サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

酷暑に耐えているメセン二種

昨年実生したメセン二種、群玉とボルシィの現況です。

フェネストラリアの群玉は、涼しい所にと放置していたら、この暑さでダウン。 萎れてしまい、三株しか残っていません😞1908_20190822174401

三度目の挑戦なのに・・・、室内の窓際に移し直し、鉢底から水やりしたら、張りが少し戻ってきました。

どうなることやら・・・

1908_20190822174402

こちらは、移動棚の下段に置いてあるプレイオスピロス ボルシィ(奥はプレイオスピロス カヌスとケイリドプシス神風玉です)。

幸い大きく育ったことと、深鉢ゆえ一苗も欠けることなく、何とか夏を乗り越えそうです。

但し、秋の植替えには注意したい。

以上

一月前までは日照不足、今月は酷暑。いろいろありますが、メセン本来の輝きを再び眺めたいです。

*群玉とボルシィの前回記事(今年5月)の様子は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

サキュレンタムの葉を眺めて、”究極の開度”を知った

枝切りが失敗し、丸坊主になってしまったパキポのサキュレンタムは、現在6本の枝が発生し、元気に生育中です。

間延びしてしまった枝は、南向きに伸びるので、ジグザクに曲がっています。

1908_20190820221601

最近、サボタニの星やラセン形の幾何学模様に気を付けているので、これも面白いと思いつつ・・・

・・・葉の出方の葉序(回転数/葉の数)という言葉を知り、すぐチェック、2/5であった。

2回転した5枚目の葉で、0枚目(最初)の葉と重なっています。葉の相互の角度(開度)は144度(360x2/5)でした。

ひまわりの葉序は3/8(開度135度)・・・これらの数値(2,3,5,8、・・・)は、フィボナッチ数! へえ~

すると、葉の重ならない究極の開度というのは、約137.5度!(180x(3-√5))になるとのこと。

わかりませんが、なるほどね~

何気なく、サキュレンタムの葉を眺めていたら、フィボナッチ数とか究極の開度とかに出会いました。

もう少し、葉に付き方を勉強してみようと思った(間延びした枝も、役に立ちました)。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

季節外れのサボの花 三種

今日も蒸し暑い猛暑。サボの象牙丸やブーリー、紅鷹等は元気に開花中ですが、どうも眺めるだけでも暑苦しい気分。

そこで、春先に咲くサボの花・・・季節外れに一輪咲きだした姿です。

1908_20190819104502

エビサボの明石丸、最後の一輪です。 親の生長点が潰れて出てきた子、その頂部に出ていた蕾が今日開きました。

モンスター姿に変貌中ですが、花は変わりません。

1908_20190819104401

こちらはロビビアの桃輪丸、例年春一番に咲きだす花なんですが・・・ 

桃の季節の始まりということで、ご勘弁。

1908_20190819104501

こちらは、マツカナ ロゼイフローラの涼しげな一輪。

しかし、調子悪そうなので、猛暑が一段落したら植え替えをしたい。

以上

猛暑の中、春先に咲くサボの花で気分転換しようと思いましたが・・・調子が悪くて咲いていることに気が付きました・・・冷や汗。

*リンク先は、それぞれの前回記事になります。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

真夏のバーバンクウチワ

猛暑の中でも元気に葉(茎節)を伸ばしているバーバンクウチワの様子です。

二月前、強風と重さのため、伸びた節が折れてしまいましたが、再度の芽吹き中。

1908_20190817215402

上部の2枚は、日一日と大きくなっています(下部に折れた痕が写っています)。

1908_20190817215401

古い葉から出ている新芽! 丸くなって面白い姿になっています。

大きくなるとアンバランスすぎます。

ところで

上部の葉には、もう蜘蛛の巣が張っています! このクロガケジグモは、アルミサッシなどの隙間に巣を作って汚す厄介もの。

何しろジオサイト周囲のフェンスにいるクモ退治に、この頃、スプレーを持って出かけているので気になりますが・・・

その内、葉の凸凹も無くなるので、どこかに引っ越すはず。

*バーバンクウチワの前回記事は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

デフーサの初綿毛

年々大きくなっているデフーサは、現在白い花が咲きだしています。

例年の事なので、今回は周りの子の様子です。

最近、三つの子から白い綿毛の束が噴き出てきました。

1908_20190816193201

乱れもせず、薄汚れてもいないのは、気持ちよいですね~

本来、全体を紹介すべきですが、アカダニ被害もあって申し訳ない😞

*デフーサの前回記事(2年前)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

«満身創痍のロスラーツム、それでも希望が

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ