サボテンの華

  • Lobivia hertrichiana v. simplex
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • シマハナアブとリトープスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« フォーエバー切手 | トップページ | リビングストンデージーは国花!? »

リトープスの薄皮

 脱皮も大分進んだリトープス達。 水やりしていないので、薄汚れてきました。

その中で、花紋玉系の一頭がおかしな姿になっていました。

1404 写真のように新葉に突起物が一本出ていたこと。二つ目は、その新葉表面に透明な薄皮が覆っていたことです。

刺のような突起物は昨年も発生し、2回目となります(別苗)。 

一方、初めて見る”透明な薄膜”の正体なんだろうか? 

古葉の隔壁部分が刺に引っかかって剥がれてしまったのか?

おかしなことがあるもんだ。

*縮小画像はクリックで拡大します。 昨年のお岩さんの姿になったリトープスはこちら。脱皮後の新葉には突起物は無く、頂面の模様も正常に戻っていました。

« フォーエバー切手 | トップページ | リビングストンデージーは国花!? »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

珍らしい現象ですね、私はリトープスの経験少ないのですが見たことが有りません。
サボテンを思わせるような棘?にもお目にかかっていません。正体は何でしょうかね。

貴ブログ以前から気になっておりました。
色々と情報交換させて頂ければ考えております。
宜しくお願いいたします。

白翁頭さん
コメントありがとうございます。
この薄膜は内面の表皮と思っていますが、顕微鏡で覗いても、特別な構造は認められませんでした。突起物は固くてなっていて、周辺の窓模様も乱れるのでいやですね。原因は未だ判りません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フォーエバー切手 | トップページ | リビングストンデージーは国花!? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ