サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ディンテランタス稜耀玉の脱皮顔 | トップページ | 小さなサボテンの花 二種 »

リトープス実生5年の分頭 待ってました!

リトープスの脱皮はかなり進んできましたので、5年前(2014年)に実生した3種をご紹介。
 
1903_10
最初は、小さな卵型コールオルム(L. coleorum SH1500)。
  
秋に黄花が咲き、ついで分頭してきました。 お気に入りの独特の風貌と暗褐色、一層引き立つのではと思っています。
  
1903_11  
これは繭形玉エリーザエ(L. marmorata v. elisae C251)。大型で頂面は、かなり膨隆しています。
 
分頭したベージュ肌の新葉が窮屈そうです。
 
白花なんですが、何時かな?(追記、左下苗に萎れた蕾発見、今季かな)
 
1903_12  
これは花紋玉系琥珀玉(L. karasmontana sp. bella C143A)。
 
鮮やかな橙色と太い線模様が魅力です♪
 
これも今季分頭。模様もそれぞれ・・・期待できます。
 
以上
単頭はやはり淋しい。すぐには大きくならず、それらしき姿に近づくには根気強く待つことなんですね~
 
*コールオルムの前回記事は、こちら。琥珀玉は、こちら。 エリーザエは、こちら
 
☀ご訪問どうもありがとうございました😃
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

 

« ディンテランタス稜耀玉の脱皮顔 | トップページ | 小さなサボテンの花 二種 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

多肉・リトープス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ディンテランタス稜耀玉の脱皮顔 | トップページ | 小さなサボテンの花 二種 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ