サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ボトルブラシの花・切手 | トップページ | ダムの水不足・豪州切手 »

オーストラリアとリンネの弟子切手

  今週は「生物学者リンネ生誕三百周年記念行事」がスウェーデンやロンドンで開催され、天皇陛下が記念講演をされたというニュースが発せられております。リンネの弟子ツュンベリーが江戸時代に日本に来て西洋科学を広めたということもニュース記事で知りました。

Photo_118  手持ちの切手の中にリンネCarolus Linnaeusの弟子に関するものがありましたので紹介します。キャプテンクックJames Cookのオーストラリア東海岸上陸時、植物学者バンクスJoseph Banksが同行していたのはよく知られていますが、他Photo_119にリンネの弟子も同行していました。

 切手の人物スウェーデンの植物学者ダニエル・ソランダーDaniel Solander(1733-1782)は1750年ウプサラ大学に入り、リンネによりその能力を見出され、博物学の勉強とリンネの分類法(二名法)を広めるため英国に渡った。1768年8月バンクスに誘われてエンデバー号に乗船し、クックの最初の太平洋航海に出発し、1770年4月シドニーの南のボタニー湾に上陸して、植物の標本採集等をしていました。

 切手は2001年8月16日、スウエーデンとの共同発行。*画像はクリックすると大きくなります。

①Daniel Solanderと Barringtonia calyptrata(サガリバナ科、落葉樹、ふわふわした白い花と濃緑色の実)。

②エンデバー号Endeavourと Cachlospermum gillivraei(?)。1768-1771はその時の太平洋横断航海期間

« ボトルブラシの花・切手 | トップページ | ダムの水不足・豪州切手 »

切手」カテゴリの記事

切手・オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボトルブラシの花・切手 | トップページ | ダムの水不足・豪州切手 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ