サボテンの華

  • 英冠玉の蕾
    サボテンの花の写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • イボバッタ幼虫と刺林
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

梅雨明けで、グッタリも元気もあり

当地は梅雨明け。 暑い上に無風! 
しかし、サボテン達は移動も出来ず、耐えるのみ。 そんなサボの様子です。
 
エビサボのチソエンシス変種フォベアヌスは蕾が開きだしました。
例年通り遅い開花ですが、タイミング悪いです。
 
薄い花弁は蒸し暑さで縮れてしまいました。 
 
Fobeanus1707cocolog
* Echinocereus chisoensis v. fobeanus HK303
 
一方、夏歓迎のフライレア”豹の子”が、午後の強光線を浴びて咲いていました。 
外に放置状態ですが、雨水で膨らんでおり、今が一番良いかも。
1707
 
また、一月前から咲き続けていたマミのブーリーは満開状態です♪
 
開花日のズレで二色になっている花弁。良い感じです(^0^) 
 
暑い陽気が大好きという感じで咲いてます。
 
1707_2
 
蛇足・・・
 
早朝から草むしり。 バタバタしていたクマゼミを救出しました。
 
直射日光を浴びている軒下サボが調子良いようなので、フレームに寒冷紗を被せるのを控えております。 
 
通風に気を付けて、夏を乗り越えたいです。
 
 
clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry
 
継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)
 
 
 

小さな内裏玉から出てきたもの

ホムセンで購入して半年、マミラリアの内裏玉は、先端が黒い刺を出して生長しています。
 
全体の姿は、小さい鉢に鎮座する緑色の玉です。
1705
 
エ? 何と脇に小さなキノコが生えていました!
  
持ち上げて確認したら、鉢底からは数センチの根も出ていました。
まあ順調だから良しとし、キノコは抜いときました。
 
5センチほどの鉢でも色々ありますね~
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
・・・と、ここで終われば良かったんですが、学名は? Mammillaria haageana。 
先日、ワルサー ハーゲのこと調べていて全く気が付きませんでした。 失礼しました。
 
これが一番ビックリ!
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました cherry

継続の励みとなる”応援ポチ”downwardleft よろしくお願いします (^人^)

光り輝く花びら

昨日はエイドリアン ハワースの偉大な功績の紹介でしたが、今日は彼の命名によるマミラリア属の花の話題。 簡潔に!
 
1706
写真はマミラリア・薫光殿(麗光殿)実生苗の群開(2番花)と、紅鷹実生苗の一番花の様子です。 
反射して、写真では黒っぽくなって、どうも上手く取れません。
 
現在、水やり3回目。膨らんで来ています。 本格的生長は花後、暑くなってからです。
 

clovercloverclover   ご訪問ありがとうございました heart

よろしければ、”応援ポチ” お願いします (^人^)

>

二つの可愛いセニリス

今朝は、予想外にフレームの上蓋が凍っていました。 フレーム内は3℃位でしたので、少し安心しました。
 
昼頃、日差しが強くなるとともにマミラリアの月宮殿Mammillalia senilis(2014年実生苗)の赤い蕾が開きだしました。
写真集の花と同じような真っ赤な姿です。 初花記念に、大きさがわかるように横顔の写真にしました。
M
 
また、 レブチアのセニリスRebutia minuscula 'senilis' DH398には桜色の花二輪。 5年前に実生し、子も増えてきました。 
Rsenilis1703cocolog

ということで、二つのセニリスがフレーム内を華やかにしました。
 
・・・この機会にラテン語senilisの意味を確認すると、老人(an old or aged man)lということだそうです(CactiGuide.comより)。
真っ白い白髪をイメージしたのでしょうが。 パッと見、可愛い姿なんですがね~・・・
 
蛇足:Rebutia minuscula 'senilis' DH398はフレーム内で膨らんでいるため緑色ですが、 軒下の苗は縮んでトゲトゲです。
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
よろしければ、応援の”バナー”downwardleftをポチッと、お願いいたします♪
 

ルエッティを植替えてみた

マミラリアのルエッティMammilaria luethyiを植え替えしました。 ここ数年来機嫌が悪く、疣も茶色くなって、当然花も咲きません。 特に、開花株は全身茶色、上の方が微かに生きているという状態です。それゆえ、2年ぶりの登場となります。
写真は、開花株と、カキコ2株の現状。 下の方が茶褐色になってます。見るの無残な姿!
21703
用土や栽培環境が合っていず、新根が張っていないのは判るのですが、どうすればいいのかが判りません。
 
そんな私ですが、一度だけ15個の花で満開状態になったことがあります(2014年5月、1シーズンだけでしたが。 接ぎ木ではありません)。
Luethyii  
今回は、実生用土が混ざったその時の培地に再トライしてみました(毎年、こんなことの連続なのが苦しいところ)。
掘り起こしたカキコは写真のように、しっかり用土を抱えていました。根鉢を崩さずに植込んでみました。
1703
 
今季、花は期待できませんが、張りのある疣に白い綿毛という姿に、まずなってもらいたいところです
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

色鮮やかな蕾 三選

花が咲く前の蕾の色と膨らみは、見る方の期待もあって何時も良い雰囲気になりますね~(*^-^*)
今朝は待ちきれなくて、そろそろ咲きだすのではないかと思われるサボテン実生苗の蕾を三つほど。
 
まず初めは、マミラリアの月宮殿Mammillaria senilis。赤い蕾が白い刺からはみ出てきました♪
Senilis1703cocolog
 
2つ目は エリオシケ ニグリホリダEriosyce subgibbosa v nigrihorrida FK22の赤紫色の尖った蕾。黒い刺も出てきています。 参ったな~
Nigrihorrida1703cocolog
 
3つ目は、トゲトゲのマツカナ・ウェバーバウエリMatucana weberbaueri。杏子色の蕾は、これから煙突のようにグーンと伸びます。
Weberbaueri1703cocolog
 
それぞれが特徴ある花の姿なので、今からワクワク感♪ 
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

早起きなカルメナエの白い花

年末、ホームセンターで購入したマミラリアのカルメナエに初花一輪、控えめに咲きだしました♪  一日中窓際の暖かい場所に移動した結果なのでしょうか、急に蕾が伸びました。
 
本体は親指の先程度の大きさですが、疣の間に大きさが違う蕾が10個ほど。当分咲き続きそうです。
1702
午後のフレーム内では、景清の薄ピンク色の花が綿毛の中でそっくり返って5輪。この雰囲気が良いです。
鉢を持ち上げたら、10センチほど根が伸びていました。 植替え準備をせかすメッセージかな~。 
元気でなにより(*^-^*)
51702
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”downwardleftをポチッとしていただくと、嬉しいです♪
 

月宮殿実生苗、3回目の冬に赤い蕾

無加温フレーム内では、マミラリア月宮殿実生苗Mammillaria senilisが、鈎刺を伸ばして真っ白くなっています。
1701
 
偶には軽く水やりしようかなと、径5センチほどになったの苗を観察すると疣の間に赤い点が!
初めてみるのですが、これは蕾でしょう♪
 
種を蒔いて3回目の冬、意外に早く着蕾しました。 一つだけですけど (^-^!)
白刺に真っ赤な花、楽しみが増えました♪
1701_2
 
*月宮殿実生苗の前回記事(昨年の冬、鈎刺の赤)は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪
 

もうすぐです、サボの蕾

大寒を過ぎて、サボテン4種がそろそろ咲きそうになってきました♪
 
初めは、定番の軒下サボテン・雪晃。赤い蕾が10以上見えだしてきました。
苗によって蕾の発生の時期に差はありますので、春までタップリ楽しめます~
1701
 
次からはフレーム内のサボ達です。
早春に咲きだすツルビニの縮玉実生苗は、今年も一斉に蕾が膨らんできました。今週咲きだしそう。年を経るごとに蕾の数が増えてきています ((*^-^)
Photo
 
次はツルビニのバラ丸実生苗。今か今かと、黒い蕾を眺めていますが、順調に大きくなってきました。 
縮玉とともに中筋のある紫系の花が待ち遠しいです。
1701kokorogu
 
最後はマミラリアの景清実生苗。 
パカポカ、暖かい綿毛が膨らんでいます。 ポツポツ咲きだすのではないかな。 
1701_2
 
庭の梅の花が満開なんですが、このサボ達が咲いて早春ということになります。
 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪

再びエビスワライを購入

年末にサボテンと多肉を購入したホムセンに、代金過徴収による千円の返金を受け取りに出かけた。エビスワライのバーコード価格が間違っていたことによるもの。
 
ついでに園芸コーナーに立ち寄り、再び淋しそうな子苗を見て一鉢購入。 乾燥気味なのか、前より一層縮こまっているようでした。それ故、どうなるか分かりませんが、これも縁。  
それにしてもヤフオクの子苗、結構な人気でしたね~(多分、これと出所は同じかも)
 
それと、’さぼちゃんだいすきさん’が紹介されていたマミラリア カルメナエの子苗も持ちかえりました。 赤刺もありましたけれど・・・ 蕾付きで¥598、これで来月は楽しみになりました♪
1701
*恵比寿笑いの前回記事(ホムセンでサボタニ購入)は、こちら
 
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご訪問ありがとうございます
応援の”バナー”をポチッとしていただくと、嬉しいです
ありがとうございました♪

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテンの切手130地域、905種の紹介。Cactus on stamps サボテンの花、風景、生活などが垣間見れます。ABC順。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    各種多肉植物の切手です。75地域 356種。Succulents on stamps。 多肉植物の花、風景、生活などが垣間見れます。 画像及びデータの無断コピー、転載は禁止。 No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ