どうしたことか!

1910_20191013221702

同じ8年前に仲間入りしたエクティプム ブロウニィも寒冷紗の下で一輪。 涼しげです😃

・・・薄暗くなった夕方、リトープス達が咲き始めて・・・棚下でも夜開性の玉鼓が開花中でした。

1910_20191013221701

ということで

植替えてから一月後、はち切れんばかりに膨らんだコノフィツムではありませんが、順調のようです。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

メセンを室内に移動させた

台風19号の進路に当るため、朝方からサボタニの避難作業。 フレームの外蓋が飛ばないようロープで固定。パキポやメセンなどは、室内に移動させました。 鉢や用土袋なども整理。

それゆえ、今日のサボタニ写真は無く、昨夕に撮ったリトープスの花です。

1910_20191011192501

今季多数咲きだしてきた黄微紋玉の白花、頂面の上に花びらが開いて・・・

黄、白、緑と良い感じになってきました。

1910_20191011192503

微紋玉の初花も同じように。ピンボケ😞

1910_20191011192502

荒玉系ワルドローニアエの黄花も、一輪ひっそり開花中です。

以上

明日は一日中、多肉とともに部屋に籠っています。

🌀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ツルビニのアロンソイに紫の蕾が!

どうして、このアロンソイTurbinicarpus alonsoiは、大きくならないのだろうかと・・・実生以来9年間気になっていました・・・

1910alonsoicocolog

今朝、秋のツルビニたちの様子をチェックすると、紫の蕾が伸びていました😃

今迄動かなかったのに、全くの予想外!😃

しかし、夕方になっても開かず・・・台風が来るので、明日中に咲いてもらいたい。

* ツルビニカルプス アロンソイの前回記事は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

この時期にリトープス群生株、ベスト5

この時期のリトープスは、日焼けも皺もなく、気持ち良いほどイキイキしています😃

これからは日焼けや徒長、腐敗などのトラブルに遭遇するので・・・、花も咲かない、名もないリトープスの群生株ベスト5の様子です。

1910lithops_20191009211901

この黄色の頂面に太い枝模様のリトは、今季17頭になった実生12年の不明種です。

1910lithops2

これも実生12年の緑の大津絵。今季一気に6頭から11頭に増えました。いい色合いと思います。

1910lithops3

この灰色の渋いリトはグレー招福玉C250。実生5年の小型リト、何故か、この苗だけ9頭の多頭体になっています。

1910lithops

濃紫色の線模様が魅力の実生12年の不明種、偶に白花咲きます。

1910lithops_20191009125102

こちらの土色のリトも実生12年、地味すぎるので初デビューかな。

ということで

殆どが12年前初めて実生した混合種の現在の姿です・・・群生が魅力になってきたリトです。

*脱皮前のリト(ベスト1~3)の姿は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

«脱皮の都度、少しずつ大きくなるカルクルス

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ