サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« オーストラリア土産・ゼブラ石 | トップページ | 青磁玉 へたる »

覇王樹いろへろをチェック

 サボテンがいつ頃、日本に来たかについては、貝原益軒の記述が最初とサボテン栽培の専門書に記載されていたので、今回、花譜(元禄7年、1694年)と大和本草(宝永6年、1709年)のサボテン・覇王樹の項を調査してみた。

Cocolog  ”花譜 下巻草の部”と”大和本草 巻七 草之三 園草類”の覇王樹いろへろ、タウナツ)の記載では、”葉が無く、形は枇杷の葉、肌は胡瓜に例え、點子(ほし)、疣が多い。頂部から小葉が出てくる。丈は2~3尺。折って挿すと生える。草中の異物なり。寒さに弱い。油汚れを吸い取る・良く取る”などとの記述が読み取れた。2冊とも表現は似通っている。 花譜に出ている花史と遵生八牋(明の高濂)は中国の古典のことかな。これも同じような表現のような気がする。 

 形の例えが、団扇ではなく枇杷の葉というところがおもしろい。

 素人のお遊びででしたが、中村学園の電子図書館、貝原益軒アーカイブにより、今は誰でも簡単に調べることが出来るようになった。なお、”和爾雅(1688年)”の記述内容は調べること出来ませんでした。

*画像はクリックすると大きくなります。画像は大和本章のなかの覇王樹の記載部分。

« オーストラリア土産・ゼブラ石 | トップページ | 青磁玉 へたる »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストラリア土産・ゼブラ石 | トップページ | 青磁玉 へたる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ