サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

この花を見れず残念。急遽入院!

リトープスは日ごとに蕾を上げる苗が増えてきました。
 
4年前、長野にリンゴ狩りついでに購入したリトも初蕾、初花♪
 
これは麗紅玉、頂面の模様が独特だったので・・・現在、分頭して黄花が開花中です。 
 
1811  
* Lithops dorotheae
 
これは、花紋玉系・美薫玉を購入した際、こぼれ種から発芽した苗です。
 
レンガ色の模様がバラバラ、その一つに初蕾。
 
1811_2
 
 
 
こちらも初蕾の巴里玉オクラケア
 
頂面のテカテカする赤褐色、地味でも飽きません。
 
1811_3
* Lithops hallii ochracea
 
 
ということで
 
・・・ 続々メセンの花ですが・・・昨日、突破性難聴となってしまい治療のため入院することに・・・、花も見れずトホホ状態です。 
 
・・・退院までお休みいたします。
 
* リンク先は前回記事です。
 
 
earpostoffice ご訪問どうもありがとうございました。

ばらけたムンダムの筆

雲が厚く、暗い今朝、定例のタニサボチェックで!
 
コノフィツム ムンダムの蕾に動きありました! 
 
糊の付いた白い筆先が、ばらけてました。 夜に開いていたのかも。
 
1811mundum_cocolog
* Conophytum obcordellum 'mundum'  BM7923
 
実生4年、同期の方は?
 
ウイッテベルゲンセは何も変化なし。
 
割れ目から蕾でなく、小さな子?が見えている。
 
1811wittebergensecocolog
* Conophytum wittebergense
 
フィシフォルメも変化なし。いつも同じ表情・・・当たり前です。
 
数だけは倍々♪ 
 
1811_cocolog
* Conophytum ficiforme 'fossulatum'
 
 
以上
コノフィツムの人気三種、購入するより実生し、オリジナルな苗を・・・と、思った割には変化少なく、心騒がず平穏な結果。
 
それにしても、昨年に比べると一段と大きくなっていました。 それゆえ、魅力はボリュウムの方へシフトしました。 
 
* 三種の一年前の姿(旧皮被ってます)は、こちら
 
cloud ご訪問どうもありがとうございました。

コノフィツムの花園に迷い込む!

朝からコノフィツムの花♪ エクティプム ブロウニイが一輪、突然開いてました。
 
中心部の白色が爽やか♪
 
6年ぶりの登場でした(*゚ー゚*)
 
1811ecthym_2
* Conophytum ectypum subsp. ectypum v. brownii
 
大きな桃園も蕾を上げ、開花しはじめました♪
 
1811_2 
 
巻花・御所車の花弁も少し伸びました♪ そして、二つ目の蕾 発生♪ 
 
1811_2_2
 
先日まで満開だった浅間の虹は、第三弾。
 
開き始めた花に黒いものが? 蜜を吸いに虫が飛び込んでいました。
 
1811_2_3
 
ということで
 
7年前”おまかせセット”で購入したコノフィツムもポツポツ咲きだし、チョッピリ花園♪
 
*リンク先は前回記事になります。
 
cloudsuncloud ご訪問どうもありがとうございました。
 

«奇想天外、バオバブもあるアンゴラ、見所一杯

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ