サボテンの華

  • ギガンティアの蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 不発の花サボテン | トップページ | 恵比寿笑い種子が飛び散る瞬間 »

刺座の向きが斜め

昨夜、ディスコカクタスの白条冠は初花を迎えました♪
種をまいて八年、やっと一人前です(^0^)
 
写真は同期のギガンティア等とともに午後七時頃の様子です。
1706
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
真上から見ると、蕾は尖っていてピントが? それではとロビビアの蕾の状況チェック。 
すると、稜と刺座の様子が興味深かったので、これが本日のメインとなりました。
 
 
先日マゼンダの大輪花が咲いたロビビア カルデナシアーナでは、白い綿毛(刺座)の向きが、稜に対して斜めになっていました。 黄裳丸などとは全く違います!
 
なるほど、蕾は上の刺に邪魔されず、稜に保護されているんだとガッテン。
 
1706_2
* Lobivia calorubra v. cardenasiana WR498
 
 
他は? ロビビア パンパナでは、稜は刺座で途切れがちになり、右前方に流れるライン上に刺座。 
 1706_3
*Lobivia pampana  WR433
 
ロビビア アカントプレグマでは、更に変化して稜はひし形瘤状となり、その上部に刺座。 瘤は全体ではらせん状配置。
 
これまた蕾は、うまい具合に、隙間にフィットしています。
1706_4
* Lobivia acanthoplegma JK10
 
蕾が発生しているこの時期に、稜と刺座の位置関係には多様な変化が存在することに気づきました(当然のことなんですが・・・手元のサボをじっくり眺めて、個々の魅力を知ったということです)。
 
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

« 不発の花サボテン | トップページ | 恵比寿笑い種子が飛び散る瞬間 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・デイスコカクタス属」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不発の花サボテン | トップページ | 恵比寿笑い種子が飛び散る瞬間 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ