サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« エビス笑いが咲きだした | トップページ | パキポ天馬空をカット »

音が聞こえそうだけれど 蕾?子吹き?

昨日に続いてエビサボテンの刺座での出来事です。
ローマ蝦の膨らんだ刺座上の表皮は前日から薄くなり、赤い花芽が日を浴びつつ出てきました。 
現在、10個になり今までの最高数となりました(^o^)
こちらは、破れる前から色が透けてみえるので判りやすい!
1703
 
写真下はフェンドレリー衛美玉Echinocereus fendleri v. kuenzlerii。硬い表皮を破って出てきたのは、蕾?子?  まだ数回しか経験してないのでどちらかわかりません。
・・・写真の蕾跡(右上)より下なのが気になります。 
花の姿も良いし、生長遅いサボなので群生するのも良いです。
 
Photo
 
なお、ローマ蝦同様に表皮を破って出てくるはずのセンシ蝦E. triglochidiatus SB1067には、毎日眼力をかけています。写真は最後の膨隆!
 
しかし、微妙に膨らんでいる所は吸水して元に戻る、あるいは来月以降子吹きするかもしれません。何しろ子吹きが盛んです。
Treglo1703
 
*昨年開花した衛美玉の花は、こちら
*ローマ蝦の前回記事(膨らみ段階)は、こちら
*セン刺エビの前回記事は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

« エビス笑いが咲きだした | トップページ | パキポ天馬空をカット »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・エキノケレウス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エビス笑いが咲きだした | トップページ | パキポ天馬空をカット »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ