サボテンの華

  • ギガンティアの蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 貴宝青 少し元気になる | トップページ | レッド・ミーチャー 開花 »

サボテンの花 ライラック色は数年後

 フレーム内を華やかにしているサボテンの花はそれぞれ魅力的ですが、以前、庭にライラックの木を植えていた関係で、紫の中でもライラックの花色に惹かれて実生を行っています。

 昨年、Lobivia maximiliana v. violacea WR735 と  Lobivia wrightiana KK1545を蒔き、順調に5センチほどに生長してきました。しかし現在も可愛らしい玉サボテンとは、ほど遠い徒長した姿です。

Lobivialilac1206cocolog数年後、ライラックの花が咲く季節にフレーム内でもと期待している苗です。

一方、先月、ライラックの名前がついた Rebutia minuscula 'xanthocarpa v. lilacinorosea' を蒔いたのですが1粒も発芽していません。園芸品種なので発芽率は良いのかなと思っていましたが反対でした。 これはまた出直しです。

 現在の紫盛丸、ルエッティ、ブーリー、エビサボ類、パープレクサ、すみれ丸、紫式部などの紫系統のサボテンを栽培してますが、興味(収集欲)は尽きません。

*写真上は Lobivia wrightiana KK1545、下はLobivia maximiliana v. violacea WR735。縮小画像はクリックすると拡大します。

Lobivia wrightiana KK1545、実生2か月後の姿はこちら

<追記> 2014年には、この3種全て開花しました。

« 貴宝青 少し元気になる | トップページ | レッド・ミーチャー 開花 »

サボテン実生栽培」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。R.minuscula ´xanthocarpa v. lilacinorosea´ですが去年7月頭に25粒蒔いたところ無発芽で、乾かして一ケ月冷蔵庫に入れ,9月にふたたび腰水したところ18粒発芽しました。
お試しください。
ちなみに仕入れ先はSuccseedです。

 こちさん、はじめまして。経験に元ずく貴重な情報、どうもありがとうございました。大変良い成績に元気づけられました。
蒔いて一月経ちましたので、早速、虫メガネと極小ピンセットで黒い種を1粒ずつ回収しました。レブチアの中でも小さな種なので、粘りと集中力の要る作業でした。
 グットニュースになりましたら、ご報告したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貴宝青 少し元気になる | トップページ | レッド・ミーチャー 開花 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ