サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 摺墨にギンウワバ | トップページ | 恵比寿笑い実生苗 落葉 »

マダガスカルのサボテン 2

多肉植物の宝庫マダガスカルでは、外来のウチワサボテンが繁茂しているのですが、

その証を切手から見つけようとチェックしてきました。

添付1972年発行の切手には、アンゴラヤギ(Angola goat、フランス語ではChevre Mohair)とマダカスカル島、国旗が描かれています。

Amalagasy1972sその山羊の向こうに、刺つきのウチワサボテンが写っているのを見つけました。

やはり、雑草化しているのだと、今更ながら確認できました。

なお、メインのマダカスカル産モヘア製品は、残念ながら家にはありません。

ともあれ、マダガスカル切手の中に、サボテンが登場してました(多分唯一では)。

*前回の記事は、2008年10月2日参照

<追記>

 TV番組「世界の果てまでイッテQ!」アフリカスペシャル、マダガスカルにてイモトがベローシファカVerreaux's Sifaka(インドリ科のサル)と競争した場所には背丈ほどのウチワサボテンが繁茂していました。

**画像はクリックすると拡大します。各種サボテン切手の画像については”サボテンの切手帳”にまとめております。興味ある方はどうぞ。

« 摺墨にギンウワバ | トップページ | 恵比寿笑い実生苗 落葉 »

サボテンの切手」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

この団扇は国連で”侵略的外来生物”に指定されているOpuntia strictaかも知れませんね。

そのO.stricta、以前、当ブログでも、オーストラリアのCactus mothによるウチワサボテン退治にも登場していたのを思い出しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 摺墨にギンウワバ | トップページ | 恵比寿笑い実生苗 落葉 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ