サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« サボテン紫盛丸 剛毛の花芽 | トップページ | 鉢植えニオイバンマツリ 2分咲き »

フェロカクタス 刺座の小突起

 サボテンのフェロカクタス属は春先、刺座から蜜を分泌することは良く知られています。私の緋翔竜や真珠もこの時期、甘い蜜を分泌し、蟻が寄って来ています。

 080512 緋翔竜では、黄色い蜜嚢のような突起物が刺座上部から3mmほど飛び出て、その頂点から透明な蜜が出ていた(写真参照)。なお、突起物の大きさには差がある。

 突起物は数日後、萎れだして硬くなり、そのまま残った。

レコンテ玉、竜眼の古い刺座にも、この小突起物があった。今までは未発達の刺そのものと思っていた。

一方、真珠は刺座の上部に穴があって、そこから蜜が分泌しており、緋翔竜のような小突起は見当たらなかった。

フェロカクタス属を数多く観察したわけではないが、蜜の出方に違いがあり、分泌部位の小突起物(残渣)が刺の一部のように残るということがわかりました。

 デンドロビウム、オンシジウム、セロジネなどの蘭も、花の付け根から透明な蜜を分泌しました。ランやフェロカクタス属の蜜の糖類は同じものだろうか?興味はつきない。

*添付写真は緋翔竜の刺座から発生した小突起(蜜嚢?)から蜜が分泌している状態。フェロカクタス属の栽培記録は”カテゴリー、サボ・フェロカクタス属”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

« サボテン紫盛丸 剛毛の花芽 | トップページ | 鉢植えニオイバンマツリ 2分咲き »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテン紫盛丸 剛毛の花芽 | トップページ | 鉢植えニオイバンマツリ 2分咲き »