サボテンの華

  • 快竜丸
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • シマハナアブとリトープスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« スミレとチョウ | トップページ | 目白切手市場・バザールへ »

サボ・マイラナの故郷

 ロビビア属のマイラナという品種について、良くわからなかったのですが、jajoianaさんから正式な学名はLobivia arachnacantha v Mairanaということを教えてもらいました。貴重な情報どうもありがとうございました。

 Cactis 一般愛好家が市販のサボテン写真集・情報で、どの程度ロビビア属マイラナの由来追跡できるかこの際、図書館通いやネット検索をしてみました。

 伊藤芳夫氏著述の本では記述が見当たらず、「原色サボテン事典(佐藤勉)」にLobivia arachnacantha "mairana"マイラナという記述のみがありました。 このLovivia arachnacanthaは「サボテン・多肉植物事典、平尾博、児玉永吉編、NHK出版」では光虹丸(虹光丸)、自生地はボリビア・サマイパタ地方(Bolivia Samaipata)と記載されていた。 先に私はパロデイア属Parodia mairananaというものと取り間違えましたが、こちらの品種の自生地はBolivia,Mairanaとなっている(Cacti. The Illustrated Dictionary ,Rod & Ken Preston-Mafham,Timber Press)。

 グーグルアースで地理を確認してみたら、ボリビア第二の都市サンタクルスSanta Cruzの西南90Km程度の所にSamaipata、その数キロ先にMairana町が見つかった。Lobivia arachnacantha v MairanaとParodia mairananaはアンデスの山奥、標高1500mくらいの所で一緒に自生しているのですね。

 わが家のマイナラ、新たな蕾が伸張中です。

« スミレとチョウ | トップページ | 目白切手市場・バザールへ »

グーグルアース遊」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マイラナは、町の名でしたか。変種の学名が大文字だったので、どちらかと思っていました。
 それにしても、よく調べましたね。
パロディア属とも同居していることが判り
二重の驚きですね。
 

jajoianaさんへ
コメントどうもありがとうございました。
Samaipata等のアンデスの山奥はインカの遺跡もあり、一度はこの目で見たい所です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スミレとチョウ | トップページ | 目白切手市場・バザールへ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ