サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« サボテンと多肉植物の切手 再公開 | トップページ | このフェンドレリィ 絶滅危惧種? »

サボ子房から子吹き

サボテン・マイラマ、花後膨らんでいた子房から子吹き!!!。

親株とそのカキコしかないので膨らんだ子房には種もなく、

1108そのうち、萎れるはずだった。

どっこい、子房の刺(毛)座から芽が出ることもあるのだ!

cooパパさんのところでは、花筒から蕾がでてきたりして、不思議だな~。

*写真:中央の穴の開いた子房から、同じ大きさの子が出ていました

« サボテンと多肉植物の切手 再公開 | トップページ | このフェンドレリィ 絶滅危惧種? »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

コメント

さぼらんこんにちは。かさねです。

親株から新しい株が出てくるのを、「子咲き」というのですね。普段はじっとしているように見えるサボテンたちに、ある日、小さな変化を見つけると、うれしくなってしまいますよね(●^o^●)
私は、今年の春から育て始めたシーリアナから、約1か月前に小さな子吹きを発見し、少しずつ大きくなるのを眺めては、ゆったりした時を過ごしています。(シーリアナは私好みの丸い形、しかも棘が天然パーマのようなくりくりした生え方で可愛く、増えていくのが楽しみです。)

ところで、最近サボテン栽培は、私にとってとても大切な趣味であると同時に、意外な天敵であることに気がつきました。それは紫外線!!サボテンを愛でにちょこっとベランダに出たつもりが、そのいとしさにうっとりし、時の経つのを忘れ・・・そして、気が付けば、思いがけずの日焼でほっぺがひりひり。最近では帽子をかぶり、長そで着用でベランダに出るのを心がけています。(一応まだ・・・たぶん・・・乙女なので(笑


かさねさんへ
子吹きの子を眺めると、勢いもよいので気持ちよく、なんか得した気分にもなりますね。
カールした刺のシーリアナのこと知りませんでしたので、本で調べてみました。ボリビア産のLobivia schieliana、赤~黄色の花が咲くようです。
丁度今年、その変種のLobivia schieliana v.leptacantha、こちらはペルー産で刺が長いタイプの種を撒きました。
こちらの生後3か月の幼苗は、まだ小さく、帽子も被ることできないので、真っ赤に日焼けしないように、寒冷紗などで調節しています。ちなみに私は真っ黒です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテンと多肉植物の切手 再公開 | トップページ | このフェンドレリィ 絶滅危惧種? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ