サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« サボテンにカマキリの幼虫 | トップページ | 青王丸 まん丸黄花 »

アルゼンチン・サボテン切手2

2日続けて晴天。ノトカクタス青王丸、レブチア金簪丸、偉宝丸、ギムノカリキウム新天地、緋花玉、ロビビア黄花!緋裳丸、パロディア錦繍玉等の花サボテンが咲き続けています。

これら玉サボテンの自生地は、ほとんどが南米・アルゼンチン。

そのアルゼンチン北部フフイ州ティルカラ村Tilcaraの風景を織ったTapestryの切手デザインについて。

日干し煉瓦の家の間にArgentina1982 燭台のような樹木が多数織られておりますが、これは枝分かれたCardonであると推察しております。

世界遺産ウマワカ渓谷Quebrada de humahuacaのティルカラ村には先住民の住居跡が残っており、その遺跡にはCardonと呼ばれる大きな柱サボテン(黄鷹Trichocereus pasacana)が多数生えております。

グーグルアースPanoramioでも、このサボテンの林立する風景を容易に見ることが出来ます。下記位置をコピペして、ジャンプしてみてください。 23 35'09.63"S 65 24'12.33"W

標高2500mにある殺風景な村のシンボルはCardonであると納得されると思います。玉サボテンでなくて、スイマセン。

なお、先月のグランドサークル旅行で、お土産Rain stickについて紹介しましたが、アルゼンチンでは、このCardonをRain stickに用いているようです。

*各種サボテン切手については”サボテンの切手帳”におさめております。

興味ある方はどうぞ。画像はクリックすると拡大します。このブログ内のキーワード検索は画面右下にあります。

« サボテンにカマキリの幼虫 | トップページ | 青王丸 まん丸黄花 »

グーグルアース遊」カテゴリの記事

サボテンの切手」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

グーグルアースでサボテンのある風景を見ることが出来ました。
ありがとうございます。

ところで、こちらのブログを私のブログでご紹介しようと思うのですが、いかがですか。

サボテン自生地の風景、たくさん見られましたか。
私は、こんな風景の中で一日中、ぼーつとしたいです。  もう行なわれているかもしれませんが、Panoramioの写真を出して、その画像をDCすると、拡大します。
 今年1月13日の記事にも主な自生地をまとめておりますので、観光がてらどうぞ。
 このブログを、サボテン好きの人達への御紹介、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテンにカマキリの幼虫 | トップページ | 青王丸 まん丸黄花 »