サボテンの華

  • 紅鷹
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

アブラゼミ 一休み

猛暑が続いて外に出るのも億劫です。

夕方になってフレームを覗きにゆくと、寒冷紗の上にアブラゼミ! 暑さに参っていたのかな。 

暫くそのままでしたが、急にチィと鳴いて飛んで行った。

1507

ロビビアの花 これが最後かな

 フレーム内で咲き続けているサボは、ツルビニとマツカナ、マミラリア、フライレア、奇想丸程度。静かになってきました。

それが今朝、ロビビアのゼケリィLobivia zecheriの花が咲きました。 ただ残念なことに猛暑ゆえ、この華やかさは半日だけでした。

これが今期最後のロビビアの花かも。

Zecheri1507cocolog

恵比寿笑い 猛暑に開花

今朝、パキポの恵比寿笑いが開花しました。写真のように12センチほどに伸びた花茎に黄色の一輪です。脇には側枝の6センチの花茎も。

今日も強い日差しと猛暑ですが、何事もなく咲いています。

1507_3


金鯱 蕾と花殻

サボテン金鯱に三つ目の蕾が膨らんできて、明日にでも開花しそうです。

写真はハウスの裏側から撮ったもの。中央が蕾です。右は昨年の花殻、左は今年の花殻です。

31507
今年咲いた金鯱の花は、こちら

ディスコに爽やかな蕾4本

猛暑が続いておりますが、一層元気なのがディスコカクタス・金子ギアンティアです。

今季花座が形成した実生苗に4本の蕾が伸びてきました。

先日咲いた苗と同じバッチの種子由来ですが、刺で出方、大きさ、蕾の色等が異なっています。

この暑さに爽やかな薄緑色。今夜は真っ白な花です。

41507

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

鮮麗玉 猛暑に花

6月中旬に20数輪咲き現在生長中の鮮麗玉に2輪、今朝開きました。

これで見納めとなります。

1507

海水浴へ

この週末、南伊豆へ家族旅行にでかけました。

砂が熱かった。

Photo

恵比寿笑い 長い花茎

先日発生してきた恵比寿笑いの花芽は、その後ぐんぐん伸びて6センチ程になってきました。

花茎は短く、幹から直接咲くイメージでしたので大変驚いています。

この時期は水やりをたっぷり行っているので、写真のような姿になったと思ってます。

なお、2個目の花芽も伸びてきています。

1507
*以前咲いた時の花の姿はこちら

新天地の萎れた蕾?

ギムノの新天地からでてきた歪な蕾は、開花に至らず途中で萎れてしまった。

この蕾(らしきもの)は先々月に咲いた刺座から2つでてきました。

花筒らしき部分は緑色のまま。おかしな萎れ方です。

半世紀になる実生古株なので、色々あります。

1507
*写真左(7月23日)、写真中(7月16日)、写真右(6月26日)

*見苦しい写真なので名誉挽回、この新天地の紅白の美花はこちら

 

パキポの一葉

実生4年になる恵比寿笑いの小苗下部に小さな葉を発見。

これから、この芽が順調に生育すれば4方向目の枝となります。

暑くなって調子が良く、幹は長径6センチ、短径4センチほどになりました。

どうか、秋までこの調子で!

1507

*自家受粉で得たこの実生苗、発芽一月頃の姿はこちら

今朝はマツカナの花

当地は梅雨明け。 日差しが強く、暑くなってきました。 フレーム内ではマツカナの蕾が勢いよく伸びてきました。

写真は変わり映えしませんがMatucana weberbaueriの三輪です。

Weberbaueri1507cocolog

猛暑の恵比寿笑い

暑い日が続いて、軒下のパキポディウムは調子よくなってきました。

その一つ、緑の葉で被われた恵比寿笑い実生苗を眺めて驚いた。

なんと花茎が伸びていました!(写真中央付近に花芽)

春は不発でしたが夏の黄花、拝めるかも?

1507

*この実生丸6年になる苗の黄花はこちら

今朝はレッドミーチャー

ロビオプシスのレッドミーチャーのピンクの花が咲きだし、軒下が華やかになりました。

なお予想に反し、匂いは漂っていません。

1507

今年のL. zecheriは濃赤

7月中旬になってもフレーム内のロビビアLobivia zecheriは、ポツポツと大輪の花を咲かせております。

今朝は花弁がスッキリした花が咲きました。しかし予想外の濃赤色!

 今年、この実生苗の赤褐色の初花が気に入って、寄せ植えから単独の鉢植えにしました。 元気よく生長して、まずますだったんですが、こんなにも花色は変わるもんですね。

Zecheri1507cocolog

*この苗の1年前の初花はこちら

*別実生苗の先月咲いた花はこちら

短命な赤花

ここ二日ほど暑い日が続いております。 フレーム内では赤花のロビビア、Lobivia saltensis v. multicostata TB418.1が早朝から咲いていました。

ただ、この暑さで花弁は午後になると縮れてしまうのが残念です。

写真のように横から見てもバランス良い花です。

Multicostata1507cocolog
 ところで、近くで催された質流れ品の大即売会に出かけました。驚いたことに中国人がたくさんおり、宝石、時計、バックなどを爆買いしておりました。地方都市の催し物でも目ざといですね~  なお、私はこの様子を眺めているだけで何も購入しませんでした。

*種名の由来についてはこちら

*実生丸1年の頃の姿はこちら

桃源丸が結実

5月末に咲いたサボテンの桃源丸が結実しました。 今年も一輪しか咲きませんでしたが、写真のような実を見たのは初めて。

その時期はエキノプシスやロビオプシスなどが同時に咲いていたのでそれと受粉したのかも。

実を割るとジェル中に黒い種子40個。

子吹きするし、大きくなるので実生する気はありませんが、とりあえず水洗、消毒して冷蔵庫に保存しておきました。

1507
*桃源丸の今年の大輪花はこちら

月世界 実生子苗たち

久しぶりに当地は朝から青空。気温も高くなり、フレーム内の湿気が一掃できました。

また、今年の実生幼苗は日照不足で上部が変色しだしましたので、大変有り難い陽の光です。

写真は昨年の実生子苗・月世界たちです。少しずつですが、大きくなって来ている感じがします。

1507

明石丸に再び蕾

5月に咲いたエビサボの明石丸に再び蕾が出てきて、明日にも開きそうになってきました。

元気だから蕾と思いますが、偏っているのが気になります。

1507

綾耀玉 斑点色々

ディンテランタス属のバンジリーDinteranthus vanzylii(綾耀玉、リョウヨウギョク)は脱皮を済ませて、一層象牙色になってきました。

硬く締まった姿と斑点模様が魅力的。斑点少ないタイプも良い感じです。

Vanzylii1507cocolog

*Dinteranthus vanzylii Poortsberg ivory rocklike top, red lines

*昨年4月の様子はこちら。余り大きくなっていませんが、消滅しなければ良し、気長に。

寿麗玉リトルウッディの模様

一昨年播いたリトープス寿麗玉の幼苗は脱皮、生長も一段落し、これから夏眠です。

写真のリトルウッディLithops julii 'littlewoodii' C218は、幼苗時は鼠色で冴えませんでしたが、脱皮後に現れた頂面の模様と色は多種多様で大変面白い。

白灰色系の寿麗玉以外に、内縁に口唇状模様の個体(ホットリップス?)、外縁に線模様とか茶褐色の窓や溝の苗までいろいろ。

ピンクのギザギザ模様(pinkish jagged top)になるのかな。

Littlewoodii1507cocolog
*実生1年時(昨年10月)の姿はこちら。上三列左側のリト達です。

ビロウドコガネに齧られた

今朝、ロビビア・ペントランディLobivia pentlandii WR201の子苗上部が齧られてしまった。 なんということ!

雨天なので昨夜、ナメクジ対策として新トラップやビールを買ったりしてセットしときましたが、こちらは獲物無し。

貪欲な齧り跡から、もしやと思ってアクリテックを用土に散布。30分後に点検したら8ミリほどのビロウドコガネが隣の鉢に転がっていました。

以前実生苗を齧られたことがあり、近くの用土にビロウドコガネが潜っているのではないかという勘が当たりました。

梅雨の時期は色々な害虫が出没して困ります。
1507_2

写真は痛々しいロビビア・ペントランディと犯人のビロウドコガネ

金子ギガンティア 三輪

昨夜開花した金子ギガンティア、早朝フレーム内を覗くと幸運にもまだ開いていました。

一年ぶりの香りは、意外にも爽やかでした。

雨雲が垂れこめているので、くすんだ白に写っているのが残念。

1507

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいですheart
ありがとうございました♪

金子ギガンティアは今夜白花

午前中は外に出られないほどの豪雨でした。

フレーム内では金子ギガンティアの三本の蕾が伸びだし、今夜咲きだしそうです。

1507

金竜 たくさん咲く

 遅咲きのエビサボテン、金竜が咲きだしてきました。

今年は幹が良く太ったため蕾は十個以上。薄紫の大輪花なので本体見えなくなりました。

1507cocolog

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ