サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 黄花サボテンを撮る 5 | トップページ | レブチア橙蝶丸 群開する »

サボ銀紐実生苗 9ヶ月目

エキノケレウス属のサボテン・銀紐の種を撒いて9ヶ月経過しました。

30度を越えるフレーム内の環境下で伸びだし、更に、拗れていた幼苗も生長を再開してきました。

1006 写真の大きなものは5センチ位。春先に植替えした時、既に直下の根は4ミリ程に丸く膨らんでいました。

現在、夕方になると垂れ下がるので、爪楊枝で支えています。

なお、奥には同時期に実生をしたフライレア・”豹の子”も写っております(緑色の大きな苗や赤く小さい幼苗)。

この陽気の内にどんどん生長!! 気ばかりあせる。

<以下は余談>

なぜこのように実生苗の大きさに差が出てしまったのか。

1.大きい幼苗は根張りが良かった。

2.肥料を抱えていた。写真の大きな銀紐、”豹の子”の根は有機肥料を抱えていた。

「根張りが重要で、タイミング良く肥料を吸収すると大きくなる」のは判った、さて、どうすればよいのか?

*銀紐、豹の子の種は”カクタス・へんてこりーな”のqueiitiさんからの頂き物です。

*画像はクリックすると拡大します。サボテンの実生栽培の記録は”カテゴリー、サボ・実生栽培”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

« 黄花サボテンを撮る 5 | トップページ | レブチア橙蝶丸 群開する »

サボテン実生栽培」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・エキノケレウス属」カテゴリの記事

コメント

銀紐はここまで育てば、後2年ほどで花が咲くでしょう。

あと2年ですか。それまでに鉛筆ぐらいの太さになってもらわないと、独り立ちできません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄花サボテンを撮る 5 | トップページ | レブチア橙蝶丸 群開する »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ