サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ヒメシャガの薄紫花 | トップページ | 孔雀サボテン 赤・白花 »

ヤマハギの花

 Photo_113 家の片隅に植えてあるハギがいつの間にか花をつけていました。マメ科なので花の形は類推できますが、枝先へ向かってつけている様子は大変趣があります。また薄緑色の葉が3枚づつ出ており、赤紫の小さな花とのコントラストもいいですね。 栄養の無い場所に自然に生えてきたものなので、枝も細く、高さは50cmぐらいです。これまで気に留めなかった株下に目をやると、カイガラムシをたくさん見つけたので、、スプレー”カダンK”を噴射しました。

 ところで、ハギにはヤマハギ、ツクシハギ、ミヤギノハギ等があるのですね。葉や顎の形、総状花序の長さなどを勘案すると、庭にあるハギは典型的なヤマハギですね。ちょっと調べてみたら、ミヤギノハギ(宮城野萩)は宮城県の県花で、花序が15cmくらいになり、枝が地面につくほどしなだれるようです。

 秋の七草ですが皐月に咲いてしまっても、風にゆらゆらゆれている感じも、それはそれで心地よいものです。

Photo_114

*切手(クリックすると大きくなります)は

①2004年6月1日発行、東京四季の花 ハギ 

②2005年6月23日発行、関東花紀行II ハギ

③1990年4月27日発行、47都道府県の花、ミヤギノハギ(宮城県)

④1997年5月16日 国土緑化運動 「蔵王のお釜」とミヤギノハギ

⑤2001年9月7日 第56回国体、バレーボール選手とミヤギノハギ

« ヒメシャガの薄紫花 | トップページ | 孔雀サボテン 赤・白花 »

切手」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメシャガの薄紫花 | トップページ | 孔雀サボテン 赤・白花 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ