サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

エクチプム 蕾伸びだす

コノフィツムのエクチプムConophytum ectypumに薄紫の蕾が伸びてきました。

今朝、花芽がチョコット見えてきたなと思っていたら、もう明日には開きだしそうです。

Ectypum1109cocolog
虫に齧られてもへこたれません。

斑入り大津絵

リトープス・大津絵C350の斑が目立ってきました。

日に焼けて赤紫色になった割面に白く襷掛け。

1109白筋は窓を通り越し、表側面の途中で終わっています。

元気に生長中のリトープス達、あと1か月経てば花が見られるかもしれない。

なお、日に当たって皺もみえますが、朝になれば張りが戻ってきます。

イースターリリー かき子に初花

サボテン・イースターリリーの”かき子”に初めてついた蕾2つが同時に伸び、昨晩開花しました。

親株より一回り小さな花ですが、それでも7センチ位あります。

21109他のロビオプシスや短毛丸の蕾も動きだし、今週中には開花するようです。

パルディカラー 白花咲く

コノフィツムのConophytum pellucidum 'pardicolor'が咲き始めました。

今年早々仲間入りしたまだ小さい株です。

Pardicolor1109cocolog
先日の植替え後、虫に齧られても元気に小さな白花を咲かせています。

最低気温も20度を下回り、良い季節になってきました。

ところで今晩、NHKBSプレミアム、 グレートネイチャーにてソノーラ砂漠の絶景が放映されるようです。

 ”大砂漠奇跡の絶景 ▽驚異サボテン世界一”というタイトルを見たらもう見逃すことはできません。 

早速、録画予約しておきました。

金竜 日焼け

エビサボテンの金竜が日焼けしているのに気が付きました。

直射日光が当たった刺座上は見事、白褐色に!

1109たまには鉢まわして、裏側の苗も丈夫にしなければと180度回転してしたのが失敗かな。

素ガラスの温室のなかで、こんな軟弱に育てたつもりではなかったのですが、後の祭り。

今度は90度にしよう。

ウチワサボテンとドウッガ遺跡

チュニジアは、ウチワサボテンをデザインした切手を1906年に発行し、メキシコについで古い発行国であることを前回、紹介しました。

今回は、世界遺産とサボテンをデザインした一番最初の国ということでまた登場しました。

Aatunisia19225添付切手は1922年発行、ドウッガ遺跡とアラブ人です。ウチワサボテンが右端にしっかり描かれています。

Douggaはチュニジア北部にある最大級のローマ遺跡で、1997年世界文化遺産に登録されています。

切手背景の建物はキャピトルThe Capitolという神殿です。

切手発行後、背景の建物が世界遺産となったというだけのことですが、ご容赦。

古い切手を眺めるとチュニジアではウチワサボテンは身近な植物と推察できました。

参考までにドウッガ遺跡のグーグルアース上の位置は:36 25'21"N 9 13'5"E

リトープス 身割れ

リトープス2つが身割れしてしまった。

1つは頂面、虎斑の窓模様が寸断。

1109もう一つは側面がスパッとスライスされ、3分の一程度がつながっている状態です。

それぞれ、秘かに期待していた実生苗でした。

原因は水のやりすぎ。今年は植替えしていないので吸水しやすかったようだ。

休眠明けで生長し始めてきたのに、もう来年に期待するしかなくなりました。

トホホ・・・

ナミビアのアロエ切手

ナミビアに自生しているアロエ3種、Aloe striata spp. karasbergensis, Aloe variegata, Aloe gariepensisの切手が今年発行されました。

アロエとしてはGiant Quiver Tree(Aloe pillansii)についでの初登場となります。

Aanamibia20111縞模様のある葉、大きく花茎を伸ばした姿が繊細に描かれており、日本人好みのタッチと思います。添付切手はAloe striata spp. karasbergensisです。

この植物画はAnja Denkerによるものでした。

彼女はナミビア切手に度々登場しており、スイカDevil's clawもその1枚でした。

兄Helge Denkerも奇想天外やメセンなどの切手を手掛けていたことがわかりました。

他のアフリカ諸国と違い、ナミビア切手は植物を忠実かつ緻密に表現しています。

今、この2人に注目しています。

グラキリス 結実か?

ツルビニカルプス属のサボテン・グラキリスは蕾が逐次伸びだし、現在4個目が開花中です。

先に咲いて萎れた花柄が腐らないように取り除こうとしたら、どうやら結実しているようです。

1109傷つけるといけないので、そのままにしてます。

なお、この小さな子、6個の蕾がそのまま萎れてしまいましたが、まだ生気ある蕾が10個ほど残っています。

グラキリスのパワーがここに集中している感じ。

コノフィツム 齧られた

コノフィツム4株が昨夜、虫に齧られてしまった。

写真は頭の半分を齧られたルイザエ。褐色のC.pellucidum 'pardicolor'や暁鐘などもつまみ食いされました。

1109夏の間に萎れたり小さくなってしまい、やっと張りが出てきたばかりというのに!

昨日、室内にいて放したコオロギの幼虫の仕業かな?

それにしても、元気なリトープスは齧らず、弱っている苗を攻撃するとは、鋭い嗅覚!

リトープス 脛かじり 

今回、リトープスを植替えせずに水やりした結果、今のところ順調に膨らんでいます。

特に小さい苗には、植替えダメージが無くて良かったみたいです。

Lithops1109cocolog
写真のリトープスは、遅い時期に2重脱皮し、そのまま夏越ししてしまった変わり者です。

2重脱皮後、旧葉(新葉)が吸収されずに、新葉(新新葉)も中途半端に止まってしまってます。

混植しているので、そのまま様子見です。

<追記> このままの状態で11月、新葉に蕾が伸びてきました。

多肉・万象 咲き始める

多肉植物の万象、花穂は20センチくらい伸び、下の方から蕾が開きだしました。

1109つぼ状の小さい花でした。

鑑賞する置き場所はどこかな~

Pereskia quisqueyanaが国花になった

木の葉サボテンのPereskia quisqueyanaがドミニカ共和国の国花national flowerになったようだ。

2010年に発行されたドミニカ共和国の花切手のうち、Cereus hexagonus(現地名Cayuco)とPereskia quisqyeyana(=P.quisqueyana, 現地名Rosa de Bayahibe)を調べました。

Dominicanflowersその内、Pereskia quisqueyanaは、”The cactus family”によって、イスパニョーラ島の南東部の海辺に自生していることがわかりました。そしてラ・ロマーナ州La RomanaのBayahibe町に、わずかに自生している固有種で、1977年フランス人の植物学者Alain Henry Liogierにより発見されたということ。

そして、今年の夏、径5-7センチのピンク色の花Pereskia quisqueyanaは、今までのMahoganyに代わってドミニカ共和国の国花となったということ。

この属のサボテンを栽培したこともなく、生半可な情報ですが、木の葉サボテンが国花になったことは大変嬉しいニュースです。

ちなみにペレスキア属17種のうち、5種はドミニカ共和国に自生しており、2種が固有種(P.quisqueyana,  P.marcanoi)とのこと。

ヤモリ 出現

玄関先の壁に黒いものが動いたので、凝視したらヤモリ!

尻尾を振り振り5,6歩。結構愛嬌のある歩き方でした。

1109
何十年ぶりに壁に張り付く姿を見て驚くとともに、

ここにも生息しているのかと驚きました。

熟した子房に蟻

サボテンの地久丸、自家受粉して熟した子房が伸びてくる時期となりました。

そのままにしていたら、蟻が執拗にピンクの子房の中をうかがっていました。

1109
種を狙っているのでしょう。

実生苗も育っているので、掃除を任せました。

リトープス 水やり開始

今朝はコオロギの鳴き声を聴きながらリトープスの水遣りを行いました。

今回は植替えせずに、頭からたっぷり3か月ぶりの水を掛けました。

1109夕方には、殆どの株に張りがでてきて、吸水の早さに驚いています。

カラカラの細い根が水を待っていたかのようです。

写真は、夕日を浴た花紋玉系実生苗(丸4年目)です。

花柄のカビで疣赤褐色

台風12号による長雨でツルビニのグラキリス、花柄が黴ていました。

疣が薄黄色くなっていて危険信号!翌日、周囲が赤褐色となって萎縮してしまいました。

1109昨日の晴れ間もあり、なんとか進行が止まっているようです。、

柔らかい子にできた花なのでこんなことになったようです。

それにしても、14個ほどの蕾がある径1センチの子に驚かされます。

*画像はクルックすると拡大します。現在3個目の蕾伸長中です。

多肉・万象 花穂が伸びだす。

多肉植物ハオルチアの万象Haworthia maughaniiの花穂が10センチ程に伸びてきました。

Maughanii1107cocolog_5
この一株しか栽培していず、咲けば初見になります。

今のところ動いているので、安心してます。

北朝鮮のサボテン切手

今年8月に北朝鮮からサボテンの切手帳が発行されました。

花サボテン4種,Gymnocalycium schuetzianum, Rebutia euanthema, Rebutia xanthocarpa,

Notocactus herteri.

Ankorea2011s相変わらずこってりした色艶。

バッタや蝶々などの昆虫も不自然に追加されていて商魂みえみえ、デザインも今一でした。

ところで、昨夜の北朝鮮とのW杯予選、ロスタイムではなくアディショナルタイムまで勝利を信じていてよかった。 

今夜は、なでしこ日韓戦!

*画像は切手帳の表紙です。

 

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »