サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 緑の紅大内玉 | トップページ | 縮玉に蕾が見えてきた »

刺の紅葉

今朝は一段と寒く、初めて霜柱。フレーム内も零度近くになっていましたが、ディスコカクタス、メロカクタスなど今のところ異常ありません。

昨年と今年の実生苗達も元気で、寒くなるにつれて刺が赤く色づいたロビビアも2,3種ほどあります。

Roseiflora1212cocolog写真は昨年蒔いたLobivia acanthoplegma v. roseifloraの刺の紅葉、予想もしなかった自然な表情です。

ボリビアの高地では、もっと赤く染まっているのかな。

Lobivia acanthoplegma v. roseifloraの昨年6月(発芽時)の姿はこちら。1年半でずいぶん大きくなりました。 縮小画像はクリックで拡大します。

« 緑の紅大内玉 | トップページ | 縮玉に蕾が見えてきた »

サボテン実生栽培」カテゴリの記事

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

コメント

棘の紅葉ですか、不思議ですね。
一年半前に、あんな繊細な毛根を出していたチビ苗がこんなに一人前にしっかりして来るのも不思議です。

こちらも取り寄せた種子のラベル貼りを終えましたので、いよいよ冬実生のシーズンに突入です(w)。

アイハルさん、コメントありがとうございます。
実生したサボが生長したと振り返るのも楽しですね。
 冬実生の準備完了となると辰年生まれと巳年生まれの仔になるのかな。 洗練されたノウハウの成果、期待してます。また参考にさせていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑の紅大内玉 | トップページ | 縮玉に蕾が見えてきた »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ