サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 花サボテン黄裳丸の実生1年 | トップページ | 「サボテン幻想」の地を眺める »

中近東のウチワサボテン切手

 ウチワサボテンが前景に描かれているイスラエルの古い切手(1951年発行)が手元にある。正面の風景は何所だかわかりませんが、イスラエルにサボテン!?なぜ。

 Aisrael1s 18世紀、パレスチナに、Prickly Pear(ヘブライ語ではSabra,tzabar)が農業用フェンス用に移植されたらしい。 現在、果樹として改良され、黄色い花を咲かせた後、熟した実Sabra は食用としている。ついでに、イスラエル生まれのユダヤ人のこともSabraと言うらしい。その心は・・・。なお、イスラエルウチワサボテンPrickly Pearは学名ではOpuntia ficus-indica。

 パレスチナAapale1s 自治政府ウチワボテンの切手を2003年に発行しており、そのサボテンの表記はPrickly Pearとなっていた。 改めて見ると蕾、黄色い花、熟した実が一通りデザインされているではないか。 今回、この切手デザインの意味もチョッと理解できた。 

 何しろウチワサボテンは広く分布し、食用や染料等に利用されているものであるから、もっと良く知らなければならないな。

 以下余談・・・団扇サボテンはサボテンブームの小学生の時、庭に植え、慣れ親しんできたサボテン。 現在、こぼれた実から自然に生えてきた(実生)ウチワサボテンを栽培している。 そのウチワサボテンを英語でPrickly Pearということを初めて気がついた。 辞典にでているではないか!!失礼しました。 ウチワサボテンのことをいくらサボテン本で調べてもPrickly Pearという表現が無く、特殊な属名かなと勘違いしていた。 まったく反対だ。和名以外に英名も常識として知らなくてはならなくなった。

追記:Prickly Pearにはウチワサボテンの実という意味もあった。まさに、その形は英語表現通り、刺だらけの西洋梨。勉強になりました。 その他ウチワサボテンについてはカテゴリー、サボ・オプンチア属を参照ください。

 多肉植物やサボテンの切手についてはトップページ左上の切手帳に掲載。ココログ記事についてはカテゴリーの切手、多肉・サボテン”にまとめています。それぞれ興味のある方はどうぞ。

« 花サボテン黄裳丸の実生1年 | トップページ | 「サボテン幻想」の地を眺める »

サボテンの切手」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・オプンチア属」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花サボテン黄裳丸の実生1年 | トップページ | 「サボテン幻想」の地を眺める »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ