サボテンの華

  • 英冠玉の蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

アジサイ”墨田の花火”咲く

ガクアジサイの”墨田の花火”が咲き始めました。

0805 白色、近くで見ると薄青色の装飾花は、緑が濃くなった葉に映えています。

もうすぐ梅雨が始まります。

*画像はクリックすると大きくなります。

白花クジャクサボテンが咲く

孔雀サボテンの白花が昨晩9時ごろから開きだしました。

0805 南側に置いている株に比べて、1週間ぐらい遅い開花。

風がないので、辺りは息苦しい香で一杯。

大きい花ですね。

ひょろひょろした葉のどこにこのエネルギーがあるのかと何時も思う。

*孔雀サボテンの栽培記録は"カテゴリー、サボ・エピフィルム属”にまとめております。

サボテン貴宝青を購入

 栽培しやすく、花の美しいサボテン、貴宝青(ノトカクタス属)が仲間入りした。 枯らす、腐らせることが多かったので、初心者向けサボテンを選んでみた。

080529広い園芸店の隅の棚には、黄花の貴宝青、獅子王丸なども並んでいたが、オレンジの花色に惹かれた。

鉢つきの苗で420円。一寸高い。

萎びて刺だけが目立つサボテン鉢も多かったので、この分も上乗せされているのか? 

ボンドで固められた化粧砂や用土(籾殻、バーミキュライト、粒状発泡スチロール等)が”むなしい”。

結局、私に拾われたような貴宝青ですが、早速、根と用土を点検して植え替えの準備をしました。

白い根の周りに畑土がついていたので、出荷前は地植えされて元気一杯だったのだ。

しかし、これからは小さい黒鉢の中で、赤玉、鹿沼土、矢作砂、軽石、バーミキュライト等の私製混合用土に馴染んで生長してもらわなくてはならない。

順調なら、1ヶ月後にオレンジ色の花が見られるかもしれない。

*サボテン、ノトカクタス属の花、栽培記録は”カテゴリー、サボ・ノトカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

<追記>  貴宝青の花はこちら

サボテン紅小町 蕾伸びる

サボテン・紅小町の蕾が伸びだしてきました。

080528 花芽の発生から1ヶ月。恐る恐る膨らんできている。

ノトカクタス属なので、蕾は黄色。蕾先端は丸くなっている。

もうすぐ黄色い花が咲と思うが、まだ安心できない。

吸水不十分な株だし、体色は紫色。

見れば判る頂部の蕾より、見えない根の様子が気になる。

*紅小町の栽培記録は”カテゴリー、サボ・ノトカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

このサボテンの根切り処理は有?

 樹木と同じように、サボテンの太い根を切る時、木工用ボンドや”つぎろう”などを塗ってから、植え替えることは”有”だと思うがどうか?

5月末のこの時期、サボテン達は花を咲かせ、元気良く生長しているのが通常。

しかし、吸水せず、張りのないサボテンも。根が腐って、発根していないようだ。

春先の根切り時、十分乾燥させたのに、この有様。どうにかならないのか?

色々サボテン栽培の本を読んでも、乾燥処理がほとんど。

しかし、乾燥した切口は却って水を吸収しやすく、雑菌が入って根腐れし易くなるのでは?と疑ってしまう。

以前、サボテン実生苗を植え付ける際、”太い主根を切り落とし、切り口に木工用ボンドを塗り、即植えつけて良好な結果を得ている”という栽培業者の記事を読んだことがあります。

桜やヒメシャラなど腐り易い木を剪定した場合、切口癒合・接木活着促進剤や”つぎろう”を切口に塗ると、切口面は樹脂で保護されるので、新鮮な状態のまま周りから癒合されます。

樹木と同じように、サボテンの太い根を切る時、木工用ボンドや”つぎろう”などを塗ってから、植え替えれば、腐らずに発根するのではないかと思う。

勿論、乾燥させてから塗れば安全だが。

さらに、胴切りにもどうだろうか?

私自身、サボテンでの経験はこれからですが、この方法は”有”でしょうか?

サボテン、ペンタカンタ 蕾再び

ギムノカリキウム属のサボテン、ペンタカンタ(ペンタカンサ、聖王丸)が2個目の子吹きをし、さらに花芽をつけてきました。

Saboten1_004 まだそれぞれ5mmほどしかないのですが、少しずつ大きくなってきています。

昨年、この段階で蕾が萎れてしまった反省から、今年は通風のよい場所に置いて栽培しています。

私の感じではペンタカンタは新天地や緋花玉と同じように、蒸した状態より、通風がよい環境が好きなようです。

やっと吸水もし、新刺も出始めました。

今が一番気がかり。

この段階を過ぎれば、今年こそ、花を見ることができる・・・かも。

*ペンタカンタの栽培記録は”カテゴリー、サボ・ギムノカリキウム属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン実生苗が腐りだす

昨年種を蒔いたサボテンの実生苗(1年目)がこの頃、腐りだしている。

原因は水のやりすぎで、根腐れ。

0805cocolog 新根が発生していないうちに、用土の乾燥しすぎを恐れて、水をあげてしまった。

数日後、根元が腐り、倒れて気がつくことが頻繁にある。

春から腐った実生苗は月世界、玉牡丹、王綾波、影清、金鯱、菫丸、天司丸、紅鳳丸など。

数が沢山ある縮玉は、今のところ被害は少ない。

昨年の今頃、紅鷹、層雲、象牙丸、黄裳丸などの幼苗(1年目)は元気に生長していた。

今回は冬から春先にかけての時期、実生苗の生長が十分でなく、更に細根が用土の乾燥しすぎで傷んでいたのが遠因。

実生苗専用の栽培環境が無い私のケースでは、季節が移り変わる頃(栽培環境が変わる時)が実生苗にとって一番ストレスが多いことが今更ながら判る。

サボテンの種まき、今年は自粛中。

*サボテンの実生栽培の記録は’カテゴリー、サボテン実生栽培”にまとめております。興味ある方はどうぞ。 画像は王綾波実生苗の赤腐れの状態。画像はクリックすると大きくなります。

沼津水産祭で買い物

昨日(25日)風雨が収まりだした昼前、沼津港で開催されている第36回水産祭・第24回海人祭にでかけた。

0805 渋滞に巻き込まれたが、何とか千本浜公園駐車場に停めることができた。

 もう海人祭会場のバザールは雑踏の中でのお買い物。水産祭会場の沼津魚市場「イーノ」などで、秋刀魚のひもの、蒲焼、あさりのつかみ取り、ほたて、キハダマグロなど購入した。イーノ会場は、ほとんどが売り切れ状態でしたが、キハダマグロのブロックは投売り状態のもの。

早く行って特売の鮮魚等を購入するか、遅く出かけて残り物を安く買い叩くか。

どちらも買い手にとっては幸せ。これから食事は魚主体。

 なお、この日は”びゅうお”(沼津港)の無料開放日であった。大型展望水門だけあって、ここからの駿河湾、伊豆、箱根の山々、富士山の眺望は必見の価値有。昼食後、ここで休むと気分とお腹が落ち着きます。しかし、今日は残念ながら曇り空であった。

ウチワサボテン 新芽でる

一ヶ月半前に植え替えたウチワサボテンに新芽(子茎)が出てきました。

0805 冬の間萎れていたウチワサボテンの茎節は、吸水してピンと膨れ、いよいよ新芽の時期となりました。

ところで、ウチワサボテンの葉は、写真の若い子茎の刺状のものなのですね。

例年のことですが、新しい息吹きを感じると、少し元気になります。

*団扇サボテンの栽培や諸々のことについては”カテゴリー、サボ・オプンチア属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

マミラリア金松玉も開花中

マミラリア属のサボテン金松玉(松霞?)は、小さい黄褐色の地味な花を咲き続けています。

0805cocolog_2 株は群生状態になっています。

昨秋に赤くなった実,もまだ沢山ついています。

しかし、かき子で簡単に増えるので、この種はそのまま放置です。

群生した状態は鉢に合わせて大きくなるので、今年は植え替えずにそのままにしています。

*画像はクリックすると大きくなります。

サボテン花鏡丸 満開となる

メセキノプシス属のサボテン花鏡丸(豊麗丸X輝鳳玉)がついに満開状態になりました。

080523cocolog 紫紅色の花、一度に9輪。最高数!

陽が登るのに合わせて開花し始めました。

赤花豊麗丸と開花するタイミング、花の姿、色がほぼ同じ、ただし蕾の色は異なる。

ついに、「原色花サボテン 伊藤芳夫著 家の光協会刊 昭和57年」に掲載されている写真のように沢山咲かせることができました。

 昭和38年、宇部常盤サボテンセンターに立ち寄られた皇太子ご夫妻(当時)は、咲き誇っていた花鏡丸に感嘆されたようです(「サボテン博士の歩いた道 伊藤芳夫著 四季出版」より)。

 一株でもは華やか。花サボテンの交配改良種達が群開している姿は大変見事なものでしょう。

今年、その雰囲気を少し味わいました。

 なお、前掲の花サボテンの本は伊藤氏76歳の時、出版されたものです。紅花団扇接ぎの手法とともに、作出した花サボテン美花種184種の色とりどりの綺麗な写真と簡潔明瞭な説明(特徴・花・注)を1種1頁毎に分類しておりました。注意書きは直接説明を受ける感じで大変興味を持ちました。ぶれない熱意に感服! 花サボテン栽培には必携の本。

 *花鏡丸、豊麗丸等のサボテンの花、栽培記録は”カテゴリー、サボ・メセキノプシス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。 

サボテン ミステリーホール

 初夏、ビニールトンネル内のサボテン達は花が咲いたり、まだじっとしていたり色々です。うれしい気分と心配な気分が半々。そんな中、育成中の実生苗平鉢に径2cmほどの穴が突然3つ出現しました。

穴は象牙丸の株間に、5cmほど斜めに掘られています。崩れやすい粒状の用土をうまく掘り、余分な土は反対側に蹴散らしています。

0805cocolog 穴、巣穴?は、もぬけの殻。犯人はだれ?

トカゲ? 穴は深くないし、こんな暑いところではつくらないだろう。

ジガバチ? 土を飛ばすほどの力があるのか?

ヤマトハキリバチ? 物陰に掘るので場所や時期が違う。

暖かくなると色々な生き物が出没するようだ。

なお、写真のサボテンは安宅象牙丸の実生苗です。根腐れしたので春先、根切りしたものです。この頃やっと吸水し始め、体色も紫色から緑色になりだしました。

*象牙丸の花や栽培記録は”カテゴリー、サボ・コリファンタ属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

切手:サボテンフェンス

 ハシラサボテンをフェンスとして利用している風景を、オランダ領アルバAruba発行の切手から見つけました。カリブ海にあるアルバ島の約18%を占めるArikok National Parkの一風景を描いたものです。

Aruba293  伝統的な白壁の農家(Cunucu Cas di Torto)を柱サボテンのフェンス(Trankera)が囲っている。サボテンフェンスの頂上には鳥が止まっていたり、外には野生化したヤギや団扇サボテン、花の咲いているアロエ等も描かれています。

 このアルバ島には柱サボテンが自生しており、これを農業用フェンスとして活用したものです。切りそろえたサボテンを植えつければすぐ生え揃うということのようです。切手では物足りないという方は、グーグルアースで下記位置*1に飛んでみると、切手のような風景を眺めることが出来ます。隣のオランダ領アンティルのボネール島でもサボテンをフェンスとして利用していた*2。

 サボテンを農業用フェンスとして利用することは、過去にパレスチナやオーストラリアでウチワサボテンの例がありました。柱サボテンや有刺多肉植物を梁、垣根として利用することは、形状から当然ありえます。

 地方のなんら変哲も無い景色ですが、今では保存したい心の風景となり、切手にデザインされたのだろう。

*1) Cunucu Arikokの位置・・・ 12 30'28.09"N 69 56'528.41"W

*2) Bonaire島のサボテンフェンスの位置・・・ 12 14'09.55"N 68 19'01.63"W

*アルバや西インド諸島で発行されたサボテン切手は”サボテンの切手帳”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン花鏡丸 緑の蕾

メセキノプシス属のサボテン、花鏡丸の蕾9個が一斉に伸びてきました。

0805cocolog_2 白産毛~黒ひげのある蕾でしたが、伸びて先端の緑色が目立つ。

昨年の栽培環境が良かったため、30個ほど蕾が発生。

子株にも蕾。

花芽、蕾の大きさは3分類されるので、花芽分化のタイミングは3時期あったということか。

今年は、花鏡丸の満開の花を見ることができそうだ。

寿命は1日だが、見逃さない。

*花鏡丸の栽培記録は”カテゴリー、サボ・メセキノプシス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

サボテンの花 海王丸 

ギムノカリキウム属のサボテン、高見沢長強刺優型・海王丸に初めて白い花が咲きました。

20805cocolog 花色は少しくすんだ白。昼頃開き、15時には閉じだした。

花径は予想より小さかった(4cmほど)。

体力が無いうえに、四個の花芽が一斉に伸びだした結果かもしれない。

寒冷紗をかけたり、湿度にも注意していますが、まだ吸水もせず、稜はゴツゴツしてきました。

子サボもまだ生長を開始していません。

「サボテン&多肉植物 NHK趣味の園芸」の写真ような、ふっくら張りのある海王丸にしたいのです。

念願の花が咲いても、ちょっと心配

*海王丸の栽培記録は”カテゴリー、サボ・ギムノカリキウム属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

<追記5月27日>

 花は4つ咲きました。しかし、株が動くので点検したら、3本の主根のうち1本のみ細根が発生しているだけで、残りは先端が真っ黒になっていた。結局、根切りし、乾燥後、再度植え替えることになった。

本柚子の結実

本柚子(ユズ)が、数十の白い花を咲かせました。 0805cocolog

植え替え初年度なので結実しないと思っていたら、現時点で春枝に10個ほど実がついていました。

まだ3mmほどの大きさ。自然落果もあるので、これからどうなるかは判りません。

この時期、この本ユズにキアゲハが卵を産みにきました。若葉にはハナユ(一才ユズ)と違って、香りが発散している。

孵化した幼虫は、大きいものでもう2cmほどになっています。鳥の糞に似てますね。

これからどうなるか、小さな実と幼虫の行動を観察しています。

*写真は本柚子の花と青い実、キアゲハの幼虫です。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン 藤紫の花が咲く

サボテン紫盛丸(シセイマル、Acanthocalycium spiniflorm var. violaceum)の蕾が膨らみ、ついに開花しました。

0805 写真のように、藤紫色の大変気品のある花です。雄しべは薄黄色、花径4cmほど。

光が透ける若草色の花筒とのバランスが大変よい。

花筒にはアカントカリキウム属に特徴的な扁平の刺があります。

さすが、”サボテン 100種”や”花の美しいサボテン”に選ばれているだけのことはある。

このサボテンを購入し、栽培していてよかったと思える瞬間です。

紫盛丸の蕾の様子は5月11日記事参照。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン 黄色い花が咲く

 簡易ビニールトンネル内のサボテン、ノトカクタス属の青王丸とロビビア属のマイラナが同時に黄色い花を咲かせてきました。

230805 サボテン種によって黄色い色合いが微妙に違っているので、飽きがきません。

青王丸はレモンiイエローの大きな花弁と紅色の柱頭との対比が特徴的。

マイラナの開花は今年2回目。全てが上品な黄色。子サボからも咲いています。咲き初めと翌日では花の色、花弁や雄しべの広がりが異なり、違う印象を受けます。

数日前に咲いていたロビオプシス属の芳金丸(黄花短毛丸)はすっきりした黄色でラッパ状の花。早春に咲いたフェロカクタス属の緋翔竜の花は金属光沢のある黄色で、長く開花していました。

ノトカクタス属のサボテンの花はたいていが黄色系ですが、紅小町や地久丸の蕾も少しずつ大きくなってきました。

どんな黄色の花弁に合えるのか楽しみです。と気分が元気になります。

*青王丸、マイラナ、芳金丸、緋翔竜の黄色い花やその栽培記録は、それそれのサボテン属のカテゴリーにまとめて投稿しています。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン栽培に先端技術を!

 愛着あるサボテンが今年も根腐れで駄目になった。紅鷹、象牙丸、縮玉、黄裳丸、新花鏡丸、各種実生苗等とお別れし、心が痛む。このような悲しいことが無いように、もっと経験を積み、専門的な視点、技術を高めなければならないと常々思う。

 しかし、サボテンの栽培、病気診断技術はサボテンブームの昭和30~40年代から進歩していないようだ(素人判断)。サボテン栽培本の発刊も最近、極めて少なく、ブーム当時の本が教科書として珍重されているくらいです。それゆえ、一旦病気にかかると素人愛好家は右往左往してしまう。

 1個数百円程度のサボテンに対する費用対効果面では疑問がありますが、ペット並みに愛着のあるサボテン、多肉植物にも高度な先端培養・診断技術でもって、昭和のサボテンブームの知見から一歩づつ進歩しているといえる日を待っています。

<以下はあくまで余談> 余りに進歩しないので自戒をこめて。長文です。

 さて、犬猫、子鳥等のペットより長生きするサボテンの病気を治す病院の整備や訪問介護をしてくれるサボテン医制度も進んでいない。また国内の素人栽培家は外国の最新技術や知見の恩恵を受けていないのが現状。

 半世紀前の栽培ノウハウは参考とするものの、今は各種高度先端技術によって、貴重な皆さんのサボテンについて定期健康診断することが必要です。

そこで、以下のような診断技術を有する施設あるいは資料がありましたら教えてください。

1.皮膚分野:カイガラムシ、ワタムシ、すす病などは素人でもわかるし、農薬もホームセンターで購入できる。この目視による診断以外にサーモグラフィーにより表面温度を測定し、サボテン内部が変化しているか検討した報告書、部署。

2.化学分析分野:根は過湿によって腐る。また根ジラミが発生し、生長しなくなるケースも多い。根ジラミは浸透性殺虫剤オルトラン顆粒やダイシストン粒剤などを一斉散布すれば素人でも対処できる。しかし、生育にも影響するかもしれない農薬を蒔くのも一寸心配。そこで用土をサンプリングして、根ジラミが出す揮発性ガスをGCMSMSで分析する機関。鉢をひっくり返すこともせず、根ジラミの有無を調べられることができればよい。ごく微量の残留農薬分析ができるくらいだから、やる気の問題。簡易根ジラミ試験紙などあればベスト。

3.画像診断分野:根腐れしたら胴切りして、赤腐れ部位が浸潤していない所まで患部を切り取るということは必須。しかし、切ってしまったら挿し木が接木しか救命の手段がないのでその対処をあらかじめ決めておかなければならない。接木技術をさらに啓蒙する必要がある。

 このような大手術を最終的に選択したくないので、早めにサボテンドックによるMRIや超音波画像診断してくれる病院はないのか。水分がほとんどで、繊維束ぐらいしかないサボテンなら、腐った部位、コルク質になった部位の診断は容易であろう。時期によっては花芽とか新体の有無の診断も可能だろう。 刺のないものにとっては超音波診断も有効であろう。  非侵襲的診断なので、病変部の有無やその広がりを確認するために定期的行うことが出来る。脳ドック、メタボ診断時に、身体の脇にサボテンが置けて、同時診断してくれる専門医などいたらもうけもの。

4.遺伝子解析:ギムノカリキウム属などは雑交配によって純系が少なくなってきている。皆さんのサボテンがどのようなルーツ、血統なのか遺伝的背景を知りたくありませんか。仰々しく、混乱の元になる和名ではなく、学名で遺伝子診断書を発行してくれる分析機関はあるのか。

 サボテンはその地方、土地ごとで独自の進化を遂げている。花の形などで属を分類するのではなく、遺伝子から見たサボテン科の進化の歴史、分類、各属の系統樹を見たい。地方の貴重なサボテンの保護にも役立つ。そんな資料はありませんか。

 

サボテン白麗丸 腐る

ロビビア属のサボテン白麗丸が腐ってしまった。

0805cocolog 春の植え替え時、根が少なく、長く伸びた主根が根腐れしていたので根際まで切って植えつけていました。

今週、鉢を動かした拍子にグラと傾いた。

根元は褐色。果物ナイフで切ったら赤腐れ。かなり上部まで褐色の繊維束伸びていた。

切っても切っても生長点近くまで伸びていたので、途中で褐色の繊維束を引き抜いた。

以外に簡単に引き抜くことができた。

昨年カイガラムシなどの被害にあっても生長したが、そういえば元気に生長したというほどでもなかった。

上部まで胴切りされた白麗丸は短毛丸の子を台木として接木をした。

繊維束の大きさに差があったことと、台木の短毛丸は硬く、まだ十分生長を開始していなかったので、接木がうまくいくかは自信が無い。

サボテンの花が咲く時期、黄色い花を期待していた白麗丸を腐らせてしまったことは大変残念。

*写真は赤腐れしてしまったサボテン白麗丸の切断断面。ロビビア属の栽培記録は"カテゴリー、サボ・ロビビア属”にまとめてあります。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン豊麗丸 六輪咲く

ロビビア属のサボテン、豊麗丸が今日、6つの花を同時に咲かせました。

0805cocolog_2 今までの最高の着花数。

早朝、蕾が開きだし、午後には花弁を閉じてしまいました。

桃色で、ラッパ状の花。花サボテンらしい。

昨年、元気に生長した結果の反映。

簡易ビニール温室(トンネル)での栽培がうまくいった。単純にうれしい。

今年も元気良く生長してもらいたい。

*豊麗丸などのロビビア属のサボテンの「栽培記録は”カテゴリー、サボ・ロビビア属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

サボテン芳金丸 夜中に開花

 ロビオプシス属のサボテン、芳金丸が蕾を伸ばしだしたと思ったら、もう咲き出しました。

0805cocolog 黄花短毛丸なので、夜10時ごろより蕾が開きだし、全開したのは真夜中。写真は早朝に撮影。

花筒が長いラッパ状の黄色い花です。長さ15cm、径7cm。香りもある。

花の姿も花弁の黄色もすっきりした感じを受けます。

ロビオプシス属は丈夫で花の色もいろいろなので、素人栽培には最適。

子吹きしすぎるのが嫌いだが、このレモンイエローの花を見ると色々購入したくなる。

*芳金丸の栽培記録は"カテゴリー、ロビオプシス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。 

サボテン豊麗丸 もうすぐ開花

ロビビア属のサボテン、赤花豊麗丸が順調に蕾を伸ばしてきました。

0805cocolog 長さは10cmくらい。6個一斉に伸びている。

蕾先端の桃色の花弁が大きくなってきた。

もう待ちきれない。暖かく、快晴の明日には咲き出してしまうかも。

しかし、明日は早朝から外出。気がかり

*赤花豊麗丸などのロビビア属のサボテンの栽培記録は”カテゴリー、サボ・ロビビア属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

芳金丸の蕾伸びだす

黄花短毛丸のロビオプシス属のサボテン、芳金丸が蕾を7cmほど伸ばしてきました。

0805cocolog 昨年始めて開花し、今年の蕾は5つ。

 群生状態の短毛丸が根腐れしたので、春の植え替え時、芳金丸も子を切り取り単幹にしました。購入して丸2年、ほぼ2倍の径7cm、高さ7cmに生長しました。

4cmほどのかき子にも花芽が出ています。

花芽に分化してから2ヶ月目。まだ黄色の花弁とはなっていませんが、数日後には、ラッパ状の大きな黄花にまた会えます。

*芳金丸(黄花短毛丸)の栽培記録は"カテゴリー、サボ・ロビオプシス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

画像はクリックすると大きくなります。

鉢植えニオイバンマツリ 2分咲き

 先日、NHK大河ドラマ「篤姫」にてペリーやハリスが宿泊した下田・了仙寺のことが紹介されていました。ニオイバンマツリ(アメリカジャスミン)でも有名なこの了仙寺では現在2分~8分咲きのようですね。

0805cocolog私の鉢植えのニオイバンマツリも紫の花を咲かせ始めました。

  昨年、一回り大きな鉢に植え替え変えた結果、沢山の枝が発生し、新芽の先に蕾が一杯つきました。

 写真では蕾、咲き始めの紫花と数日たった白花が写っています。ニオイは結構キツイ。

 まだ50cmくらいの広がりと高さしかありませんが、上に伸びだした芽も2本でてきました。

 そろそろ、地植えの場所を探したい。

*画像はクリックすると大きくなります。

 

フェロカクタス 刺座の小突起

 サボテンのフェロカクタス属は春先、刺座から蜜を分泌することは良く知られています。私の緋翔竜や真珠もこの時期、甘い蜜を分泌し、蟻が寄って来ています。

 080512 緋翔竜では、黄色い蜜嚢のような突起物が刺座上部から3mmほど飛び出て、その頂点から透明な蜜が出ていた(写真参照)。なお、突起物の大きさには差がある。

 突起物は数日後、萎れだして硬くなり、そのまま残った。

レコンテ玉、竜眼の古い刺座にも、この小突起物があった。今までは未発達の刺そのものと思っていた。

一方、真珠は刺座の上部に穴があって、そこから蜜が分泌しており、緋翔竜のような小突起は見当たらなかった。

フェロカクタス属を数多く観察したわけではないが、蜜の出方に違いがあり、分泌部位の小突起物(残渣)が刺の一部のように残るということがわかりました。

 デンドロビウム、オンシジウム、セロジネなどの蘭も、花の付け根から透明な蜜を分泌しました。ランやフェロカクタス属の蜜の糖類は同じものだろうか?興味はつきない。

*添付写真は緋翔竜の刺座から発生した小突起(蜜嚢?)から蜜が分泌している状態。フェロカクタス属の栽培記録は”カテゴリー、サボ・フェロカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

サボテン紫盛丸 剛毛の花芽

 アカントカリキウム属のサボテン紫盛丸(シセイマル、Acanthocalycium spiniflorm var. violaceum)を購入して3年目、やっと花芽が発生しました。

0805cocolog 頂上の刺座から薄黄緑色の剛毛に囲まれた蕾が4つ。

写真には2cmと0.5cmほどの蕾が2個ずつ写っています。

有刺萼サボテン属ともいうらしいが、花筒の形態はそのものズバリ。

花色はピンク、すみれ色、青味がかった紫、藤紫などらしい。

薄緑の肌や黄緑色の長い刺との対比が楽しみです。

 *なお紫盛丸はウニサボテンに分類されていたりしており、丈夫なサボテン。「サボテン・多肉植物 ポケット事典 平尾博 児玉永吉編 NHK出版」には花の美しいサボテンに分類。また「サボテン100種 奥一著 鶴書房」にも見どころは、"作り易く花もよいところ"としている。画像はクリックすると大きくなります。

重慶飯店で月餅を買う

昨日9日午後、所要で横浜山下町へ。ついでに横浜中華街に行く。

0805cocolog_2 パトカーや警察官の集団がうろちょろし、運転席をジロッと覗き込まれた。

胡錦濤中国国家主席が近くに来られていたのだ。

しかし、沿道には小旗等はなく、唯一、善隣門に「熱烈歓迎胡錦濤主席 訪問横濱中華街」の横断幕があるのみ。警備の都合で中華街までは来られなかったようだ。

大通りの雑踏は何時も通り、肉まんを頬張るギャルばかり。

私は5%割引券を配っていた重慶飯店で、月餅や桃仁夾心などの中華菓子(1個200円程)を慌しく購入した。

*画像はクリックすると大きくなります。

サボテン豊麗丸の黒い蕾

ロビビア属のサボテン・赤花豊麗丸の蕾が膨らんできました。

0805cocolog 今年は調子良いのか、一昨年に伸びた所に花芽が沢山つきました。

蕾は真っ黒。先端はうっすらと紅。まさに黒い炎。

もうすぐ、桃~赤色の花を眺めることが出来ます。

*豊麗丸などの栽培記録は”カテゴリー、サボ・ロビビア属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

室内温室最後のパフィオ

 ラン(蘭)のパフィオペディルムが今年も薄紫の花を咲かせてきました。

 0805cocolog_2 シースが伸びだしてきてから二ヶ月。

 今はミズゴケが乾燥しないようチェックしています。

 この斑入り葉のパフィオは植え替えしていないのに、年々、大きな株になってきました。

 濃赤紫の長い花弁ペダルが特徴的なベレニス(Paph..Berenice.)の方も2輪咲いています。開花から一ヶ月経ちますが まだまだ元気。

 冬の間、室内ビニール温室内にあった胡蝶蘭、デンドロ、ミニカトレア達は植え替えられて、もう屋外に置きっ放し状態。

 最後になったパフィオペディルムの花が終わると、半年振りにビニール温室を取り払うことが出来ます。

 *蘭の栽培記録は”カテゴリー、ラン・蘭”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

ロビビア・マイラナの黄色い花

ロビビア属のサボテン・マイラナが今年も大きな黄色い花を咲かせてきました。

0805cocolog 3月中旬、花芽が出来てから2ヶ月目の開花。

自分の体より、大きな漏斗状の花。今年の花色はオレンジ色が濃い。

小さな蕾はまだ10個ほどあり、群生している子にも花芽がついている。

これから順番に咲き続けるだろう

昨春、植え替え時に少し伸びていた新根に、根ジラミが吸い付いていましたが、オルトラン顆粒を蒔いていたので、今年は1匹もいませんでした。

やはり、花サボテンが咲いてくれると、元気になりますね~。

*マイラナなどのロビビア属の栽培記録は”カテゴリー、サボ・ロビビア属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると大きくなります。

国のシンボル 柱サボテン切手

 南米スリナムの記念切手、オランダ領からの自治権獲得5年目(1959年)の切手中央に描かれている3種の植物を眺めて。

 Suriname1959 右中央に柱サボテンがオランダ領アンティルのシンボルとして描かれている。

 オランダ領アンティルとは? カリブ海に浮かぶオランダ海外領の島。この国発行の切手をみると確かに柱サボテンも描かれている。オランダ領アンティルに編入していたアルバの切手も見ると、海岸に群生している柱サボテンを魅力的な特徴ある風景として紹介している。

 グーグルアースで眺めてみると、アルバ島ArubaのHooiberg(*1)やボネール島Bonaireのワシントン・スラグバイ国立公園(*2)では枝分かれした巨大な柱サボテンやイグアナとのツーショット、柱サボテンのフェンス等を見つけた。またキュラソー 島Curacaoでもクリストフィールバーク国立公園(*3)などで柱サボテンを見ることが出来た。

 これらの島に自生している柱サボテンはStenocereus(Lemaireocereus) griseus, Subpilocereus repandus, Pilospcereus(Cephalocereus) lanuginosus。

 先にベネズエラ1983年発行の南アメリカ大陸発見400年記念切手を紹介しました。オランダ領アンティルの位置はべネズエラ沖でもあり、コロンブスも見たであろうハシラサボテンを連想してしまいました。

  サボテンのうち団扇サボテンはメキシコ、マルタの国旗、国章に取り上げられ、メロカクタスではTurks Head Cactusがイギリス領タークス・カイコス諸島、そしてハシラサボテンがオランダ領アンティルで国のシンボルとなっていることがわかりました。

 オランダ領アンティルに自生している柱サボテンの写真は下記のグーグル・アースの位置を参考にしてください。 

 *1. 12 31'02.80"N 69 59'43.97"W

 *2. 12 16'05.72"N 68 23'53.99"W

 *3. 12 20'58.72"N 69 06'36.63"W 

<以下は余談> 切手中央のに描かれている他の植物について。

 チューリップはオランダの国花。今頃はキューケンホフの広い公園内で咲き誇っていることだろう。なお、チューリップはトルコ原産でありトルコ国花。イスタンブール・ブルーモスクでもタイルや絨毯に図案化されたチューリップを沢山見つけました。勿論土産に伝統的なチューリップ柄のタイル(鍋敷き)を購入している。

 中央の赤い植物はスリナムのシンボルの花で、Hekiconia psittacorum(ヘリコニア・プシッタコルム)らしい。苞の色が赤色。

 *画像はクリックすると大きくなります。ここで紹介したスリナムやアルバ、オランダ領アンティル等の西インド諸島、メキシコ、ベネズエラ、マルタ、タークス・カイコス諸島のサボテン切手は”サボテンの切手帳”をご覧下さい。

ヒメシャガの花 対称美

アヤメ科のヒメ(姫)シャガが今年も薄紫の花を咲かせてきた。

Photo 3つの花弁の複雑な模様とシンプルな対称美がすばらしい。

半日陰の木陰に置いたまま.なのに、毎年少しずつ根塊(根茎)が伸びて、鉢縁まで達していたのに気がついた。

花後、新しい用土(日向土主体)に植え替えてやろう。

*画像はクリックすると大きくなります。

サボテン新天地の酔白色の花

  ギムノカリキウム属のサボテン新天地?の花が昨年より1ヶ月早く咲き出した。

0805cocolog 蕾は1株に20個ほど。それが順次、大きくなり、開花。

写真の花は開花3日目。色は薄いピンク、径4cmほどのつぼ型。中央に柱頭が見えている。

私の新天地?は実生3兄弟ですが、姿、大きさ、刺の出方や数、花の色などが微妙に異なっている。写真はピンクが一番濃い花。

新天地の花色では「原色シャボテン 平尾 秀一著 加島書店 昭和38年」に、くすんだ桃又は酔白色という記述がある。

そういえばそうだ。

ほんのりピンクが注した色を酔白色というのならこの花はピッタシと感じた。

*画像はクリックすると大きくなります。新天地などのギムノカリキウム属のサボテンの栽培記録はカテゴリー、”サボ・ギムノカリキウム属”に投稿しております。興味ある方はどうぞ。

サボテン緋花玉が咲き出す

ギムノカリキウム属のサボテン緋花玉が赤黒い花を咲かせてきました

080504cocolog 昨年より1ヶ月遅れの開花。本体の調子が今一歩よくありません

生長部の肌が褐色に一部変色し、また下部も濃緑色の肌が薄くなってしまいました

根の一部が赤腐れしていたので、その影響かもしれない

他の蕾も大きくなってきていますが、まだ吸水はしていない

他のギムノカリキウムも同様に蕾は大きくなってきているが、吸水はまだ

古株になると、ちょっとしたことでも心配になる

早く生長開始してくれないかな~

*画像はクリックすると大きくなります。ギムノカリキウム属のサボテンの栽培記録はカテゴリー、”サボ・ギムノカリキウム属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

フェロカクタスの蜜腺と蟻

 フェロカクタス属のサボテン、真珠やレコンテ玉の刺座上の蜜腺から、透明な蜜が出てきました。

 080502cocolog 蜜はべとべとして刺を汚すし、蟻が寄ってきてすす病などの病気を媒介するので、歯ブラシで洗い流したりしています。

 こんな厄介な蜜ですが、その出方の様子は、私の数少ないフェロカクタス属のサボテンでも違いが見られています。

 白刺金鵄玉は蜜を出さずに元気良く生長している。

 黄色い花が咲き終わった緋翔竜では、刺座から2mm程度の蜜嚢のようなものが出てきています。

 もう甘いのが判るのか写真のように蟻がたかって、この袋をかじっています。

 どうなるか時々、上から眺めています。

*画像はクリックすると大きくなります。フェロカクタス属のサボテンの栽培記録はカテゴリー、サボ・フェロカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。”

 

サボテン地久丸の新刺、花芽

ウイギンシア属のサボテン地久丸にどうやら花芽が着いたようです。

080501cocolog 生長部中央の白い綿毛のなかに茶色い蕾が覗き出しました。

赤黒い新刺も発生してきた。

小苗を購入して3年目。

やっと、黄色い花を眺められるかどうかです。

*画像はクリックすると大きくなります。地久丸の花、栽培記録は”カテゴリー、サボ・ノトカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。このブログ内のキーワード検索は画面右下にあります。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ