サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« リトープス エリーザエ 脱皮で修復 | トップページ | リト留蝶玉、オクラケア等の脱皮:初の分頭 »

残念なリトープス、花輪玉やアクアマリーン

昨日に続いてリトープス。 脱皮段階で失敗に気づき反省していることです。
 
現在、蕾が伸びている紅大内玉以外は脱皮が進行しております。
 
2018
*Lithos optica "Rubra" (2012年実生、岡本種子由来)
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
この時期は、割れ目から見える色鮮やかな新葉や分頭にワクワクするのですが・・・・・・ 薄っぺらの蕾にはガクッともしています。
 
 
例えば、今年初花となるはずだった源氏玉系の花輪玉C78。 
 
真夏に早々と蕾が見えたけれど・・・植え替えして結局 ダメ! 
 
1801
* Lithops gensineae v. annae C78 (2014年実生)
 
 
 
頂面の色だけに注目していたため、この身割れ段階で気が付きました!
 
しかし、分頭していました。
 
1801_2  
* Lithops otzeniana "Aquamarine" C128A (2013年実生)
 
以上
 
失敗談は色々ありますが、秋に一番早く咲き始める黄花系リトの夏場や植替え管理に問題があるようです(反省)。
 
 
* それぞれのリンク先が前回記事になります。
 

« リトープス エリーザエ 脱皮で修復 | トップページ | リト留蝶玉、オクラケア等の脱皮:初の分頭 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リトープス エリーザエ 脱皮で修復 | トップページ | リト留蝶玉、オクラケア等の脱皮:初の分頭 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ