サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 春の恵比寿笑い | トップページ | サボテン地久丸の新刺、花芽 »

コチニールウチワサボテンの切手

 トリニダード・トバゴ共和国1982年発行の薬学会議記念切手にはコチニール団扇サボテンNopalea cochenilliferaがデザインされている。自生しているウチワサボテン(現地名Rachette)を描いているのだが、なぜ薬学会議で発行されたのか気になりました。

 Togo82 トリニダード・トバゴでは馬などの反芻動物の腱炎Tendonitisの治療に、このコチニールウチワサボテンが使われているようだ。 患部を冷やした後、ひまし油やアロエベラ等とともに湿布している。

「サボテン今昔,平尾 博著、2007年」によると、先住民インディアンは鎮痛、腫れの炎症治療に扁平オプンチアのスライスを貼ったり、アステカでは歯痛の頬の腫れにこれを貼っていたとのこと。

コチニール団扇といえばコチニール虫(エンジ虫)による赤い染料がすぐ思い出されますが、消炎作用を期待した治療にもトリニダード・トバゴでは利用されていて、それで薬学会議Commonwealth Pharmaceutical Cnferenceにデザインされていたのだと解釈しました。

*画像はクリックすると大きくなります。サボテン切手に関する記事はカテゴリー、”切手・多肉、サボテン”に、ウチワサボテン等の切手画像は”サボテンの切手帳”にまとめております。ご興味ある方はどうぞ。

« 春の恵比寿笑い | トップページ | サボテン地久丸の新刺、花芽 »

サボテンの切手」カテゴリの記事

サボ・オプンチア属」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の恵比寿笑い | トップページ | サボテン地久丸の新刺、花芽 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ