サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« フレームを発泡スチロールで内張り | トップページ | もうアカダニ被害! »

サボテンの櫛

南米大陸文明の起源と考えられているペルー・カラル遺跡からサボテンの刺を用いた櫛が出現していたことを知りました。

ひょっとすると、これは人とサボテンとの接点の最古の証かもしれません。

このカラル遺跡は、ペルーの首都リマから北方140キロほどのスーペ川Supeの丘の上にあります。

Caral1101cocolog NHKハイビジョン特集 ”古代アンデス文明~第5の文明”では、4代文明と同時期、紀元前3000年~紀元前1800年にかけて栄えたこの地域の遺跡、祈りと音楽の世界について詳細に報告しておりました。

宗教儀式シャーマニズムが行なわれた10個のピラミッドとその更新の仕組み、横笛が出土した円形広場、ひし形の神の目(悪魔よけ)、シクラといわれる小石を葦の網にいれて土台をつくる仕組みなどに惹きつけられました。

また同時期のベンタロン遺跡の赤と白の神殿、チャカーナといわれる古いアンデスの十字架構造の祈りの場などもあること、

さらに、スーペ川河口のアスペロ遺跡と綿花と魚の交易などにもなるほどと感心!。

2009年世界遺産になったばかりで、発掘の国家プロジェクトは進行中であり、砂に埋もれていた文明が次々明らかになっており、南米の文明を知る上で、ここの情報は今後も見逃せません。

グーグル上の位置は下記のとおりです。興味ある人はグーグルアースを起動させて検索してみてください。

カラル遺跡Caral: 10 53'27.85"S 77 31'17.55"W

アスペロ遺跡Aspero: 10 48'54.42"S 77 44'29.21"W

ベンタロン遺跡Ventarron: 6 48'17.34"S 79 45'33.34"W

*画像はカラル遺跡の円形広場。クリックすると拡大します。
カラル遺跡出土のサボテンの櫛の姿は、こちら

« フレームを発泡スチロールで内張り | トップページ | もうアカダニ被害! »

グーグルアース遊」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フレームを発泡スチロールで内張り | トップページ | もうアカダニ被害! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ