サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« リトープス露美玉実生苗の脱皮 | トップページ | デンドロの花芽少し伸びる »

切手:アガベとテキーラ

 テキーラはメキシコ・ハリスコ州テキーラ村で、リュウゼツラン竜舌蘭Agave azul tequilaから造られる蒸留酒。そのアガベとテキーラがデザインされている切手が、メキシコの主要輸出産物の一つとして1978年発行されている。

Aaamexico2s  このテキーラ産業の文化・歴史を昨夜、NHKテレビ"探検ロマン世界遺産 情熱の酒・テキーラの故郷”にて、放映していました。

 テキーラ村は”リュウゼツラン景観とテキーラの伝統的産業施設群 Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila”として2006年世界文化遺産に指定されているのですね。テレビによると、8年物のリュウゼツランの葉を専用の刃物コアで切り落とし、茎部分ピニヤを原材料としている。ピニアの芯にはデンプンが多量含まれていて、これを半分に切って蒸して糖化した後、発酵、ついで蒸留して造るようだ。 テイーラ村では、熟成度の違いで250種ほどのテキーラがある。

 Aamexico2s 大農園アシエンダの敷地内に労働者の長屋を完備して、アガベの栽培からお酒まで造っていたとのこと。メキシコ農業(農地)改革により、今ではエラドール社のようなテキーラ産業施設群もすくなくなったようだ。添付の切手は農業(農地)改革50年記念切手(1960年発行)。エヒード(共同農場)でトラクターを運転する農民、読書している農民、赤い実をつけたウチワサボテン等がデザインされている。

 なお大型リュウゼツラン(マゲイ)からはアステカ時代からのプルケ、その蒸留酒メスカルなども造られることを知りました。

 多肉植物アガベの伝統的な文化を知り、大変勉強になりました。

*画像はクリックすると大きくなります。アガベなどの多肉植物の切手はページ左上の”多肉植物の切手帳”に収載しています。

« リトープス露美玉実生苗の脱皮 | トップページ | デンドロの花芽少し伸びる »

サボテンの切手」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

多肉植物の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リトープス露美玉実生苗の脱皮 | トップページ | デンドロの花芽少し伸びる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ