1行紹介

小さくて十分だが、ピッカと光るものを持ちたい。

自己紹介文

 こんにちは さぼらんです。(*^o^*)
 
 「仙人の12ヶ月」にようこそお越しくださいました。
 このブログでは、趣味、興味をもった話題を気ままに報告しております。

 
 ε=ε=ε=ε=ε ━( ^O^)━
私が小中学生だった頃、世の中はサボテン栽培や切手収集のブームでした。、
その当時、私もこの流れの中におりました。その時の新天地3兄弟実生苗と初購入した金鯱君とは、今もお友達で、金鯱は2014年に初めて開花しました。。 そして今、私は孫から”さぼてんじいさん”と呼ばれています。
 
 退職して、この趣味に再びのめり込んでいますが、サボテンの何を焦点に栽培するかが定まっていません。それではいけないと近頃は、輸入種子による実生栽培をし、フレーム内は殆どが実生苗となりました。 実生をすると双葉から幼苗、子苗、開花球となる生長過程が良く理解でき、サボテンがより身近に感じられますね。 自家製小フレームのなかでの楽しみですが、現在、ロビビア、エビサボ、レブチア、マツカナ等が生長し、綺麗な花を咲かせるまでになっております。それゆえ、早朝からワクワクして眺めております。
多肉植物ではリトープスや恵比寿笑い等、少品種の実生を楽しんでいます。
 技術稚拙ゆえ失敗も多く(枯れる、腐る、こじれる)、当ブログでは、その試行錯誤と私が好きな自然観察の報告です(^-^ヽ)。 在り来たりでスミマセン。 
経験豊富な先輩諸氏、アドバイスを宜しくお願いいたします。

 
 一応、サボテン愛好家ですから、仙人はそこから取っております。
 
 またランの素人栽培は、会社友人の趣味に合わせて細々、長々と継続しておりましたので、あわせてニックネームは「さぼらん」です(*‘_‘*) というより、最近は蘭栽培をさぼっているので正直”さぼらん”です。
 
 ・・・・・・・・・ところで、サボテンや多肉植物については園芸面だけではなく、切手を通して学んでもいます(ここで小中学校時代の興味が繋がりました)。 切手の窓から思いがけない自生地の風景や歴史・文化を覗くことができたりして、これまた楽しいことです。腐る、萎れることは、ありませんので、僅かな小遣いで、気長にポチポチ収集しております。サボテン・多肉植物切手を逐次紹介したいと思います。
  

  一方、内にこもってばかりいると、外に出たくなる時があります。富士山周辺、伊豆・箱根などの観光地をテリトリーにして、ドライブに出かけることもあります。そのときの四季情報も投稿したいと思います。
 ★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★
 何事も、継続することが大切と思っております。
 
 
 どうぞお付き合いください。
 また、記事に対するコメント、気楽にお願いいたします。

 どうぞよろしく <(_ _)>

興味のあること

サボテン、多肉植物、旅行、写真、ゴルフ、日経良く読むこと、切手集め他