サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« シルバーの技能講習を修了 | トップページ | アルジェリアのウチワサボテン »

Lithops本が届いた

先に注文していたリトープスの本*が届きました。

ペラペラめくると、多数のリトープス実物大の写真があり、楽しく眺めることができました。

Lithops2010cocolog しかし、リトープス大事典というより、気楽な全般的な読み物という感じ。園芸種も出ているので有難いです。

とはいえ、本文については、リトープスの各部位や形、色等についての簡潔明瞭な表記は日本語でもイメージしにくいのですが、英語だと更に苦戦してます。

何しろ、タイトルのThe Veldも?

これから拾い読にして、なんとか判ったようにしたい。

*Lithops  Treasures of The Veld, Steven A.Hammer , British Cactus and Succulent Soc.iety. 2nd edition 2010

*画像はクリックすると拡大します。

« シルバーの技能講習を修了 | トップページ | アルジェリアのウチワサボテン »

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

生ける翡翠、生ける瑪瑙、まさに生ける宝石ですね。
リトープスは全くの初心者です。教えを請いたいと思います。

心強いお仲間が増えました。こちらこそよろしくお願いします。
丁度、リトープスの現地表現のところを読んでいました。
Beeskloutjies(子牛の蹄), oogies(小さい眼)、Hottentottenpopos(ホッテントットのお尻)、jelly plants, living stones, living stone cactus等と呼ばれているようです。美しい表現が無く、直接的なのは、土に埋もれているからなのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シルバーの技能講習を修了 | トップページ | アルジェリアのウチワサボテン »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ