サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

エ~! エビサボの子吹き!

今日はエビサボテン2種の子吹きで驚いたこと。
 
1807barthelowanuscocolog
*(右) Echinocereus barthelowanus SB1661 、(左) 青花蝦(実生9年)
 
 
フレームの奥で縮こまっている子サボ(左、Echinocereus barthelowanus)、6年ぶりの主役です。
 
中刺が伸び、下から2か所子吹きしていました!
 
まだ小指ぐらいなのに! と思って、”The New Cactus Lexicon” を見ると、結構な群生状態でした。
 
信じられないほどのピンクとは、どんな花色? と単純に実生したけれど、 まずは群生状態を楽しむことに変更です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807
 
一方、こちらは、例年とは違う明石丸。 
頂部の花殻が落ちて、見えてきたのは3か所!の綿毛でした。 
 
3回目の蕾発生なら許せるけど、子吹きなら苦しいな~
 
 
側面を見ると、元気な子が出ていました♪
 
 
1807_2
 
ということで
 
何もすること無く、なすがまま・・・・・・暑いし、待ちの姿勢です。
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

昨年蒔いたレブチア4種 顔が判りだす

昨年蒔いたレブチア実生苗は、この暑さが大好きなようです。
 
ひょろ長く、まとまりがつかないピグマエア系を除いた4種の経過報告です。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807salmoneacocolog
*Rebutia minuscula 'xanthocarpa v. salmonea'
 
まず無難な玉サボ、サルモネア Rebutia minuscula 'xanthocarpa v. salmonea'。
 
薄サーモン オレンジ色?の花が咲くらしい。
 
水不足気味で、まだ生長の弾みがついていませんでした。
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807simonianacocolog
*Rebutia simoniana WR739
 
このレブチア シモニアナRebutia simoniana、 結構大きくなっていました。
 
中心部が緑色のオレンジ花が素晴らしいとのこと♪
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807fulvisetacocolog
* Rebutia fulviseta WR319 (Arce-Padcaya, Bol)
 
このトゲトゲの濃い緑はフルビセタRebutia fulviseta。
 
暗赤色の花が映えるらしい。
 
丈夫そうだし、楽しみ (^ 0^)
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1807atrovirenscocolog
* Rebutia atrovirens v. haefneriana MN259 (Capillas-lruya, 4025m , Arg)
 
一方、こちらも暗赤色の花となるらしいハエフネリアナ Rebutia atrovirens v. haefneriana。
 
ヒョロヒョロして楊枝で支えています。 大丈夫かな~
 
故郷はアルゼンチンの高地4025mなので、調子くるってしまった?
 
 
以上
今回が初めての個別紹介、個性が現れてきたレブチア実生苗の表情でした。
 
次回は魅力的な花で登場させたい。
 
 
*これらを含め、昨年蒔いたレブチア種の半年前の姿は、こちら。 
 結構大きくなっていました。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

バオバブ巨樹サゴール

バオバブの巨樹がここ12年で相次いで倒壊しているというニュース後、切手に登場している巨樹をチェックしています。
 
このヴェンダ、1982年発行のバオバブAdamsonia digitataの大木、由緒あるものなのか~と
 
Venda1982
 
現地呼称Muvhuyuを手掛かりに・・・・・・サゴール バオバブ(Sagole Baobab、Sagole Big tree)と呼ばれ、現存するアフリカ最大のバオバブでした。 
樹径34.31m、樹高20.3m、樹齢850年。
 
なおヴェンダVenda(1979-1994)は、かって存在していたバントウースタン。 
現在は南アフリカ共和国北東部、リンポポ州の一部となっています。先の巨樹サンランド バオバブと同じ地域でした。
 
以上
切手の巨樹バオバブの名前が判って、現状の理解が少し進んだということです。
 
一応、サボタニと共にある生活をしていますので、些事もおろそかに出来ません(^ ^!
 
ところで、今日は観光客の案内のため、朝から出かけなくてはなりません。
これで・・・
 
 
*リンク先は前回記事になります。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

«サボテンの花 これが最後かも

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ