サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« 切手:タークス・カイコス諸島の”たる型”サボテン | トップページ | 切手:タークス・カイコス諸島のメロカクタスと女王 »

リトープス実生苗 窓の模様判りだす

 リトープスの種を蒔いて6ヶ月目。実生苗の脱皮も進んで、早いものは1cmぐらいの大きさになってきました。また頭の形、窓の模様や色などそれぞれ個性を発揮してきました。

 080229cocolog 添付写真は寿麗福来玉系、招福来玉及びその他混合種の実生苗です。久しぶりに真上から眺めたら、形や色(緑、黄褐、灰など)、斑点などの模様が綺麗で、それぞれが輝いていました。

 巴里玉系や花紋玉系、寿麗福来玉系の実生苗は2cmほどに丈が伸びてきていますが、窓際に置き、白の寒冷紗越しに日光を当てているので、徒長しているわけではないと思っています。

 これら順調な実生苗のほかに、2~3mmほどの苗や脱皮しないアルビノなどは自然淘汰されてきています。

曲玉、日輪玉、紫勲(シクン)玉の脱皮はこれからが本番。あと1~2ヶ月。

なお、親株も脱皮を開始して、新体が見え出してきました。

*画像はクリックすると大きくなります。 リトープスの栽培については”カテゴリー 多肉・リトープス属”にまとめております。興味のある方はどうぞ。

« 切手:タークス・カイコス諸島の”たる型”サボテン | トップページ | 切手:タークス・カイコス諸島のメロカクタスと女王 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 切手:タークス・カイコス諸島の”たる型”サボテン | トップページ | 切手:タークス・カイコス諸島のメロカクタスと女王 »