サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« エビサボ・ダビシー 開花しだす | トップページ | コノ暁鐘 色づく »

こだわりの景清

ピンクの花が並んだマミラリア属のサボテン景清を見ると、つい手が伸びてしまいがち、

しかし、そろそろ丸4年になる景清実生苗を育成中なので、ここは我慢してます。

といっても、立派なサボというわけではありません。

1102_2 さあ、これからと思った実生1年目で根際が腐り、急遽短毛丸に接いで生き延びました。

その後、短毛丸の中心が生長し、押出されてきたため、昨年5月に切り外し、自根になった苦労多い苗です。

接ぎ降ろし時、小指の先程度でしたが、11月に元気な赤い根が3本出ているのを見てホットしました(発根で苗が浮き上ったので確認できました)。

それから3ヶ月、

この寒い時期でも写真のように新芽が伸び、親指くらいの大きさになって、ハイ、ピース!

そのうち”超多毛景清”となるのを楽しみにしております。

*画像はクリックすると拡大します。

<追記> それから5か月後に姿はこちら

« エビサボ・ダビシー 開花しだす | トップページ | コノ暁鐘 色づく »

サボテン実生栽培」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・マミラリア属」カテゴリの記事

コメント

私、いまいち景清の魅力がどのあたりにあるのかピンときません。マミラリアの中でも目立たない存在のように思えます。

”蓼食う虫も好き好き”というと景清に刺されるかもしれません。サボテンらしいサボテン、引立て役、普通がとりえ、かもしれませんね。私はスパイス付けました。

なるほど、王道サボテンというわけですね。

昔から店先に置いてある地味なサボテン、今では郷愁感あります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エビサボ・ダビシー 開花しだす | トップページ | コノ暁鐘 色づく »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ