サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« ユタ州、州旗とサボテン切手 | トップページ | 京都・床もみじ 観光へ »

タイヨウチョウとアロエ切手

そろそろアロエが咲きだす時期となってきました。 

この花の蜜を吸いにメジロが訪れてきますが、これがアメリカではハチドリ、アロエ原産の南アフリカではタイヨウチョウとなることを知りました。

 Botswana1997
 添付切手は1997年ボツワナ発行のタイヨウチョウMarico sunbird(Cinnyris mariquensis)です。金属光沢の羽毛に目が留まりますが、私はその足元の葉や背景の大きなアロエに目が移ってしまいました。 このアロエ、全体の姿や分枝した花穂から、アロエ切手としても登場したことのあるAloe mariothiiと推察してます。

ググると、このアロエにはかなり蜜があるようで、このタイヨウチョウが良く訪れるということが判りました。

ところで、これはハチドリHummingbirdの一種かなと思いましたが、

Aloe1211cocolog ハチドリはアマツバメ目で南北アメリカに生息する鳥で、タイヨウチョウSunbirdは全く違うスズメ目タイヨウチョウ科ということ、アジア、アフリカ、オーストラリアなどの熱帯、亜熱帯に生息していることを知りました。

やっと、英語表記理解しました。

*写真下は、11月上旬、南伊豆町アロエセンターで唯一咲いていたアロエ(不明種)。キダチアロエのアロエ祭りは12月になってからのようです。

« ユタ州、州旗とサボテン切手 | トップページ | 京都・床もみじ 観光へ »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

多肉植物の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユタ州、州旗とサボテン切手 | トップページ | 京都・床もみじ 観光へ »