サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« Echinocereus viridiflorusの実生苗 | トップページ | リトープス 明るい縁 »

Saint-Louisのバオバブ

 Saint-Louisはセントルイスではなくサンルイ。セネガル北西部、セネガル川の河口にある都市です。1659年フランス人によって建設され、フランス領西アフリカの首都としても栄え、
植民地時代の歴史的建造物が残っているとして世界遺産に登録されています。

Mali1959 添付の切手は1959年12月11日、マリ連邦から(当時のスーダン共和国とセネガル共和国が合併)、サンルイ建設300年記念として発行されたものです。
女性の背景に、ムスタファ・マリク・ゲー橋と結ばれているサンルイ島や砂州の鳥瞰図や建物、そしてセネガルを代表するバオバブの樹が描かれています。

 それではとグーグルアースで訪れると、花が終わって実になりつつあるバオバブ(Adansonia digitata)を街角で見つけることができました(位置:16 2'11.67"N 16 30'17.01"W)。
バオバブの白い花は時間がたつと赤茶色になるんですね。

 ところでサン=テグジュペリは、ここを訪れて星の王子様を書いたようです。ひょとしてこの樹も見たかもしれません。

 なお、マリ連邦は翌1960年6月フランスから独立しましたが、すぐセネガル共和国(1960年8月)とマリ共和国(1960年9月)に分裂した消滅国家です。
そして現在、ご存じのようにイスラム過激派が支配するマリ共和国北部ではフランスが軍事行動を起こしており、ユネスコは北部の世界遺産トンブクトゥなどの保護を各勢力に呼びかけています。

« Echinocereus viridiflorusの実生苗 | トップページ | リトープス 明るい縁 »

グーグルアース遊」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

多肉植物の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Echinocereus viridiflorusの実生苗 | トップページ | リトープス 明るい縁 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ