サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« ツヤツヤとシワシワ!のレブチア この差は‽ | トップページ | ネオポルテリア タルタレンシスの華 »

サボ花芽ウォッチャー

サボテンの花の種類も多くなる一方、何年待っても咲かないサボテンも多々あります。

そんなサボを今か今かと刺座一通り眺めるのが日課となってます。

今回、軒下放置が長いロビビアとエビサボテン二種、これはどうかとご報告。

 1904shafericocolog

*Lobivia aurea v. shaferi R152

初めはロビビア黄裳丸シャフェリ。実生6年経ても、やたら子吹きしているだけ(約40)。

いい加減にしてくれと毎度思っていたら、白い綿毛が見え出しました。

昨年の兆しは消滅してしっまたので、今回が勝負!

1904scheericocolog

* Echinocereus scheeri L091

これはエビサボの草木角。これも子吹きするだけで実生7年目になります。

それが、やっと刺座の綿毛が僅かに変化しているように見える! フェイントかも知れませんが・・・

1904tayopensiscocolog

*Echinocereus tayopensis

この黄花のタヨぺンシス、昨年の初蕾は残念ながら萎れてしまいましたが、その脇の刺座二つに変化が現れました。

こんどこそアブラムシに吸われないよう、開花まで(蕾ならば)

以上

長年、花(華)がないサボに、開花に結び付くかもしれない兆し、微かでも心が弾みます。騙しでも、この時期の小さな楽しみ、遊びです。

*リンク先は前回記事になります。

☀ご訪問ありがとうございました😃

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

« ツヤツヤとシワシワ!のレブチア この差は‽ | トップページ | ネオポルテリア タルタレンシスの華 »

サボテン・多肉植物」カテゴリの記事

サボ・ロビビア属」カテゴリの記事

サボ・エキノケレウス属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツヤツヤとシワシワ!のレブチア この差は‽ | トップページ | ネオポルテリア タルタレンシスの華 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ