サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ホロンベンセ 刺に刺 | トップページ | コノフィツムの葉 神々しい中身 »

伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の別称”富士見の滝”(2)

マニアックな地元ネタ。伊豆半島ジオサイト”鮎壺の滝”の別称”富士見の滝”を古地図で確認する作業続編です。

 

 

 

今回の資料は、湘南地方と箱根・伊豆方面の温泉場、名勝地を案内した”豆相遊覧案内地図”(大正15年版)です。

 

 

 

 

 

画像は表紙と、沼津町、三島町、長泉村辺りを拡大したものです。

 

 

Photo_3

 

 


 

 

 

 

 

長泉村辺りに、名勝”富士見滝”の赤字表記を確認できました(明治42年版でも同様の表記)。

 

 

 

付録冊子には「・・・三島園内に富士見の滝(一名藍壺の滝)がある。仰いで富士の秀麗を望み伏せば・・・」。

 

 

 

Photo_4

 

 

 

 

 

ということで、前回は昭和30年代の観光地図でしたが、遡って戦前の古地図(明治、大正)でも確認できました。

 

 

 

 

これがジオサイトにどんな意味が? ・・・ そんな真面目に・・・、こんなバカなこと誰もしないでしょうが、小さな字でも私には光っていることなんでね~

 

 

 

 

 

 

なお、地図を細かく見ると、建設予定の熱海線(現東海道線、昭和9年12月1日開通)の接続駅とか、(義経と頼朝の対面の場)黄瀬川が廣瀬川とか、国鉄と私鉄の色分け等は?・・・地元ゆえ気になります。

 

 

 

 

* ”富士見の滝”の前回記事は、こちら

 

 

 

 

 

 

   ご訪問ありがとうございました

 

 

 

 

 

継続の励みとなる”応援ポチ” のクリック、よろしくお願いします

 

 

 

 

« ホロンベンセ 刺に刺 | トップページ | コノフィツムの葉 神々しい中身 »

旅行・地域」カテゴリの記事

伊豆半島ジオパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホロンベンセ 刺に刺 | トップページ | コノフィツムの葉 神々しい中身 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ