サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 白花恵比寿笑い 実生してるけど | トップページ | 黄裳丸 子吹き?蕾へ! »

マミラリア薫光殿 三苗それぞれ

今朝は想定外!クマゼミが鳴いて、雲間から青空!
 
フレームの蓋を開けるついでに、静かにしているマミラリア薫光殿実生苗の様子を撮ってきました。
 
1807 
 
手前の苗には、黄緑色の実が隠れていました! 
 
これ以上、色付いたことがなく完熟かな。
 
1807_2
 
中央の苗、普段見ない側面を覗くと、たくさん子吹きしていました。
 
 
1807_3
 
奥の苗は、刺が赤褐色の薫光殿。 先月は花盛りでした。
 
 
以上
 
群開した後、一休止している薫光殿の様子でした。(今年は、これが最初)
 
なお、今年は水やり頻度を少なくして、膨れすぎないようにしています。
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 

« 白花恵比寿笑い 実生してるけど | トップページ | 黄裳丸 子吹き?蕾へ! »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・マミラリア属」カテゴリの記事

コメント

さぼらん さま

はじめまして、いつもブログ拝見しています。
プロフィールからして、団塊世代? 私はかろうじて 後の世代です。
実は私もブログを掲載していますが、予約投稿記事(8月7日)に麗晃殿はマミラリア属ではなくクラインジア属です と書きました。
マミラリア属に編入された可能性もあるので、そうであれば訂正が必要かとコメントさせていただきました。
よく 「昔は 何々属だったが、今はこの属に編入されている」と言った記事をみかけるものですから。

ガッテンさん コメントありがとうございます。
 花が咲く金鯱大苗を、軒下に栽培しておりますので、私もそれなり、歳食っています。

麗光(晃)殿の学名の件ですが、”Cactus Family"や”The New Cactus Lexicon Illustrations"で確認すると、Mammillaria guelzowianaとなっておりました。
”Krainzia ・・・と1951年Backebergにより命名されましたが、現在は,1928年の発見者Werdermannが命名したMammillaria ・・・に戻ったということだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白花恵比寿笑い 実生してるけど | トップページ | 黄裳丸 子吹き?蕾へ! »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ