サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« 鮮麗玉 立ち上がる | トップページ | ヒメヒャラの白花と葉 »

マツカナ属自生地の地図切手

マツカナ属のサボテンMatucana madisoniorum奇仙玉と、その自生地Baguaを示した地図切手について。

そのペルー切手には赤い花が咲いた奇仙玉と自生地、ペルー共和国Amazonas州のBagua北東部、が切手右側の地図に表示されています。

Peru2000 サボテン本で調べたら、この奇仙玉は,この狭い地域にしか自生していず、しかも乱獲にあっているようだ。

更に150km程、マラニヨン川上流のカハマルカ州バルサス村Balsasも Matucana krahnii, M. formosa, M. weberbaueriなどの自生地と知りました。

さて、ペルーのサボテン、マツカナ属の自生地を示した珍しい地図切手だ、勉強になったと思っていたら、とんでもないニュースが配信されてきた。

ペルー共和国アマソナス州、バグア近郊でアマゾン地域開発(熱帯雨林での木材伐採や石油開発など)をめぐって先住民と警察が衝突し、緊張状態にあるようだ。

衛星写真で見ると奥深いアマゾン山中の盆地ですが、その周辺に自生するマツカナや受粉を媒介するハチドリなどにも開発の危機が迫っているなと、ニュースの脇読みをしてしまった。

*画像はクリックすると拡大します。ペルーの各種サボテンの切手については”サボテンの切手帳”にまとめております。興味ある方はどうぞ。このブログ内のキーワード検索は画面右下にあります。

« 鮮麗玉 立ち上がる | トップページ | ヒメヒャラの白花と葉 »

サボテンの切手」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・マツカナ属」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

乱獲と開発で犠牲になるのはいつも物言わぬ弱い者達ですね。
むやみやたらと現地球をありがたがるのは、慎みたいものです。

本当に、まだ未発見の動植物が沢山あるはずだし、自生地の環境保護という観点は当然欠如。希少種の実生栽培に力を入れなくては・・・(私の技術がグーンと向上すれば)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鮮麗玉 立ち上がる | トップページ | ヒメヒャラの白花と葉 »