サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 酷暑で燃える エビサボの実 | トップページ | 峨眉山の緑の葉 »

リトープス琥珀玉、東南の角は危険だった 

記録的な猛暑が続いているので、午前中しか日を当てずに注意していたリトープス・・・で失敗したこと。
 
昼頃の移動時、丈夫だと思っていた琥珀玉C143Aの様子が! 
 
シワシワ、プヨプヨ!!  鉢も熱い! 
 
1807c143acocolog
* Lithops karasumontana ssp. bella C143A striking zebraic pattern
 
これからという苗・・・全滅を覚悟しなければ・・・(;ω;)
 
黄色と黒の模様が特徴で、気に入っていたのです・・・
 
 
1807c295cocolog
* Lithops karasmontana ssp. bella C295 very wide jagged Windows
 
この鉢は昨年蒔いた琥珀玉C295
 
実生以来植替えしていないため、脱皮後窮屈になってしまいました(この状態は、風通し悪いので危険です!)
 
一応元気ですが、二の舞にならないように気をつけなければ・・・
 
 
ということで
 
寒冷紗を被せていても、日照が良い場所(上部棚、東南の角)の鉢は要注意でした。
 
反省!
 
 
* リンク先は前回記事になります。 C143Aは別鉢になります。
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています。 ここで~すdownwardleft
 
 
 

« 酷暑で燃える エビサボの実 | トップページ | 峨眉山の緑の葉 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酷暑で燃える エビサボの実 | トップページ | 峨眉山の緑の葉 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ