サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 雨に打たれたパステルカラー | トップページ | 頭部が膨らみだした内裏玉小苗 »

花も華もなし、ロビ群生株

サボテンの花はめっきり少なくなってきた機会に、今年も咲かなかったサボテンの代表二種の現況です。
 
なんといっても一番は、実生六年になるロビビア ラウシー(Lobivia rauschii WR635)。 
 
1808
 
指先ぐらいのが、みな元気! 群生しすぎです(7,80ぐらい)
 
直射日光、乾燥などのストレ、影響なし! ダメージ受ければ、脇の子が伸びるだけ。
 
・・・長い刺が出て、それなりの特徴が現れてきましたが、何時(赤花)咲くのやら・・・
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
1808_2
 
この黄裳丸系シャフェリ(Lobivia aurea v. shaferi R152)は実生5年苗。
 
期待した大輪美花は今季も不発、子が増えるだけ(30~40個)・・・
 
無視すると鉢一杯となって生長停止。 
 
それではと植え替えしましたが、どうなることか。
 
ということで、
思いが通じないロビ群生株の現況です。
 
 
* リンク先は、前回記事になります。
 
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。

« 雨に打たれたパステルカラー | トップページ | 頭部が膨らみだした内裏玉小苗 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨に打たれたパステルカラー | トップページ | 頭部が膨らみだした内裏玉小苗 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ