サボテンの華

  • 快竜丸
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • シマハナアブとリトープスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

トルコ・ダーダネルス海峡越え

 Cocolog_2 世界遺産・トロイ古代遺跡観光後、チャナッカレに泊まって、イスタンブールへ。 定番のトルコ観光旅行 では必ず通るバスで7時間ほど掛かる一番長い区間。 途中、カーフェリーでエーゲ海とマルマラ海 を繋ぐダーダルネス海峡を渡り、ヨーロッパ側・ガリポリ半島の、のどかな別荘地帯や稲作水田などの説明を聞きながら進みました。

 Sこのあたりで第一次世界大戦時、英仏連合国軍とドイツ側に参戦したトルコ軍が交戦した場所ということは、オーストラリアの歴史本を読んで知っていた。 英国政府の指令によりオーストラリア・ニュージーランド連合軍団(ANZAC)は 1915年4月25日上陸作戦を試みたが、後の初代大統領アタチュルク(ムスタファ・ケマル・パジャ)の反撃で多くの戦死者を出し、12月19日に撤退している。

 フェリーでは30分ぐらい、海沿いの明るい家並みを見なPhoto_4がら渡りました。波や海流、潮の臭いも全く感じられないくらい大変穏やか。

  ここが昔からアジアとヨーロッパのぶつかり合う所。  実感湧かず。

画像1、2はフェリーで渡ったところ。

画像3はトロイの遺跡。第2市時代((紀元前2600-2300年)の大理石で舗装された坂道。ちゃちな木馬はいけません。グーグルアースでの位置は39 57'23.92"N 26 14'20.55"E

Anzac画像4はオーストラリア切手 1935年3月18日発行。 ロンドン・Whitehallにある戦没者記念碑。ガリポリ上陸20年記念。オーストラリアではこのガリポリ湾上陸日(4月25日)をアンザックデーとして祝日にしている。

旅行留守番のサボテン達

 寒い11月4週、10日間ほど海外旅行で家を留守にしました。気懸りでしたサボテンやリトープス実生苗も点検した結果、ほとんど無事でした。

 リトープスはガラス越しに光が少し差し込む所、蘭やサボテン実生苗は薄暗い部屋に置きましたが、金鯱実生苗2個、リトープス実生苗1個しか傷まなかった。久しぶりに見た為か、むしろ順調に大きくなったような感じです。 ミニカトレア、胡蝶蘭等の花芽も伸びていました。

 Photo 今まで無加温で室内フレームに置いていたため、急激な環境変化が無かったのが良かったのかも。

 反対に、寒い野外から、部屋のビニールフレーム内に置いた時、窓から差し込む日差しで温度が急上昇し、だめになるケースのほうが多かった。 今回の金鯱実生苗2株は寒さでダメージしたというより、室内に取り込んだ時点でダメージを受けていたと推察しています。

急激な環境変化が無ければ、この程度の留守はOKと確認でき、一安心。

*画像はクリックすると大きくなります。画像中央の金鯱実生苗は根元から腐敗しています。なお、傍の実生苗の褐色肌は日焼けの名残。

トルコ・ペルゲのサボテン

 11月第4週のトルコ観光旅行の途中、遺跡に生えるサボテンを見つけた。アンタルヤ近S 郊のペルゲのシテイー・ゲート近くの城壁に団扇サボテン4株と竜神木のようなものが1本生えていました。 丸い大きな葉と10cmほどのピンクの実Prickly pearが特徴的であった。 

 アンタルヤは地中海に面したリゾート地域であり、11月第4週でも日差しが強く、他より暖かく感じたので、このようなサボテンが露地植えでOKなのだろう。 今回の観Prickly_pears 光旅行中、団体日本人と数多くすれ違ったが、この地域は、ドイツやロシアからのリゾート客が多いらしく、実際、ホテルやペルゲのスタジアム、アゴラの廃墟で多くの欧米人に出合った。

 なお、参考までに添付した写真はペルゲのシティ・ゲートで、ローマ時代の3世紀に造られたもの。 中央奥に見える建物はヘレニズム・ゲートで、紀元前3世紀の遺物ヘレニズム・ゲート。現在、修復中であった。

 Photo アンタルヤへはカッパドキアから1800mの峠越えで来ましたが、途中初雪が降ってきました。これからの季節はこのあたりが厳しそう。 気がかりであったクルド問題も、観光には全く影響がなく、見所も変化に富んだものであって皆さん大変満足していました。

*画像はクリックすると大きくなります。ペルゲPergeのグーグルアースでの場所は36 57'37.70"N 30 51'15.30"E 

街路樹と団扇サボテン

 東海地方もそろそろ寒くなってきました。しかし、例年より暖かいのか、国道1号線の街路樹・イチョウはまだ黄葉していません。寄り添ったウチワサボテンには、花と実が少しついており、下のアロエとともに元気です。ウチワサボテン根元の直径は10cm以上で、人の背丈ほどに育っています。種類は先日見かけた露地のウチワサボテンと同じ種類でした(単刺団扇? 10月17日ココログ記事参照)。

Cocolog このウチワサボテンは、伸びた葉を春までに刈り込まれて小さくなります。

 車と人通りの多い道路脇にウチワサボテンが十分管理されて生えていると気持ちよい。

*画像はクリックすると大きくなります。

*これから安い海外旅行に出かけますので、10日ほどお休みします。帰りましたら、このことも逐次投稿したいと思います。 気がかりはサボテンやリトープスの実生苗、蘭などを薄暗くて寒い室内に置いたまま出かけることです。

緑色になったリトープス

 リトープスの実生苗も2ヶ月半となりました。体色や形、生長に違いが目立つようになってきました。発芽後、比較的順調でしたので、病気は余り無いと思っていたら紫勲系リトープスに変な現象が現れた。

 Photo 茶色の頭の一部が、朝、変色しだしたと思ったら、夕方には全体がメノウ色になってしまった。一晩経つと軟弱になりだめになってしまいました。このような現象は2回目。

 用土が過湿だと糸状菌が生えて、緑色になってとけることがあると説明書に書いてあったのは、このことか。

実生苗の水の加減、難しい。薬を使うか様子見。

尚、どこからきたのか他のリトープスの頭をかじっていた2mmほどの尺取虫を捕まえた。

*画像はクリックすると大きくなります。

オーストラリア切手:オーロラ

 日本の南極観測船「しらせ」が最後の南極航海に向かったとのニュース。昭和基地などへの物質輸送等を25年間、担ってきたのですね。再来年の新・しらせが就航するまではーストラリア船をチャーターするそうです。そのオーストラリアの砕氷船は優雅な船名のオーロラ・オーストラリス号Aurora Australis。

 Ausa1s ところで、丁度今日アメリカからの郵便物にオーロラの切手(2007年10月1日発行)が2枚貼ってありました。表記はAurora Borealisと Aurora Australis。え!? 何?

オーロラは極地方で観測されますが、北極のオーロラをAurora Borealis、南極のオーロラをAurora Australisと言うことを始めて知りました。

次は砕氷船オーロラ・オーストラリス号で、Aurora Australisの下、南極に進むのですね。

Aaaust2aas オーストラリア発行のAurora Australisの切手が2枚(1966年、2001年)手元にありましたので、米国のオーロラ切手とともに添付いたしました。

*画像はクリックすると大きくなります。

*追記。この夜、大増光したホームズ彗星を双眼鏡で見ました。もう明るい核は無く、丸くて、薄い雲のようでした。

サンシュユの赤い実

 庭のサンシュユが落葉しだし、赤い実が青空に映えてきました。もう晩秋だ。

Cocolog_2 この赤い実は美味しくないのか、ひよどりは食べにこず、いつまでも残っている。

この実が風で落ちると、もう冬だ。 丸い蕾が開く 3月まではお休み。

*画像はクリックすると大きくなります。今春のサンシュユの黄色い花は3月3日の記事を参照ください

胡蝶蘭の気根↑

 寒くなり胡蝶蘭ファレノプシスやミニカトレア、 パフィオペデイルム等を室内のビニール温室に取り込んでいます。 窓辺の暖かい日差しの中で、新葉や新根、花芽を一層元気良く伸ばしてきました。 胡蝶蘭の花芽は10cmほどになり、ミニカトレアの方はバルブが充実する前に、新葉とともに花芽が出てきた。

 Cocolog 画像は胡蝶蘭から元気良く伸びた黄土色の気根です。途中から3つに分かれて空中に伸びてきています。 透き通った緑色の新根もほれぼれするほどです。

これからは、新(気)根が気持ちよく伸びているように、乾燥と通風に注意するつもりです。

なお、デンドロビウム、オンシジウム等は未だ軒下に置いてます。

オーストラリア切手:初代首相は?

 10月より導入されたオーストラリア市民権希望者に対する英語での書き取り試験が移民排斥ではないかと論議をよんでいるとのニュース。 豪州人としての価値観の共有化かもしれないが、オーストラリア人にも判らない問題が出されていて移民団体から批判されている。 さもありなんと思った。

 S 問題の一つに、”豪州最初の首相は?”というものがあった。 添付切手画像に示したように、1901年1月1日、メルボルンに置かれた連邦政府の初代首相はバートンEdmund Barton.(1849-1920)である。 バートンはシドニー生まれで自由主義的保護貿易派。 白豪主義の下、アボリジニ等の選挙権を否定する有色人種差別法やアジアや太平洋諸島からの移民を制限する移民制限法を成立させている。 その方法の一つは、ヨーロッパ系言語による50語の書き取りテストに落ちたものは移民を許可されないというもの。

 1世紀前、白豪主義ホワイト・オーストラリア・ポィシーを進めた初代首相のことが、同じような英語の書き取りテストに出されたことは、肌寒い。

バートンに関するオーストラリア切手は、

①2001年1月1日発行、49c、②1951年4月1日発行、3p、③1969年10月22日、5c

*画像はクリックすると大きくなります。

明日葉の花咲く

 庭のあしたば(明日葉)が薄緑~白い花を咲かせ、また緑色の実をたくさんつけてきました。

 1cocolog 木漏れ日の中、しぶとく夏に大きな葉を広げてきましたが、今は花茎を伸ばし、すっきりしています

大島(東京都)を訪れた時、明日葉茶やてんぷらなど色々なものに利用されていた。

4株ほど生えているので、来年は天麩羅にできるかも。

リトープスの清い花

 待ちに待ったリトープスが2輪、白い花を咲かせた。 花芽は陽に当たるごとに伸びてきましたが、見え出してから2週間ぐらいかかりました。

Photo 快晴の中、蕾が開き、写真のような清らかな花となりました

夕方には閉じるようですが、楽しみが増えました。

ミカンが美味しくなってきた

 庭のみかんが濃いオレンジ色(みかん色)になりました。朝晩の冷え込みで酸っぱさも消え、一層味が濃くなり、今が一番美味しいころ。

 11cocolog 一本のミカンの木に200~300個程の実がなっているので、一度に食べきれない。

 冷凍、冷蔵ミカン等にして年末年始までもたせるつもり。

 まだ訪れてこないメジロの分も残しておかなければ。

オーストラリア切手:スターツの花

 オーストラリアの動植物は独自な進化を遂げ、魅力的な形態をとってますね。オーストラリア旅行に12月行ったとき、色々の花が咲いていましたが、勉強不足で花木の名前は全くわかりませんでした。そこで、ケアンズ空港で写真集や豪州の花切手を購入したり、帰国後、オーストラリアの花の本、例えば「オーストラリアの花 柳宋民 日本交通公社」、「花と出逢う100の物語 オーストラリア 阪急コミュニケーションズ」などを買って勉強する始末でした。

 Ausf2 そのオーストラリアの花の中で、偉大な探検家チャールズ・スタートCharles Sturt(1795-1868)に因んでいる花について、興味があり調べてみました。代表的なものは以下の2種類です。

 スターツ・デザート・ピーSturt's Desert Pea(clianthus formosus マメ科1年草)。南オーストラリア州の州花で、中央砂漠地帯の特産種。 茎は長く地を這い、径8cm程度の目立つ花を頂部につけていて、黒い目のある赤い特徴的な花はアボリジニの伝説では血の花といわれている。 このスターツ・デザート・ピーは国内でも購入できるようです。なお,この花の元の名は1688年オーストラリア北西部で発見した英国海賊・探検家ウイリアム・ダンピアWilliam Dampierに因んだWilldampia formosa。 彼の名前は街の名前ダンピアやクサトベラ科にダンピエラ属として残っています。

 Ausf6 スターツ・デザート・ローズSturt's Desert Rose(Gossypium sturtianum アオイ科)はノーザンテリトリーの花。2mぐらいの潅木で、こちらも砂漠地帯に生え、7~9月フヨウに似た花を咲かせる。18c切手は赤茶色で示したノーザンテリトリーの自治政府(準州扱い)が1978年に設立された時の記念切手です。

 なお、探検家チャールズ・スタートは1828年シドニーの干ばつ時、ニューサウスウェールズ州の水系となっているダーリング川、マラムビジー川、マレー川流域の探索や大陸中央部の内海を求めた探検(1844年)をしている。 このときの探検の様子は「恐るべき空白 死のオーストラリア縦断 アラン・ムーアヘッド 木下秀夫訳 早川書房」の第2章に記載されています(この本の詳細は6月3日記事、バークとウイルズの切手を参照)。

オーストラリアの花や木などの植物や有袋類等の切手をマイフォトとして、トップ頁右上に掲載しております。上記本以外にAustralian National Botanic Gardensの切手情報も参考にしてます。興味のある方は覗いてください。

なお、切手はB級品ですので状態が悪いのはご勘弁ください。また中途半端な現状の知識にご容赦を!!。

元気になった豊麗丸

 ロビビア属のサボテン・赤花豊麗丸は昨年1年間は根ジラミ、カイガラムシの被害に悩まCocologされました。しかし、今春から調子よくなり、写真のように元気に生長しました。キノコの様な形になってしまいましたが、傘の部分が今年生長した部分です。

  下のほうは刺が無くなっています。 ここはカイガラムシがびっしり付いていた所で、根ジラミの被害と相まって体力が落ち、刺がぽろぽろ落ちてしまったためです。

 来春、たくさんの花が咲くのを楽しみにしています。

*画像はクリックすると大きくなります。 花の咲いた赤花豊麗丸と根ジラミ、カイガラムシ退治等は4月20日記事を参照してください。

サボ・雪晃・実生1年半

 日増しに寒くなり 室内にサボテン実生苗を取り込んでいます。 添付画像は0711cocolog元気な 実生1.5年のブラジリカクタス属・雪晃です。 特徴ある白い細刺も密集し、形も丸くなってきました。鉢からはみ出しそうで、この冬植替えしようか様子見です。 今年蒔いた雪晃の実生苗はまだ1~2mm程度ですが、この1年でゴルフボール程度になり、ものすごい成長率です。 またメロカクタス属・層雲も太いて赤黒い刺をだし、まだ元気です。

 毎日、ビニールハウスに顔を突っ込んで、楽しく身近に眺めております。

 なお、私は室内用簡易ビニール温室では棚がしっかりしていないことと、容量不足のため、透明ビニールカバー付き衣服用棚(メタルラック)を流用しています。アルミ製ガラス温室より、コストがかからず、不要時分解できるので重宝してます。

*画像はクリックすると大きくなります。1年目の雪晃は6月22日記事を参照。その時から1回植え替えました。

リトープスの肌 かじられる

 移植したリトープス実生苗は今のところ何とか生育しています。移植後発芽したリトープPhotoもあったり、新根が発生せずに萎れたり、腐ったものもありました。特に白や赤い肌のものは生育が遅く、弱いなと感じます。

  残念なことに写真の様に緑色のリトープスで、肌の表面を齧られたものがあった。容疑者は徘徊していた小さい甲虫。黒い羽に白い斑点が2つあり、触覚が立派な虫です。全体の大きさは0.5mm程度。布の織り目で小ささがわかると思います。

Photo_2ともあれ、トビムシやコナガなども発生するので用土を熱湯消毒しなかったのが、主因。 反省、次の糧に。

*画像はクリックすると大きくなります。

ナチュレ・ナチューレのケーキを・・・

 先日は結婚記念日。Naturelle Natureのケーキで祝った。さすが、TVチャンピオン2 ケーキ職人選手権で優勝したシェフのお店だ。 和菓モンブランのマロンクリームは素材そのものの濃厚な味と舌触り。ちょっとお高いかもしれないですが、おいしいケーキを頂きたい方は必味。

Photo  もうクリスマスケーキの予約が始まっていた。また12月13日のTVチャンピオン2にディフェンディングチャンピオンとして出場するらしい。 ここもチェックしてみよう。

 ナチュレ・ナチューレの場所は沼津市隣の清水町堂庭。国道1号から清水町役場方面へ下ったところで、エルローザ・杉山バラ園の敷地内にある。ここも良くいきますが、いろいろなバラの花を自由に見ることができ、苗木も売っている。

 楽寿園と三島大社に散策・お参りした後、広小路付近で”うなぎ”を食べ、その後、柿田川の湧水とバラを鑑賞し、ケーキを購入する。 三島・沼津方面に来たら、結構、充実したプラン。

ナデシコ 咲く

 変わり咲きナデシコ(ダイアンサス属)が白とピンクの花を咲かせてきました。Cocolog この撫子は四季咲きで、丈が短い園芸品種です。 春から咲いていて、夏に差し芽や刈り込んだりし、またこの秋に咲き出しました。

 茎が伸びたり、花が不揃いになったり、虫に食べられたりしましたが、芽差や刈り込んだりしてやっと葉がきれいになりました。

 今度はもう少し風情のある秋の七草・万葉の花、カワラナデシコを栽培してみよう。

バチカン市国のサボテン切手

 団扇サボテンが描かれているバチカン市国の切手(1992年9月15日発行)の背景が良くVaticancocologわからずにいました。 団扇サボテンに玉蜀黍、唐辛子、パイナップル等が描かれている6枚組み。これらの植物の脈絡、皆さんわかりますか?

 

 切手表記で調査してみたところ、コロンブスがアメリカ大陸発見後、ヨーロッパに持ち込んだ”新世界の植物相 Flora del nuovo mondo"を示していることが判りました。クリストファー・コロンブスChristopher Colimbusの第1回航海は1492年なので、丁度500年後にこの切手が発行されたのですね。 

 トウモロコシ、トマト、ウチワサボテン、カカオ、トウガラシ、パイナップルが描かれています。この図案はヨハン・ビルヘルム・ヴァインマンJohann Wilhelm Weinmannの"薬用植物図譜"(18世紀初め)の中にある銅版画をもとにしたものらしい。

それぞれの植物の学名は①Frumentum indicum, ②Solanum pamiferum、③ Opuntia、④ Cacaos, Cacavifera 、⑤Solanum tuberosum, capsicum, mordens 、⑥Ananas sagitae folio。 

今は普通の植物ですが、学名となると途端に難しくなりますね。

*画像はクリックすると大きくなります。

<追記> 2011年バチカン市国から発行されたエウセビオ・キノ修道士のサボテン切手はこちら

リトープス花芽発生

 多肉植物リトープスが黄褐色の花芽を、陽を浴びるごとに伸ばしてきました。このリトープスの名前は判りませんが、今春、分頭せず、9月の植替え後一回り大きくなりました。

 Cocolog 先月、リトープス1株が腐ってしまいましたが、他の株には波及せず、鉢底から白い根が伸びてきて元気です。

 寒くなってきたので、夜は室内に取り込んだリして、かわいがっています

オーストラリア切手:綿花

 豪州の綿花生産量が2年続きの干ばつの影響で四分の一程度に落ち込むとのニュース(本日の日経新聞朝刊より)。今秋の作付け面積も縮小されていて、来春の収穫も今年に比べ半減が見込まれているとのこと。オーストラリアの綿花生産量は世界で10番目程度とのことだが、日本は輸入量の4分の一を依存していることや、生産量は俵単位(1俵=480ポンド)で表記すること等勉強になりました。

 S 添付画像は、綿花がデザインされているオード河灌漑計画のオーストラリア切手です(1970年8月31日発行)。オーストラリアの綿花の生産地はクイーンズランド州南部やニューサウスウエールズ州北部の内陸部。この2地域とは別の西オーストラリア北東部のオード河Ord riverに水力発電と灌漑用(綿花栽培)にダムの建設を計画したものです。1972年ダムは完成し、アーガイル湖Lake Argyleが出来ましたが、巨額な費用発生と害虫被害で綿花栽培が目論見通り行かず、それ以上の計画は中止しているそうです。ちなみにアーガイル湖の大きさはおよそ2000K㎡(琵琶湖の3倍)。反面教師のダム計画だそうです。

 以上、芋ずる式勉強でした。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ