サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ギバエウム無比玉 身割れしてきた | トップページ | 恵比寿笑いの”亥” »

今年の総括、サボタニの華 

 サボタニ画像の整理を行い、今年のサボタニの華を総括。
 
一様に美しい花以外で、印象に残った華やかなものをいくつか。
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1.蕾: 蕾の形や生長の仕方は、それぞれ。  
 
 
雨ざらし下、覆っていた白い綿毛が洗い流されてあらわになった様子です。
 
Photo_6
 
②エビサボのタヨぺンシスの蕾
 
 透明な赤い刺が魅力的。 
 黄色の初花咲く一歩手前で、アブラムシで萎れてしまった。
  
Photo_4
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
  2.花と虫: 花に集まる虫に気が付けば撮っています。
 
 パキポのロスラーツムにミツバチ?が陣取っていて、その表情がおもしろかった。
 結実するかと期待したが、そうならなかった。
 
Photo_3
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
3.結実
 エビサボ衛美玉の燃えるような赤い実です。花も刺も魅力的です。
 
1807_2
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
4.花殻
 
 エビサボ紫太陽の花殻
 初花だし、次もあるので放置していたら、赤紫のカラになっていました。
 見事な散り際。
 
1806
 
☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
5.葉っぱ
 
 パキポのラメリー変種ラモスムの最後の二葉。 
 不愛想な木と思っていましたが、緑の葉が映えてました。
 
1812
 
以上、タニサボ、華やかな表情でした。
 
今一度見直すと、エビサボやパキポの話題となっていました(*^-^)
 
 
  一年間、応援どうもありがとうございました(^o^)
 
*リンク先は、関連する記事になります。
 


にほんブログ村

« ギバエウム無比玉 身割れしてきた | トップページ | 恵比寿笑いの”亥” »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・エキノケレウス属」カテゴリの記事

サボ・パロディア属」カテゴリの記事

多肉・パキポディウム属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ギバエウム無比玉 身割れしてきた | トップページ | 恵比寿笑いの”亥” »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ