サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 長城丸も咲きだす | トップページ | ロビビア実生苗 もう子吹き! »

インカクエバの岩絵

今夕、テレビ番組”The 世界遺産”にて、アルゼンチン・フフイ州のウマワカ渓谷の自然と文化を視聴しました。

添付画像は、世界遺産を記念して2004年に発行された切手で、渓谷の全体像と人物、建物、動物などが登場しています。

Humahuaca2004この番組を見て、なるほどと判ったことがあります。

右上の行列場面は番組で紹介されたカーニバルであり、前から2番目の人物は悪魔(先住民の神を表現)の衣装を着ていること。

さらに、左中央はインカクエバの洞窟Inca Cuevaに描かれた約1万年前の岩絵であることも判りました。ここの岩絵にはグアナコ、ダチョウ、シャーマン?も描かれているようです。

なお、テイルカラ村コクタカの遺跡の紹介もあり、大サボテン(カルドン、黄鷹)も登場してました。

今まで疑問に思っていたことが、この番組で少し解決できました。

*縮小画像はクリックすると拡大します。

« 長城丸も咲きだす | トップページ | ロビビア実生苗 もう子吹き! »

サボテンの切手」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そんなプログラムがあったとは気がつきませんでした。
ウワマカ渓谷でしたか、残念。

30分番組でしたが、私にとっては結構細部まで、岩絵やカーニバル、切手図案で何?と思っていた栄養豊富な穀物キヌアChenopodium quinoaについても紹介していました。
TBS ”The 世界遺産”の公式サイトに15枚ほど写真が載っています。渓谷風景、7色の谷、ドレスアパリシオ博物館の女性のミイラ、 ティルカラ遺跡、段々畑のコクタカ遺跡、インカクエバの洞窟、悪魔がよみがえるカーニバル風景と衣装などです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長城丸も咲きだす | トップページ | ロビビア実生苗 もう子吹き! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ