サボテンの華

  • Lobivia haematantha V. kuehrichii
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • バッタの孵化
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

リトープスには厳しい夏、でも元気な姿も

やっと梅雨明けし、日差しが戻りましたが、一転厳しい暑さ。

そんな異常気象なので、日照不足のリトープスはバテ気味。特に、実生1年の苗は、旧皮だけとなってしまったものが多数。 

そんな様子を載せても後の祭りなので、元気なリトの姿を。

1907olivacea

* Lithops olivacea  SB1998

実生5年になるオリーブ玉は縮んで、窓だけ出している姿です。

褐色気味の窓もありますが、秋には全て緑色になる予定。

1907_20190730185501

* Lithops ruschiorum

こちらは久しぶりに登場。実生6年の留蝶玉です。

分頭している小苗も、縮む、皺が寄るということも無く、脱皮直後の様子を維持しています。

1907vanzylii

* Dinteranthus vanzylii 

こちらは、実生7年のディンテランタス バンジリィ(稜耀玉)。

前回、脱皮中の面白い姿を報告しました。三か月経つと、旧皮は吸収され、かなりのボリュウムの感でてきました。

以上

夜も蒸し暑い日で体力消耗しますが、あと一月。このままで。

*オリーブ玉の前回記事(今年3月、脱皮後のイキイキ姿)は、こちら

*留蝶玉の前回記事(昨年1月の脱皮中の姿)は、こちら

*稜耀玉の前回記事(4か月前の脱皮中の姿)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

象牙丸の綿毛が盛り上がる

セミの声も聞こえだし、蒸し暑くなってきました。

フレーム内のサボ、コリファンタの安宅象牙丸は、やっと生長開始。

実が伸びだし、綿毛が盛り上がってきました。

1907_20190728102301

昨年はダニ被害(写真右下に写っています)。これからは、こまめにチェックしたい。

なお、邪魔な二つの実、引っこ抜きました。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

失敗! 失敗!! サキュレンタム腐った!!!

久し振りに日が差し、パキポが元気になるかと思っていたら、異変!

サキュレンタムの葉が、萎れている!

1907_20190726203102

抜くと、ギッシリ生長した塊根!  しかし、押すとペコペコ!

表皮だけで、中はスカスカでした。

1907_20190726203101

5本立ちで姿良く、今季たくさん咲いた優等生、残念ですが・・・

これから台風の影響で、また雨になるようだ。

同じ轍を踏まないように、他の苗を室内に避難させました。

☀☁☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村</p

 

ウチワの五輪スタンプ

今日は夏の強い日差し、入道雲も! 一年度は東京2020オリンピック競技大会。しんどいのでTV観戦ですが、競技種目別の記念千円銀貨幣は、昨日届きました。

そこで、五輪マークのスタンプ作りました。

1907_20190725194902

材料は、一月前に咲いたウチワサボテンの実。

蜘蛛の巣張っていますが、絶妙の丸印。

1907_20190725194901

昔使っていた黒のスタンプ台探して、早速押印。

以上

蒐集しているサボテンの消印や切手とは違った、サボテンの五輪スタンプでした。

*このウチワサボテンの花(一月前)は、こちら

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

金竜の花と金鯱

今期、一番遅く開花したエビサボテンの金竜と、隣の金鯱の様子です。

1907_20190724215801

金竜は三年ぶりの登場。その間、状態は悪くなってしまいましたが、相変わらずの大輪花です。

実生十二年となる金鯱の方は、一年半ぶり。刺は長くなってます。

直射日光たっぷり、水やり厳しくされてます。

以上

厳しい環境に置かれている最近の姿です。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

伊豆半島ジオ検定3級問題で遊ぶ

昨日は蒸し暑い中、ボランティアガイドの仕事。カップラーメンを食べるのも慌ただしかった。

1907_20190722191101

一転、今日は、お休み。ギムノの海王丸の花、伊豆半島ジオ検定3級の問題を眺めながらノンビリ。

3級といっても、大変マニアック過ぎて、一つ一つ調べなければなりません。 一方、地元の事は瞬時に回答できるので、じっくり勉強です。

例えば、こんな問題:井上靖の「しろばんば」中、”言葉で表せない美味しさ”と表した「黄色いゼリー」に使われている柑橘類はどれ・・・①甘夏、②たちばな、③日向夏、④温州ミカン。

検索すると・・・つい一月前、おいしいな~と食べていた柑橘であった。

受験勉強、試験はストレスになるけど、他の事と関連づけると、知ることは楽しいという感じ。

50問あるので、すぐには終わりません。急ぐことなし、ポツポツと。

蛇足:最近知った「しろばんば」のアクセント。「湯ヶ島」、「あすなろ」と同様、最初にアクセントをつけるんですね~

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ロイヤル玉牡丹、二年ぶり

昨日に続いて苦戦中のサボの様子報告・・・二年ぶりのロイヤル玉牡丹のことです。

それほど生長せず、変化が少ないためです。

1907_20190721192801

実生以来12年、腐ったり、枯れたりの病気は無く、ほんの少しづつ肉厚になってきました。

それにしても、何時になったら秋デビューできるんですかね~

以上

熱中症には注意しなければならない蒸し暑い日が続いています。 しかし、玉牡丹には多分、こんな気候が良いのかな~と思って、今年初デビューでした。

*ロイヤル玉牡丹の前回記事(一昨年8月)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

今年も復活 ルエッティー

もう10年ほどになるマミラリア ルエッティー(正木)の、今年初となる最近の様子。

というのは、開花時期の春は先端部の疣の緑が薄茶色に変色、もうダメかとあきらめかけていました。

それが、このごろ先端部から再び緑色! 復活しだしています。

1907_20190720174901

*Mammillaria luethyi

その数、昨年より3つ増えて18個ほど。

このまま生長してもらいたいところですが、・・・

不安定なこの時期、元気な時にしておけばと思たこと・・・今度は行いたいと思ったことは、

・・・緑色の気根が伸びた子があれば、カキコをしておくということです。

一瞬にして、親子共倒れとならないよう対処しておくという事です。

以上

ズルズル引きずって、こんな見苦しい姿になってしまった反省も込めて。

*ルエッティーの前回記事(1年前)の様子は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ますます変形した明石丸

エビサボテンの明石丸の蕾が膨らみだしています。既に第一段目の花は終わっているのですが、その蕾の部位がおかしなことに!

昨年、親の生長点付近から現れた三子、その生長点から蕾が発生!

1907_20190719213901

花殻が落ちて、すでに穴が開いた子もあります。

脇の方からは、一応生長している二つの子もありますが・・・

来年は、親の上に子、子の上に孫ということになるのかな~

いろいろ心配事ありますけど、花はいつも通り。

手出しできないので、どうぞご自由に・・・お手上げ状態です。

*明石丸の前回記事(一年前、おかしな姿の始まり)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

エビサボ タヨぺンシスの、ほふく茎

エビサボテンのタヨペンシス(Echinocereus tayopensis)は、初花二輪から1週間。

台風が近づく前に、4苗全て受け替えました。

4号鉢一杯なので、0.5号増しにしましたが・・・

1907_20190718180901

うどんのような匍匐茎が数センチ伸び、壁にぶつかってから立ち上がるので、相変わらずギリギリ。

子からは直接根が出ていないところが、また不思議。

ともあれ、軒下放置でも元気で一安心。

*先日開花したタヨペンシスの黄花は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

赤の大輪花も急に萎む

今朝は曇天。フレーム内ではツルビニとロビビアが咲きだしました。

ロビビア シンナバリナ グランディフローラは、真っ赤な大輪。

1907cinnabarinacocolog

Lobivia cinnabarina v. grandiflora JK68

まん丸の花、残念ながらデジカメで色がノッペリ。

昼ごろ、予想外に快晴。気温も上昇して、無残な姿になってしまった。

1907_20190717134801

・・・一方、これを予感したのだろうか、ニオイバンマツリの枝に今季初のクマゼミの抜け殻。

来週には夏祭り。そろそろ、梅雨が終わって、セミが鳴かないと盛り上がりません。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

 

サキュレンタム 六本の枝になる

先月下旬、丸坊主のサキュレンタムに新芽が見え出してきましたが、その後の様子です。

写真のように茎の基部に4本、塊根の土際から2本、枝が伸びています。

1907_20190715132601

日照不足と長雨により葉先が変色したり、薄い緑色で軟弱感ありますが、

これからです。

*サキュレンタムの前回記事(先月下旬の様子)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ネオポルテリア フラビフロラの白い初花

実生八年、とうとうネオポルテリア(現 エリオシケ)に、白い初花です。

結構大きな花びら、薄紫色ならばタルタレンシス。

1907flavifloracocolog

*Neoporteria neohankeana v. flaviflora FR212A, 15k n Taltal

コピアポアの故郷、チリの漁港タルタル産。現地まで行く余裕がないので、その雰囲気だけでもと播いたもの。

薄緑肌に黒い巻刺、すこし大きくなりました。

ということで

気難しいエリオシケに付き合って白い一輪、幸運でした。もっと気まぐれなエリオシケがありますが・・・

*タルタレンシスの花とフラビフロラの前回記事(2年前)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

パリダカとディズニー切手

今朝、自動車のフロントガラスに弁慶柱が突き刺さった映像をニュースで見ました。アメリカで飲酒運転による事故でした。

ということで、飲酒運転はしないであろうパリダカとミッキーの切手。

Senegal1993

上はセネガルから1994年に発行された第16回パリーダカール ラリーの切手。ヤマハや三菱パジェロが活躍していたころです。

国花バオバブ脇をモト(二輪)、オート(4輪)とカミオン(トラック)が疾走。

バオバブに夕日と砂漠、絵になりすぎです。そして、いろいろあって現在は南米に変更されています。

Aamaldives1985s

こちらは、サボテンが生えている岩山で写真を撮っているミッキーとグーフィー、カメ。愛用車・トヨタ スープラ(1985)も。

カメさんの表情がいいですね~

以上

最近、高齢者により事故報道が多く、ナーバス。切手を眺めて観光気分にひたっています(想像の翼です)。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

エビサボ タヨぺンシスの黄花、全開!

久しぶりに快晴、今日は富士山の静岡県側登山口の開山式。そして、待ち続けたエビサボテンのタヨペンシスが開花しました。

先日の初花は曇り空が続いて、目いっぱい開花せずに落下。

昨日、三番目の苗の蕾が、ほころび出しました。

19071

そして今日、日をたっぷり浴びて、開きだしました。

1907_20190710124601

*Echinocereus tayopensis、実生7年目の初花

大仏殿の花は、そっくり返りますが、こちらは、そこそこ良い空気感です。

以上

実生七年目、日を反射し、ギラギラの初花。これが終わったら植え替えします。

☀ご訪問、ありがとうございました😃

*リンク先は、関連する話題です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ロビビアとエビサボの実を眺めて、サボテンの華

日が欲しいのですが、朝から曇り。外のロビビアやエビサボの花は無く、膨らんだ実を眺めています。

そのなかで、ロビビア マキシミリアナ ミニアティフローラの実は熟して薄黄土色に変色、そろそろ割れそうです。

1907miniatiflora

* Lobivia maximiliana v. miniatiflora WR452(INquisivi, La Paz, Bol)、2011年実生

同じマキシミリアナ(L. maximiliana v. caespitosa)の実は暗緑色。

堅く荒々しい姿!さすが厳しいボリビア高地!と納得。

1907caespitosa

* L. maximiliana v. caespitosa  WR957(Palca, La Paz, Bol)、2012年実生

一転、こちらはエビサボのコッキネウス、白花二輪咲いて、今は緑の実。

1907coccineus_20190709121601

*Echinocereus coccineus JRT593 (Jarilla Mts, NM, rare white flowering)、 2013年実生

当たり前のようですが・・・このエビ種は雌雄異花。

しかし、この苗の雌しべ、雄しべは普通の姿、しかも機能も正常で結実!

珍しい白花の種子は、ありがたいのですが・・・と雑念中、 

・・・花殻に茶褐色の雌しべ発見!

なかなかの姿です。サボテンの華に昇華しました。

1907coccineus

☁ご訪問、ありがとうございました😃

*参考までに、それぞれの花の姿は、リンク先になります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

 

伊豆と丹沢の化石の話を聞く

マニアックな地元ネタになります。”伊豆半島は南から来た火山の贈り物”ということを確かめに、昨日、静岡市の「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の講演会に出かけました。

”伊豆半島と化石、海洋発半島行の移動を探る”テーマで、三人の専門家による基礎から最新話題を、化石と発見現場写真等で紹介する貴重な内容でした。

1907_20190708111801

約1500万年前の海成地層(湯ヶ島層群)中の石灰岩は、熱帯気候のサンゴ礁でできた岩石で、アオサンゴ、マツザキサザエ等の巻貝、オウムガイ、石灰藻球、底生有孔虫などが産出されているとのこと。

500万年前、本州に衝突した丹沢にも枕状溶岩、サンゴ石灰岩、オウムガイなどが出土しているとのこと。

今迄、修善寺下白岩産の径数ミリの有孔虫化石を見たことがありますが、今回は数センチのサザエなどの巻貝。 やはりインパクト違います・・・伊豆は熱帯の海底だったと実感!

参加者には化石の石膏レプリカお土産付き。写真はマツザキサザエとギンタカハマ。

以上

(補足)このミュージアムは開館して3年。以前の学校教室を利用し、岩石、魚、虫、植物など整然と展示。下田にペリーが来航時、持ち帰ったサンマ標本で、新種と認定されたとのこと・・・そうなんだ!と勉強になること盛りだくさん。
サマーシーズンでは、お子さんとの工作、研究、お勉強する企画が多数用意されていました。

🏪ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

青々としてきたロビビア

梅雨本番、雨が降り続いています。

外に放置のロビビア種のなかで、この小苗(Lobivia krahn-juckeri)は、青々として黄緑色の刺を出しています。

草陰にヒッソリがあっているようです。

1907krahnjuckericocolog

*Lobivia krahn-juckeri BLMT798.03

植替えて2か月目、種を播いて5年。まだ開花していません。

花色は色々、これからの楽しみです。

以上

ポツポツ咲いているサボもありますが、雨に濡れている玉も良いな~と登場。

*リンク先は、前回記事です。

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

パロマー カレッジのサボタニ園

趣味のサボテン切手の話題です。今年二月、米国フォーエバー切手としてサボテンの花切手10種が発行されました。

その発表会が、カルフォルニア州サンディエゴ北方、サンマルコスにあるパロマー カレッジPalomar Colledge内のサボタニ園で開催されました。

Palomarcolledge2019

どうやら、フォーエーバー切手に登場したサボテンの花は、この園の標本苗で撮られたようです。

大学内には、2.5ヘクターほどのサボテンやアガベ、アロエ、ユーホルビアなどの自然公園があるとのこと。

添付の封書は、その発表会時の記念消印、ウチワサボテンが大きくデザインされていました。

近寄ると危険ですが、スタンプは可愛いものです。

以上

*リンク先は、関連する記事です。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

 

ディスコカクタスの花座にホカホカ

今朝もディスコカクタス 金子ギガンティア(2019年実生)の蕾が見え出してきた。

1907_20190705100302

柔らかな綿毛に抱かれて薄みどりの頭、三つ、四つと。

この瞬間が一番ホカホカ。

これからは一気に伸びて夕方には開花

1907_20190705100301

同期の白条冠は昨夜、咲いていましたが、 この苗は実生10年目にして、やっと花座!

一番大きい径8センチ、意外に遅い形成となりました。

*リンク先は、その種の前回記事になります。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

梅雨のリトープス、ピンクのベルト出現

今朝も雨。日が欲しいエビサボ タヨぺンシスの花、昨日同様、半開きで停止中。

湿気もあるのでリトープスの様子も気がかりです。 そんななか、良い色合いに発色している苗もありました。

1907halliicocolog

この小苗は、名無しリト(巴里玉と推定、2014年実生)。 今春のバザー時、他の半分以下の大きさだったため手元に残したもの。

日を浴びて灰色になった側面にピンクのベルトが現れました・・・斑入りで小さかったのだとガッテン。

1907kennedyicocolog

*Lithops villetii kennedyi C229A、2014年実生

こちらは、麗典玉系ケネディー。 今回の脱皮で頂面が歪んでしまいました。

その割れ目にピンク! 渋い頂面や灰色の内面と良いコントラスト。

割面が広がると出現するようですが、かなり目立っています。

そのほか、例年通り、頂面外縁部が色鮮やかになった植福玉や福来玉も。

以上

日焼けした側面に浮かび上がった華やかなピンクのベルトでした。

*リンク先は、その種の前回記事になります。

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

黄花エビサボ タヨぺンシスの蕾、今日はここまで

エキノケレス タヨぺンシス(Echinocereus tayopensis、実生7年)の膨らんだ蕾が、ほころび出してきました。

花芽に気が付いてから三か月、待ちに待った大輪花を拝めるかな・・・

1907tayopensis

しかし、午後から雲が厚くなり、緑色の柱頭が見えて、今日はここまで。

花色はレモン? 

これから大雨なので、一旦取り込んで、明日に期待。

1907tayopennsiscocolog

以上

ロビビアは、曇り空でも満開になりましたが、この段階でも引っ張るタヨぺンシスの初蕾でした。

*タヨぺンシスの前回記事(三日前)は、こちら

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

ホロンベンセ大株の植替え

パキポディウム ホロンベンセの花が全て終わったタイミングで植替えをした。

二年ぶりでもあるし、四方に伸びた枝が邪魔して、鉢から抜くのが大変・・・下から押せばよかったと後から気が付いた。

痛い腰をカバーしつつ、一回り大きい9号菊鉢に収めました。

1907_20190702140301

写真は実生7年の大株の姿、長い花軸と枝分かれした花柄がまだ残っています。

以上

このホロンベンセの花に訪れた蜂は、4匹ほど犠牲になりましたが、期待に反し結実しませんでした。

蛇足:菊鉢を探しにHC二軒、今は緑色、野菜鉢と名称が変わり、値段も少し高くなっていました。

なお、実生3年のホロンベンセ小苗は、4月のバザーで全て引き取ってもらいました(何しろ、この大株一つでアップアップ)。

☁ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

グラキリス 初めての実生苗

梅雨本番で降り続いています。それにともない、外のパキポディウムは新葉を勢いよく伸ばしています

今期はグラキリス(Pachypodium rosulatum v. gracilius、象牙宮)の幼苗が加わりました。

1907

実生一月の貴重な四本。現在、細い本葉が出始め、ほんの少しプックリ😃

左手前の苗は根より葉が先に出て発芽。あまりに小さく触らずにいたら、玉が生長・・・根の出口が見つかったようだ。

日もタップリ浴びているので、緑褐色のツヤ・・・今はこれで大満足

以上

七年前、生半可な知識でパキポの実生を始めた時、壺型の姿を目指して播いた種子は普通のロスラーツム(それはそれで大切に栽培しているのですが)

今回はグラキリスの種子として播いたものになります。 

壺の形は様々、全て受け入れます。早く大きくならないかな~

☔ご訪問、ありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ