サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« サボテン金鯱実生苗2年目 橙色の刺 | トップページ | ナメクジ退治に追われる »

ブライスキャニオンでは雪

ザイオンに近いブライスキャニオン国立公園Bryce canionは、フードゥーHoodooという尖塔が林立し、他とは趣が違った。

Bryce904cocolog ここは、標高2000mぐらいの高所によるのか寒風が吹き、トレイルの下は凍結していた。

翌日のサンライズ・ポイントでは雪のため視界ゼロ。

Bryce0904cocolog もっと時間があれば迷宮のなかで探索したかったところ。

*グランドサークル観光は”カテゴリー、旅行・地域”にまとめております。興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると拡大します。このブログ内のキーワード検索は画面右下にあります。

« サボテン金鯱実生苗2年目 橙色の刺 | トップページ | ナメクジ退治に追われる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

岩の間の緑色に見えるところにはサボテンも自生しているんですか。

緑の木は針葉樹ポンデロサ松、ダグラスモミなどで、この木の下の植相は貧弱で、ブライスキャニオンではサボテンは見かけませんでした。しかし、下に降りていませんので、現場確認はできておりません。
なお、"Canyon country Wild flowers"という本でもウチワサボテンは、この針葉樹林帯は自生環境に該当していませんでした。
 ところが、グランドキャニオンでは、このような針葉樹林帯にウチワサボテンを2,3個見かけましたので、全く生えないということはないかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテン金鯱実生苗2年目 橙色の刺 | トップページ | ナメクジ退治に追われる »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ