サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

今日はレブチアデー

今日は曇り、レブチアの日でした。エビサボの明石丸、三光丸は晴れを待っていました。

写真は群開してきたレブチア・偉宝丸の姿です。

1204宝山に比べると濃い赤ではありませんが、これもまた良いものです。

パープレクサ 可愛い花

レブチア属のパープレクサ、暖かくなり蕾が次々開きだしてきました。

Photo写真は薄紫色の3花。全体キュート!

昨夜からロビオプシスのイースターリリーも開花しています。

こちらは香りもふりまき、ゴージャス!

21204


それぞれ魅力的です。

*縮小画像はクリックで拡大します。

満開状態のパープレクサの姿はこちら

銀紐実生苗 初花!!!

エビサボの銀紐実生苗Echinocereus poselgeriが開花しました。

6センチ径の桃色大輪花、花弁が平らに開きました。緑の柱頭とともに、花糸も幾分緑色でした。

1404cocolog昼の太陽を反射して、天使の輪ができてます。

種を蒔いて3回目の春、一番背の高い苗がまず咲きだしました。

queiitiさん、すてきなプレゼントありがとうございました。

*銀紐実生苗の生長記録はカテゴリー、”サボ・エキノケレウス属”の記事を参照ください。

縮小画像はクリックすると拡大します。

黄裳丸 開花

ロビビアの黄裳丸実生苗が咲きだしました。

昨年、身割れしてしまった苗です。

1204これは丸い花びらで、可愛らしい姿の黄花です。

暖かくなり、これから同期の苗も次々咲きだしそうです。

*縮小画像はクリックすると拡大します。

ボリビア・ラパスのサボテン

アルバから発行された花切手に、Echinopsis lageniformis(Dama Di Nochi)の白花が取り上げられていました。

このエキノプシス、ボリビアの首都ラパスLa Pazが故郷ということを知り。チョット調べてみました。

 以前、Shabomaniac!さんが紹介された" Cacti and Succulents in Habitat, Ken Preston-Mafnam"のボリビア章冒頭、ラパス市の路肩にも自生しているTrichocereus bridgesii が紹介されています。これがEchinopsis lageniformisでした

Aruba2011高さ5メートルほどになる樹木状のサボテンのようです。もしかしたら、イリマニ山のハシラサボテンは、このエキノプシスかもしれないと、勝手に想像し楽しんでいます。

 次にラパス郊外の"月の谷Valle de la luna"で2種のサボテン、反対斜面の草地でLobivia backebergiiを報告しています。 このサボの花と姿をみて、昨年蒔いたのがLobivia backebergii V. larae WR264。実生苗の数は少なくなりましたが、なんとか生き残っています(但しCochabamba産)。 実生3か月目の姿はこちら

カリブ海の小島アルバの切手によって、今回ボリビア・ラパスのサボテン達に繋がりができました。

蛇足:Echinopsis bridgesiiも紹介されているのですが、Trichocereus bridgesii と混同している業者カタログもありました。

エビサボ明石丸 3週遅れで開花!

今日は朝靄が発生した後、快晴となってきました。日焼けしやすいサボには寒冷紗やティシュを、急遽被せました。

一方、この光を待っていたエビサボの明石丸Echinocereus pulchellus var amoenusが昨年より3週間遅れで開花してきました。

1204花びらが多い割に引き締まった名花。

他のエビサボの蕾も膨らんできました。銀紐や三光丸の花、待ち遠しいな。

なお、長城丸、摺墨、コマケファラ、パープレクサの赤紫~桃色の花も開花中です。

*縮小画像はクリックすると拡大します。

リトープス3世代

リトープスの脱皮も着々と進行し、旧葉は退色して薄汚れた姿になってきました。

写真の”脛カジリの実生苗”もその一つ。白花が咲いたのち、身割れしながら分頭してきました。

31204
そして今、3世代の葉が共存してます。爺婆の旧葉も吸収されずに残ったまま。

この先どうなるのかな。

昨年秋の姿はこちら

リトープス 脱皮佳境

リトープスの脱皮は、今が佳境。しかし、これからというもの、二重脱皮の苗などもあり心配ばかりです。

写真は花紋玉系実生苗の現在の状態です。今期は15株中4株が開花(白花)し、分頭してきたものは8株となりました。

1204_2もう、この鉢では窮屈そうです。

昨年11月、元気だったころの状態は、こちら

今年も女子プロゴルフ観戦

今年も川奈へ女子プロゴルフ大会・フジサンケイ・レディースの観戦に出かけました。

途中、肌寒い海風のためスタンドを降りたところチャリティーの呼び込みがあり、サイン色紙2枚を頂きました。

1204今年初戦に初優勝した斉藤愛璃プロと、今日のベストスコアの大江香織プロの色紙です。試合後、売り子として奉仕されていた大江プロに、目の前でサインしていただきました。

今年活躍が期待される若手人気プロのサイン色紙に大満足してます(ミーハーです)。

<追記>帰宅後、フレーム内を点検すると、エビサボの摺墨が開花したようです。

<追記> 祝初優勝、 大江香織プロ。 ニューヒロイン誕生、東北の星!!! この試合に関する新聞記事は切り抜いておこう! それと、サインのこれは(下方一部見えます)、山形のサクランボということを知りました。

パープレクサ 初花

今年初めて着蕾したレブチア属のサボテン、パークレクサRebutia perplexaが開花しだしました。

見慣れたレブチアの赤、黄花と違って、ライラック色の花は新鮮!

Perplexa1204cocolog2年前、この花色を見込んで、購入しました。

群生状態の子にも蕾が発生しだし、これから十分楽しめます。

*写真は、植替えしたばかりのパープレクサの状態。クリックすると拡大します。

アルビニカ 分頭する

リトープスのアルビニカ(白花黄紫勲)、分頭して脱皮が進んできました。

購入してから1年半、今期は白花も咲きました。

1204まだ扁平状態を維持してます。

*購入した頃の姿は、こちら

牙城丸実生苗 初花

フレーム内の温度も上昇し、ツルビニの牙城丸の蕾が開きました。

queiitiさんから種子を頂いてから、まだ2年も経っていません。

1204
小さい苗のため、この冬を越せるか心配でしたが、意外に丈夫。紫色の肌も緑色になり元気に生長しだしました。

なお、同期の烏丸実生苗も一斉に咲いています。

薫光殿に蕾

マミラリアの薫光殿実生苗にどうやら蕾が発生してきたようです。3月の植替え時には、疣腋に変化なく、花は来期と思っていました。

実生2年半で、大きな花を眺めることができそうです。

1204_2またブーリーやルエッティにも花芽がでてきました。

写真では、白刺が邪魔して、中央の花芽に焦点が合っておりません。

<追記> 5月、紫紅花の開花時の姿はこちら

新天地 蕾の模様

ギムノカリキウムのサボテン、海王丸、緋花玉や新天地に蕾が見え出してきました。

写真は新天地の蕾を真上から撮ったもの。

1204
赤黒く縁どりされた模様をみると、毎年ホットします。

*写真はクリックすると拡大します。

マウガニー 真っ赤

サボの植替えは、ほぼ一段落しましたので、久しぶりにコノフィツムやリトープスのお世話です。

といっても新葉は大きくなり、脱皮も中盤を過ぎているので、水やりなどせずに単に清掃。

Maughanii1104cocolog
マウガニーOphthalmophyllum maughaniiは、この日差しで真っ赤になっていました。

表面はグミの感触。

芯があるようなので、それ以上悪戯はやめました。

開花時は、くすんだ緑色でした。

宇宙殿 開花一番

エビサボの宇宙殿が本日、開花しました。

派手なようですが1204、落ちついた色合いです。

エビサボテンの一番に咲きだしました。

時期を同じくして、他ブログでも開花報告もあり、いよいよエビサボの花のシーズン入りです。

これは斑入り?

エビサボ、ルリ兜とツルビニに黄色い実生苗があり、これって斑入りなのか?

1.Echinocereusu triglochidiatus SB1067・・・全体が黄緑色、他の苗より小さめ。
1204
2.赤花ルリ兜・・・実生苗の一番小さな一つが、全体黄緑色。ルリ兜錦というなのか?
3.ツルビニのスワボダエ・・・今年になって発生した疣が黄色い苗が数個。単に若葉色ということかもしれません。

実生2,3年の苗、全体が黄斑なのでこの先どうなるか注目してます。

銀紐 花芽上向き

エビサボテンの銀紐実生苗、今年初めてついた花芽は少しずつ大きくなってきました。

写真はその様子。蕾が上向きになるように傾いています。

1204さらに、他の#2~5の実生苗にも、花芽が発生してきました。

その位置は、北東~東向きの刺座ばかり。

どうしてかな?

1204_2
左の写真は、今日開花した花笠丸。昨年より数が少なかった。

麗光殿実生苗 子吹き

 マミラリア・薫光殿の植替え作業の順番が回ってきました。
細根や太根を整理していたら、幹から生きよい良く新根がでていました。
1204ほとんどの薫光殿は、寒さと乾燥で縮こまっているのですが、春を感じている苗もあるようです。

 
また、よく引っかかる鉤刺を見ていたら、小さな子をつけた麗光殿もありました(写真中央下部)。

 1204_2


写真は今日開花した黄花、ロビビアの白麗丸とフライレアの亀の子です。

アロエが開花

鉢植えのアロエ千代田錦?が初めて花穂が伸び、開花しました。

レンガ色の花は、寒さで紫色に変色している葉に映えていました。

Aloe1204cocolog珍しくもないアロエでしょうが、数センチ程度の苗からやっとここまで来ました( ^ω^ )

エリオシケ実生苗 2種頂く

先日、アイハルさんのpolyhedronを見て、エリオシケ実生苗のプレゼント企画に応募したものが届きました。
① Eriosyce taltalensis v. pygmaea 'Calderana'  FK132
② Eriosyce subgibbosa v. nigrihorrida FK22

 この1年生、ぷっくりして根も活き活き。一人前に育つよう大切にしていきたいと思います。
アイハルさん、どうもありがとうございました。

Eriocyce21204cocolog フィールドナンバーから①はチャナラル空港の北方、標高190メートル程の山に自生しているようです。ここはタルタルの町から100キロほど、エコ観光で知っていたAzucarから20キロ南方でした。さらに南方に行くとCalderaという町があります。名前はそこ由来なのかな?

 ②は年初”竜とサボテン・多肉植物切手”にて紹介した クン竜玉Neoporteria nigrihorridaであることを知りました。

これからの楽しみが増えました。

 

 
 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »