サボテンの華

  • Echinocereus rigidisimus ssp. rubispinus
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • ロスラーツムの花と蜂
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

マミラリアの花 ゆっくり始動

今日も風のない穏やかな始まり。
 
フレーム内ではマミラリアが咲き始めてきました。
 
これはカルメナエの白花、順調です。 
 
1901
 
これは姫春星の一輪。
 
1901_2
 
それぞれゆっくり始動、 その内群開するでしょう♪
 
以上
 お正月に咲きだした小さな花でした。
 
 
*蕾発生段階の、姫春星はこちら、 カルメナエは、こちら
 
sun ご訪問どうもありがとうございました。


にほんブログ村

昇竜丸と姫春星 これからです

今日は快晴の予定が、肌寒い曇天。 サボテンフレームの蓋も閉じたまま。
 
しかし、昨日もそうだっったので、チョット様子を覗いてみました!
 
1812_cocolog
 
ツルビニの昇竜丸の蕾が、ほころびていました♪
 
久しぶりの中筋の紫、やはりいいな~
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
1812_2
 
そろそろ蕾が見え始める頃と、マミラリア姫春星を凝視すると!
 
紫が一つ♪
 
一つでも安心、これから続々と出てくるはず♪
 
ということで
 
まだそんな気分ではない師走、定番のサボが咲きだしたので大掃除しないと・・・
 
*リンク先は前回記事になります。
 
cloudsprinkle ご訪問、どうもありがとうございました(^0^)


にほんブログ村

久しぶりにサボテンの蕾

最近、メセンの話題ばかりでしたが、久しぶりにサボテンのこと。

めっきり淋しいフレーム内のサボ達に、早春の兆しを探しました。

 

1812

有りました♪ ツルビニカルプス昇竜丸

綿毛の中から黒い蕾が二つ♪

今日も暖かく、春を待つ雰囲気ではありませんが・・・

 

1812_2

 

隣のマミラリア カルメナエにも蕾がたくさん隠れていました♪(申し訳ありませんが、写真では見えにくい(*゚ー゚*))

紅葉した刺、良い感じに燃えてますね~♪

 

・・・いつも早い屋外の雪晃は? 赤い蕾が幾つか見えました。

ということで

例年通りの師走の蕾。 厳しい寒さに耐えるサボテンとなっていないところが残念。

* リンク先は前回記事になります。

sprinkleご訪問、どうもありがとうございました。


にほんブログ村

白珠丸の綿毛が盛り上がる

暑い日が続いておりますが、これからのサボテンは秋の花の出番ですね~
 
早速ですが、マミラリア白珠丸の綿毛が目立つようになっていました。
 
 
1808
 
毎年開花しますが、捉えどころがなく・・・ポツリポツリと咲くので、二年ぶりの登場でした。
 
その割には、静かな・・・地味な花の予告編です(^-^;
 
ま~、この時期ならではの表情だし、期待感の表れと思って下さい。
 
 
* 白珠丸の前回記事(丁度二年前の一輪)は、こちら
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。

頭部が膨らみだした内裏玉小苗

久しぶりに爽快な朝を迎えました。 その日を浴びたマミラリア小苗二種の現況報告をします。
 
1808
 
まず姿が変化し始めた内裏玉。 
頭部が丸く膨らみだし、白くなりつつあります。
 
初花時は間延びした幼児体型でした(今も)。 
やはり、ギューッと詰まった姿でないと様にならないですね~
 
鉢底から根がすぐ伸びだして、若いなりに元気。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
1808_2
 
こちらは、同期の仲間のカルメナエ
 
赤茶色の刺が密集したズンドウ姿、良くなってきました♪(今が一番かも)
 
ということで
ただ眺めているだけですが、それなりに生長している姿に感動してます。
 
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
sun ご訪問、どうもありがとうございました。
 

この暑さがちょうどいい・・・ルエティー

暑い盛り、マミラリア ルエティーは気持ちよく生長していますので、ご報告。
 
 
1808
 
緑色の玉の数は17個に増え、良い枝ぶり?に・・・自生地では頭だけ出しているので、こんな姿は想像できません。
 
1808_2
 
裏側もしっかり。緑の気根も伸びてます!
 
病み上がりですが、調子良さそうなのでこのまま、植え替えしていません。
 
以上
緑と白さが一層目立ってきたルエティーの枝ぶりでした。
 
 
* ルエティーの前回記事(2か月前)は、こちら
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました。
 

姫春星の子サボ達です♪

マミラリア 姫春星が仲間入りしてから一年。 経過報告です。
 
群開後の連休前、子を13個外し、育成しています。
 
1808
 
一回り小さくなくなった親は、最近の蒸し暑さで幾分膨らんできたような気がします♪
 
 1808_2
 
小さな子たちも、それなりにまとまってきたような・・・
 
来春、サクラ祭りのバザー用、かわいい蕾付き子サボ、期待してま~す♪
 
 
* リンク先は前回記事(開花時)です。
 
 
yacht ご訪問、どうもありがとうございました (^ ^♪
 
 

マミラリア薫光殿 三苗それぞれ

今朝は想定外!クマゼミが鳴いて、雲間から青空!
 
フレームの蓋を開けるついでに、静かにしているマミラリア薫光殿実生苗の様子を撮ってきました。
 
1807 
 
手前の苗には、黄緑色の実が隠れていました! 
 
これ以上、色付いたことがなく完熟かな。
 
1807_2
 
中央の苗、普段見ない側面を覗くと、たくさん子吹きしていました。
 
 
1807_3
 
奥の苗は、刺が赤褐色の薫光殿。 先月は花盛りでした。
 
 
以上
 
群開した後、一休止している薫光殿の様子でした。(今年は、これが最初)
 
なお、今年は水やり頻度を少なくして、膨れすぎないようにしています。
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 

爽やかと暑いサボテンの花

早朝、ロビオプシス紫式部の花弁に日が差し込んで、爽やかな始まりとなりました。
 
1807 
 
昼頃は快晴、暑くなりました!
 
1807_2
 
マミラリア ブーリーの花は、ムッとしたこの暑さに包まれてました!
 
サボテンの花、色々な表情があって、楽しい (^o^)
 
 
* リンク先は前回記事になります。
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^♪
 
ランキングに参加しています
 
 

マミラリア13綾の花殻

マミラリア景清は生長し始めましたが、綿毛に隠れている花殻が見苦しい!
 
一つ一つ、根気よくピンセットで摘まむと・・・47の素数個
 
結構咲いていたことがわかりました
 
1807
 
すると内裏玉の花殻も気になりだし、全て引き抜くと68・・・
 
1807_4
 
植替え後、もう鉢底から根が伸びているけど、持ち上げて数えた稜数?
 
景清と同じ!フィポナッチ数の13! 
 
下から、次から次、次、次、次、次と5,6回咲いていたことに! 
 
初花でも、こんなに咲いていたんだ♪
 
花殻総数は113個、素数となった
 
1807_3
 
ということで、
 
らせん状に何回も咲いた後処理を、数遊びで根気良く行いました。
 
*リンク先は、前回記事になります。
 
 
cherry ご訪問どうもありがとうございました ^ ^
 
ランキングに参加しています
 
 

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

応援よろしくお願いします

無料ブログはココログ