サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 今週のマツカナ | トップページ | 珠毛柱 子吹きする »

イエローピタヤ

サッカーW杯は、決勝戦に進むためには強豪コロンビア戦に勝つのみとなってしまいました。

いつも通り、この機会にコロンビアのサボテン切手について調べ直しました。

コロンビアの主要輸出産物には、エメラルドやコーヒー、バナナ、熱帯果実等があります。

Colombia_1992_2

添付の1992年発行の輸出果物切手の初日カバーには、イエローピタヤYellow Pitayaを頬張るセニョリータ。 

”おいしいですよ! たくさん食べてくださいね!”と言ってます。

よく見かけるドラゴンフルーツ・赤(Hyloereus undatus)はサッパリしすぎて、数口で十分なんですが、このイエローピタヤ(Hylocereus megalanthus)は、大変甘いようです。

一度は味見したい!

ところで、肝心の輸出果物切手、イエローピタヤやバナナは見つけられましたが、種類が豊富過ぎて判りませんでした。

右は切り花。これも有名ですね。

*縮小画像はクリックで拡大します。

なお、これまでコロンビアのサボテンについては切手を手掛かりとして、グアヒーラ県の紋章農場風景、グーグルアースで探した自生地などを紹介してきました。ご興味ある方はどうぞ。

« 今週のマツカナ | トップページ | 珠毛柱 子吹きする »

サボテンの切手」カテゴリの記事

切手」カテゴリの記事

コメント

今春、植物防疫所から送られてきた書類に、サボテンではヒロセレウスのフルーツだけが輸入規制対象品になっていたと思います。
全く輸入できないのか、消毒すればよいのか、気を付けて読まなかったので定かではありませんが。

queiitiさんへ
コメントどうもありがとうございます。

このピタヤを食べたいため、色々調べました。
おっしゃるようにドラゴンフルーツはミバエなどの病害虫がいるため厳格な蒸熱処理による植物検疫証明書がなければ持ち込みや輸入もできないようです。
 しかし最近は沖縄など暖かい土地でイエローピタヤの栽培を行っているようです。そのうち、当地のスーパーでも見つけることができるのではと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のマツカナ | トップページ | 珠毛柱 子吹きする »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ