サボテンの華

  • Echinocereus papillosus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • デロスペルマとハナムグリ
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

夜開くパムパナを撮る

当地は未明から豪雨ゆえ、フレーム内サボの点検はできていません。

こんなこともあろうかと昨夜、咲き始めたロビビア パムパナの花を撮っていました。

1905pampanacocolog

* Lobivia pampana WR433 (Misti, Peru)、2012年実生

野趣あふれる花びらと妖しい紫です

しかし、左のロビビアの頭が邪魔!

1905pampana3cocolog

下からLEDライトを当てて撮り直し。 緑色が現れた!

以上

パムパナ WR433の花、初デビューでした。

今後、夜に開き始める花の表情にもスポットライトを当ててみたい。

* L. パンパナWR433の前回記事(刺座の向きが斜め、2年前)は、こちら

* 夜開くサボの花の前回写真(2年前)は、こちら

☔ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

銀紐が咲いたついでに、古サボ達の様子

エビサボの銀紐が開花し始めてきた。

軒下放置ゆえ冬はカリカリでしたが、最近の水やりで一気に膨らみ、生長を開始している枝も。

1905_25

さて10年前の古い実生苗ゆえ、この際、軒下の古いサボテン達の様子を。

1905_26

これは新半世紀以上前に実生したギムノの新天地、花が順繰りに咲いています。

ただし、蕾が例年より中心部近く、歪なリング状に発生している点、気になります。

1905_24

こちらは昨年の花殻が付いている、長い軒下住まいの金鯱

残り右側の半円部分に、もう蕾の先端が伸びだしてきました。

以上

動きの遅かった古サボ達に訪れてきた春の様子でした。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☁ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ロビビア ニグロストマ三輪 独り占めはできません

ロビビア ニグロストマの大輪花が早朝から咲きだしていた。

初めての三輪同時開花! まだ植え替えていないけど、どうした?

1905nigrostomacocolog

* Lobivia jajoiana v.nigrostoma MN30( E Tilcara ,Arg)、 2011年実生

二年ぶりの登場なので、開花中の他種(橙色系ですが)も一緒に

1905flavistylacocolog

*Rebutia flavistyla BLMT769.07 (NE Tarija, Bol) 、2016年実生

この黄花はレブチア フラビスティラ。 冬の間萎れていましたが、暖かくなるとともに膨らみ、今では緑の疣。

多花性ゆえ愛くるしい姿が続きます、

1905intertaxtacocolog

 Matucana intertexta 2009年実生

こちらはマツカナ インターテクスタ。 丸い玉と共にスッキリした姿(杏色なんですが)。

以上

目力強烈なニグロストマの三輪でした。ただこれだけではと、いつも思ってしまう・・・多様な花があってこそお互い引き立ちます。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

レブチア フルビセタ 暗赤色の初花

二年前、各種花色のレブチアの種を播き、今季すでに黄色、橙色、鮭肉色などの初花を迎えることができました。

今朝は。フルビセタという種に暗赤色の花が咲きだしました。

1905fulvisetacocolog

*Rebutia fulviseta WR319 (Arce-Padcaya, Bol)

花弁の数は少ないのですが、長くて白い雄蕊が映えていて絶妙です!

また肌色も冬を越してから赤黒くなり、独特の雰囲気を支えています。

長じると群生するらしく、これからも楽しみです。

1905fulvisetacocolog_1

以上

実生1年目から独特な風貌に注目していましたが、今回、暗赤色の花も魅力に加わりました。

* フルビセタの前回記事(昨年7月、刺が密集しだす)は、こちら

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

リトープス 脱皮で三,四頭

脱皮後のリトープスの生長は少し進んできました。 今回は脱皮で単頭が三、四頭立てになり、少し得したような例を。

1905_23

Lithops bromfieldii insularis 'sulphurea' C362、2014年実生

 写真上は、一挙に三頭に増えたのは黄鳴弦玉。 旧葉から、小ぶりの新葉二つが脇から現れてきました

水やり頻度が多い小苗では偶に発生していますが・・・今まで静かにしていた苗がいきなり三倍です!

・・・・・・

四頭立ては、二重脱皮後に分頭し、さらに旧葉両脇からも二頭出てきた例です

1905_22

Lithops otzeniana green attempts、2014年実生

写真の緑大津絵では二例出現。 腐るかもしれなかった二重脱皮を乗り越えました!

花は咲かずに、増え続けるということを暗示している?

密集した苗の並び方、どう変化するか興味あります

以上

*リンク先は、それぞれの前回記事になります

☀ご訪問ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

«紫盛丸、蕾と花びらと花

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ