サボテンの華

  • ギガンティアの蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« パンジーの種まき | トップページ | ほうれん草のプランター栽培 »

リトープス実生苗を植替えた

 9月初めに種を蒔いたリトープスの植替えを行いました。10cmほどのプラスチック鉢に種を蒔いてたのですが、多数発芽して、鉢一杯になったことと、少し肥料分のある用土で生育したいためです。 新苗の植替えタイミングを色々調べたら、”苗がしっかりしてきたら”、”2ヶ月ぐらい経ったら”、”12月までに”とか書いてあったので、この時期行ってみました。

 Cocolog 用土は赤玉と矢作川砂を混合したものに、市販の種まき・育苗用培土(中和したピートモス主体)と籾殻炭、マグアンプ等を混ぜ込んだものを用いました。 鉢は30-40cm四方ぐらいの種苗用プラスチック平鉢等です。幼苗の間隔は1cm程度にしようとしたが、ちょっと混み過ぎた。

 ちなみに植え替えたリトープス実生苗数は日輪玉系67、微紋玉系42、巴里玉系61、寿麗福来玉系67、露美玉系174、花紋玉系59、紫勲系91、曲玉系129、招福玉系35、その他58。 1系統100個を注文したので、発芽率は苗の個数(以上)になります。100%以上の発芽は予想外でした。 返って、小さな種をどのようにして数え、分包しているのか興味あります。

 リトープス実生苗は2~7mm程度の大きさでしたが、白い根は長く、1~7cmくらいで、枝分かれもしていた。上から箸やピンセットを使って用土とともに取り出し、植え替えましたが、結構根を切ってしまったようだ。 しかし、植替え数日したら、吸水しだし、張りが戻ってきました。

 直射日光にも当てていたので、頭(窓)は茶色、赤褐色、黄土色、緑色、赤色、灰緑色などに変色し、形もいろいろあります。

 じっと見ていても飽きないです。

*画像は植え替え後、上からながめたところ。画像はクリックすると大きくなりますが、用土の色とほぼ同じで今のところよく判らないと思います。

« パンジーの種まき | トップページ | ほうれん草のプランター栽培 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パンジーの種まき | トップページ | ほうれん草のプランター栽培 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ