サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« この花を見れず残念。急遽入院! | トップページ | パキポの白馬城、満開♪ »

病室で読んだメセン小冊子

突発性難聴となってしまい10日間ほどお休みしていました。 やっと回復し、本日退院できました。
 
その間は、ただ点滴を受けるだけ、暇過ぎ。 メセンの古書 "The new GROWING the MESEMBS, ed storms" を眺めてました。
 
58ページの小冊子には、栽培法や62種の簡潔な写真付き紹介。 パラパラ眺め、気分転換。
 
1811_2
 
帰宅後、久しぶりに見るとメセンは着実に大きくなり、花数も多くなっていました。
 
写真の実生コノフィツム カルクルスの様子もチェック。
 
1811_3  
 
というのは、一ページのコノフィツム欄にカルクルスの記述、”自生地では十分な日照下で育っているが、 多くは日陰がある岩の割れ目などに生育”
 
なるほどな~ 棚のカルクルス、一鉢前に移動させてみた。
 
一方、残念だったのは表紙のフェネストラリア。 夏越しと植え替えに再び失敗、一株だけポツンと、トホホ状態(;д;) 
 
以上
明日からサボタニの世話に、再び専念です。
 
* リンク先は前回記事になります。
 
 
 
<追記> 病気について関心あれば・・・
 
1.突発性難聴は原因不明、急に発症しました。
  男子アナの音声や生活音が聴こえなくなり、低い耳鳴り。 声が反響したり、小鳥がさえ ずったり。そして、 ”半分青い”のように傘を 打つ雨音が聴こえず、急遽病院へ
 
2.発症後、すぐステロイド点滴をすれば回復も早い(遅いと回復の遅れ。自然治癒は無い)
  対応できる病院に、即直行すること(私の場合、2か所目で入院、少し遅れました)
 
3.順調だと4,5日目からグングンと回復するそうですが、私は1週間後から音が微かに聞こえだし、ひと眠りするごとに音声になってきました。
 回復初期はパルス音の歌謡曲や金属音だけの回転しない車輪、パタパタしないスリッパなど不快な音の連続でした。
 
4 顔面神経もマヒしており、発症している耳を触ってもザワザワ音がしない(寝返りしても無音)。 聴力が回復するとともに、これも回復しました。
 
・・・参考までに
cloudbook ご訪問どうもありがとうございました。

« この花を見れず残念。急遽入院! | トップページ | パキポの白馬城、満開♪ »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・コノフィツム属」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この花を見れず残念。急遽入院! | トップページ | パキポの白馬城、満開♪ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ