サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« パキポディウムの白い肌 | トップページ | Matucana haynei v. atrispinaの実生苗 »

ボリビア・ラハのサボテン

 南米観光案内のパンフレットが今日も届いた。毎回同じ企画が殆どですが、今回はウユニ塩湖に目が留まった。

 サボテンが林立するウユニ塩湖のインカ・ワシ島。なかなか魅力的。

 しかし、ボリビアはウユニ塩湖が3660m、首都ラパスは3593m、スクレは2750m、ポトシは4000mと全体に標高が高く、考えただけでも頭が痛くなりそう。

 Bolivia1998
 さて添付写真はラパス市建設450年記念切手。1548年当初ラハRajaに町が建設されましたが、厳しい気候のため1年後に36キロ離れた現在のラパスに移動。 それゆえ切手の建物はラハにある当時の面影を残す古い教会でした。 

そして、その教会の前庭に柱サボテンが植込まれていることが判ります。 この様子をグーグルアースで確認したところ、同じようなサボテンが写っている写真が載っていました。

・・・

今日も朝から猛暑、強い日差しでまいっています。

 フレーム内のボリビア高地産・レブチア実生苗達、例えばRebutia pygmaea 'hagei' v. canacruzensis WR642は、しなっとなりながらも暑さに耐えていますが、私はクーラー下の室内に閉じこもっています。 軟弱!

*縮小画像はクリックで拡大します。 ラハの古教会のグーグルアース上の位置は16 32'12.03"S 68 23'7.14"W。

ウユニ塩湖のインカ・ワシ島のサボテン(黄鷹)の切手はこちら

 

« パキポディウムの白い肌 | トップページ | Matucana haynei v. atrispinaの実生苗 »

サボテンの切手」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パキポディウムの白い肌 | トップページ | Matucana haynei v. atrispinaの実生苗 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ