サボテンの華

  • Lobivia backebergii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

« 紫盛丸実生苗に初蕾 | トップページ | エビサボの塊根 »

土中の子

まだサボテンの植替え最中。毎日同じ作業の繰り返しです。

写真はツルビニの蕪城丸。良く子吹きして群生状態になりますが、この苗も土の中の疣から子吹きしていました。日に当たっていないため青々して弱弱しいです。

1404 植替え後、また用土の中へ。

顔を出すのは夏頃かな。

*縮小画像はクリックで拡大します。左の子は用土の上に出ています。

« 紫盛丸実生苗に初蕾 | トップページ | エビサボの塊根 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ツルビニカルプス属」カテゴリの記事

コメント

棘も幼くて可愛い仔ですね。

うちでも、アンシストロカクタスの金羅紗が枯れたと思った親株の脇から仔を出して来ました。
サボの生命力には驚かされます。

少し遅れていますが、うちでも蝦サボの季節が到来しそうです。

アイハルさんへ
コメントありがとうございます。アイハルさんのフレーム内は華やかになっていますね。
私のフレーム内でも、ダビシーに次いで、ルサンタス、ラウイや三光丸の蕾が伸びてきました。
 それと、冬場加温していないので縮んでしまったツルビニ実生苗(ハウエル、牙城丸や烏丸など)が気温上昇とともに膨らんでくること、その生命力に期待しているところです。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫盛丸実生苗に初蕾 | トップページ | エビサボの塊根 »