サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 麗虹玉も生長 | トップページ | 菊章玉を購入 »

足柄古道を散歩

 近くに鎌倉時代の箱根越えの足柄古道があることを知り、名所めぐりしながら散歩に出かけた。といっても箱根の足柄峠の付近ではありません。

Photo出発場所は御殿場線下土狩駅(昔の三島駅)。まず、西側の河岸段丘を下って”鮎壷の滝”へ。三島溶岩流の末端の断崖にかかる名滝です。七人の侍、少林少女などの映画撮影も行われた所。今は伊豆半島ジオパークの構成資産ということで再評価されているようです。

さて、 ここまではJRのウォーキングコースになっているのですが、滝上の場所までいって、”本宿用水のトンネル入り口”を確認。慶長8年(1603年)に黄瀬川から取水し、下流の本宿耕地へ流れた灌漑用用水路。トンネルの長さは280間(509m)とのこと。 後年、ここで水争いが起こっている。

 1310再び旧246号に出て、斜め向かいの小道(足柄古道)をぶらぶらしながら下った。標識も面影もない巾4mほどの道です。新幹線のぶつかると東側に、金銅製の馬具や銀象嵌の鍔などが出土した”原分古墳”。 現在、都市計画道路沼津・三島線の立体交差ため移設復元された。

ガードを抜ける辺りは一里塚があったようだが、もう痕跡もなし。少し行くと土狩5百塚の一つ、”麦原塚古墳”。高さ3.5mほどの円墳(未発掘)。

煙草屋踏切を横切って下ると安政6年の俳額がある”本宿庚申堂”。 

特殊東海製紙会社正門にぶつかって今回はここが終点。

2、3キロほどでしたが、色々史跡があって郷土を知るいい機会でした。

1310_2
最後に、道中、大きな蕾の付いたスタぺリアを見かけた。

*縮小画像はクリックで拡大します。

« 麗虹玉も生長 | トップページ | 菊章玉を購入 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麗虹玉も生長 | トップページ | 菊章玉を購入 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ